カテゴリー「寿美菜子」の15件の記事

2017-01-15

【声優さん】今年も年賀状いただきました (^-^)

今年も声優さんから年賀状をいただきました。
竹達彩奈さん寿美菜子さん
本当にマメな人たちだよ。

新人さんたちがファンに年賀状を送ることは多いみたいですが、人気が出てくると対応しきれなくなって止めることもあります。
そんな中、この二人はガチ。
むしろ心配になるくらいだわ。

おいらなんか公国民(竹達彩奈ファンを最近ではこう呼ぶ)ではないし、スフィアのファンクラブに入っているわけでもないんですよ。
それなのになんと心の広い・・・・・・。
まさに女神(笑)

実は、去年は年賀状送ろうかなと思って買っておいたんだけど、自分にはもともとそういう習慣がないんですっかり忘れていました。
また今年も寒中お見舞いになってしまったけど、明日送っておきます。
今年は忘れず書こう (^-^;A)
何人かの女性声優さんにはお誕生日に葉書を出していたりするので、それで送った気になってしまったんだろうなあ。

今や企業でも虚礼廃止のところが多くて年賀状交換なんてしないし、そもそもおいら、人間嫌いをこじらせているので、もう二十年以上も年賀状なんか来なかったんだよね。
あやなちゃんもみなちゃんも遠い世界の人たちだけど、年賀状もらって人間らしい(というか日本人らしい)気持ちを一瞬でも取り戻したような気がしたなあ (´∀`)

今年は他の人たちにもお誕生日メッセージとか年賀状とか送ってみるかな。
いまだに鏡文字を書いてしまうし(子供の頃からまったく治らない)、字を書くのは本当に苦手なんだけど、あの子たちのためなら頑張れそうな気もする(笑)

| | トラックバック (0)

2016-12-06

Run for Your Wife

土曜日は東京に行ってきました。
ここのところ、頻繁に行くようになってます。
次の日曜日はTOEICの試験で秋葉原に行かなきゃならないし。

土曜日の午前中は日比谷で映画。
『この世界の片隅に』をもう一度見てきました。
(丸の内TOEIでは12月3日から公開)
同じ作品を2度映画館で見るのは生れて初めてです。
2時間を超える長編ですが、まったく長いと思いません。
あの世界に知らないうちに引き込まれて、映画を見終わった後には軽い喪失感があります。
「見る」というよりは、「体験する」に近いのかもしれません。

この作品は年明けから上映館数が大幅に増えて、190館での公開が予定されているようです。
支援した作品が盛り上がっているのは素直にうれしい。
1月には通信制大学の定期試験で三田に行かなきゃならないので、その時にもう一回見るかもしれません。

夕方は六本木で観劇。
ラフィングライブ第2回公演 "Run for Your Wife"です。
本来はこっちがメインだったんですが、『この世界』で相当体力と精神力を持っていかれました(笑)

今回のお目当ては寿美菜子さん高垣彩陽さん
二人とも気に入っている声優さんなので、どんな演技をするのか実際に見てみたかったんですよ。
舞台であやひーを見るのは2回目なので、今回の注目はみなちゃんの方でした。

と、思っていたのだけど、
舞台があまりにも面白すぎたので当初の目的をすっかり忘れました(笑)

毎日を緻密な計画通りに暮らしている重婚男が、事件に巻き込まれて計画が狂ったことから二重生活がバレそうになるコメディ作品。
主人公の男は二人の奥さんに重婚がばれないよう取り繕うわけですが、どんどん収拾がつかなくなっていきます。
苦し紛れの嘘が、次々とカオスな状況を生み出し・・・・・・。

二つの家を同じ空間で表現するというのも面白い。
ボタンが掛け違っていく様子がリアルタイムにわかるんですよ。
演者の皆さんは違和感なく動いてましたけど、かなり高度な演出だと思います。

あやひー(高垣さん)が演じたメアリー。
不条理な状況に耐えかねて叫びだしちゃうシーンが2回くらいあるんですが、そのキレ方が秀逸でねー(笑)
いやぁ、さんざん笑いました。

そして今回注目のみなちゃん(寿さん)。
細かいところで注文を付けたいところはありました。
しかし、舞台の流れにしっかり乗っていたし、なにしろさんざん笑って楽しめたので、舞台の終わりには細かいことも気にならなくなってしまいました。
やっぱり、みなちゃんもあやひーもプロの役者さんなんだなと思います。

ラフィングライブの公演は次回も見たい。

| | トラックバック (0)

2016-11-28

Happy Birthday (2016年12月)

寒くて風邪ひきそうです。
ところで、今日は『プリキュア』の新作情報が出たそうで。

新プリキュアはつくって、たべる!?来春「キラキラ☆プリキュアアラモード」スタート
シネマトゥデイ 2016年11月28日 6時00分

なんと14作目だとか・・・・・・。
次回のテーマは、
「つくって!たべて!たたかって!」
だそうです。

たべて!といえば彩奈ちゃん!! ヽ(゚∀。)ノ

竹達彩奈ちゃんに主役をやらせてあげたいなあ(笑)
そういえば、『夢色パティシエール』に妖精さん役で出演したこともあったよね。
まぁ、配役はもう決まってるんでしょうけどね。

そんなことはともかく、12月の記事更新予定です。

12月にお誕生日を迎える女性声優さん:
(ただし、記事更新予定の人のみ)

水瀬いのりさん  1995年12月2日(土曜日)生れ
金元寿子さん   1987年12月16日(水曜日)生れ
上坂すみれさん 1991年12月19日(木曜日)生れ
安済知佳さん  1990年12月22日(土曜日)生れ
折笠富美子さん 1974年12月27日(金曜日)生れ

以上5名。
お誕生日、おめでとうございま~す \(^O^)/

今週末は寿美菜子さんが出演する舞台を見に行く予定なので、ここで体調を崩すわけには参りません。
風邪ひきそうなのでもう寝ます。
東山奈央ちゃんのラジオは録音して聞くことにする。

| | トラックバック (0)

2016-09-17

Happy Birthday 2016 (寿美菜子さん)

大学のレポートを書かなきゃならないので参考図書を読んでいますが、相変わらず読書スピードが遅いです。
これは視力が大幅に落ちていることも関係しています。
目がかすむ・・・・・・ 。

そんな老化現象はともかく 。・゚・(ノ∀`)・゚・。

今日は、声優・寿美菜子さんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

寿美菜子 (KOTOBUKI, Minako)
誕生日:17 Sep 1991
誕生星:オミクロン・ヒュドラエ(海蛇座ο星)
花個紋:陰風船葛
誕生色:浅葱鼠
運命数:1
誕生日の干支:庚寅 (かのえとら)

今日で25歳。
4分の1世紀でございます。
中学の時の担任(女性)が25歳だったんだけど、25歳って、当時はおばちゃんに見えたなあ。
それに比べると、ミナちゃん(寿さん)は本当に若いです。
写真集買わなきゃ ヽ(゚∀。)ノ

おばちゃんといえば、ミナちゃんも最近おばちゃんになったみたいですね。
親戚に子供が生まれたとかで。
それもまたおめでとうございま~す \(^O^)/
マジ寿(笑)

寿さんって、話し声も歌声も本当に綺麗で、聞いているとなにやら温かい気持ちになります。
癒されるっていうのとはちょっと違うような。
おいら的「嫁にしたい系」声優さんのひとりです。
年賀状もらったから贔屓しているわけではない(笑)

最近視聴した寿美菜子さんの登場作品:
『タイムトラベル少女〜マリ・ワカと8人の科学者たち〜』
2016年 テレビ東京
"Time Travel Girl"
(時間旅行少女~真理、和花與8名科學家~), 2016, TV-Tokyo
Waka_ttg_8_20160827
水城和花(画像左、CV:寿美菜子さん)
MIZUKI, Waka (Left, CV: KOTOBUKI, Minako)
Right: HAYASE, Mari (CV: TOYOSAKI, Aki)
quoted from #8 "Bell's Decision" (27 Aug. 2016)

水城和花はこの作品の主人公のひとり。
もう一人の主人公は右側の早瀬真理(CV:豊崎愛生さん)
彼女たちがタイムスリップを繰り返して、現代科学の基礎を作った科学者たちの業績を追うというようなストーリー展開です。

これまでに登場した科学者は、
ウィリアム・ギルバート(16~17世紀 電磁気)
ベンジャミン・フランクリン(18世紀 電気)
アレッサンドロ・ボルタ(18~19世紀 電池)
マイケル・ファラデー(18~19世紀 電磁気)
サミュエル・モールス(18~19世紀 電信)
アレクサンダー・グラハム・ベル(19~20世紀 電気通信)
ハインリヒ・ヘルツ(19世紀 電磁波)
トーマス・エジソン(19~20世紀 電気通信 他)
以上8人。

科学者の中でも電気工学分野に偏ってますが、もともと電気通信関連の仕事をしていた自分にとっては馴染みの深い人たちでした。
工事担任者や電気通信主任技術者の資格を取るときに、電気工学は必須だったからね。

こういうアニメを通じて子供たちにも科学の面白さが伝わるといいですね。
1クールアニメなのでやや駆け足な感じもしますが、わりとよくできていると思います。
もしもシリーズ化されるなら、次回は化学分野がいいなあ。
おいら、今はプラントエンジニアだからね(笑)

そういえば、東京の大手町にあった逓信博物館は、今はもうないんだよね・・・・・・。
クロスバー交換機とか、今では珍しいものが展示されてたんだけど (´・ω・`)

『けいおん!!』(再放送) 2016年 NHK BSプレミアム
"K-ON!!"(K-ON!!輕音部), 2016, NHK BS PremiumTsumugi_kon2_10_20160915
琴吹紬(CV:寿美菜子さん)
KOTOBUKI, Tsumugi (CV: KOTOBUKI, Minako)
quoted from #10 "Teacher!" (15 Sep. 2016)

*These quotations are grounded on the article 32 of the Copyright Law of Japan.
這些引用根據日本國版權法第32條

ゆるい軽音楽部のメンバーのひとり(笑)
キーボド担当のムギちゃん。
ものすごいお金持ちのお嬢さんで、一般社会のことがよくわかっていなかったりします。

上のシーンではキラキラしてテンション上がりまくってますが、これ、自習中に手紙を回して廊下に立たされる(というか、自主的に立ちに行く)ところなんですよ。
「廊下に立たされる」っていうのが、彼女の長年の夢だったようで・・・・・・(笑)

ハンバーガーを食べたことがなかったとか、駄菓子屋に行ったことがないとか、がんもどきが何かわからないとか、色々と知らないことが多い子なんです。
この回では探偵ごっこに夢中になってましたけど、そんなところもむちゃくちゃ可愛い (´∀`)

以前この作品を見たときには秋山澪(CV:日笠陽子さん)が可愛いと思いましたけど、今回は紬が可愛くてたまんないです。
別に、中の人から年賀状をもらったから贔屓しているわけではない(笑)

ミナちゃん、今期はこれらの作品の他、『アンジュ・ヴィエルジュ』に蒼月紗夜役でご出演しています。

今後の登場予定作品:
『響け! ユーフォニアム2』 田中あすか
来季から大学に復学するので、視聴予定のアニメ作品は大幅に減ります。
秋は12作品の視聴を予定していて、この作品はその中に入っています (^-^)

最近聞いたネットラジオ:
『寿美菜子のラフラフ』 文化放送 超!A&G+
毎回、関西弁(神戸弁?)を使うコーナーがあるんだけど、ミナちゃんの関西訛りはホントたまりませんなあ (*´∀`)
自分は関東出身なので、これまでは関西弁って本当に苦手だったんだけどね。

取りあえず今回はここまで。
これからも陰ながら応援します。

12月の舞台(「Run for Your Wife」)も楽しみです。

| | トラックバック (0)

2016-01-08

【声優さん】年賀状いただきました (^-^)

竹達彩奈さん寿美菜子さんから年賀状が届きました。

ありがたやありがたや \(^o^)/

予想外だったので驚きました。
去年の秋ごろ、まったくの気まぐれで何人かの女性声優さんたちに絵葉書送ったことがあったんです。それをちゃんと覚えていて下さったようですね。

自分は「あしなが育英会」に寄付をしているわけですが、毎年夏になると支援をしている子供たちから暑中見舞いが送られてきます。その返信用に絵葉書を買ったんだけど、去年は余ってしまってねー。それで、せっかくだから誰かに送ってみるかなあと思ったわけ。

その時に頭に浮かんだのが、日ごろから馴染みのある声優さんたちですよ。本当に気まぐれだったから人選はあまり深く考えませんでしたけど。竹達さん、早見沙織さんと、お誕生日が近かったスフィアの3人(戸松遥さんだけは誕生日が離れていたので、その時はパスしました)。

寿さんは本当にマメな人だと思います。
こないだブログで「夜中に年賀状作ってました」みたいな記事を読みました。その時は「忙しいのに大変だな~」くらいに思って読んでたんですが、それがまさか自分のところにも届くとは。ホント、この子だけはガチ。こういうのって事務所が代行しているのかと思ってたけど、本当に自分で出してるんですね。

一昨日は三上枝織さんのお誕生日記事を書きましたけど、この人もまたマメに年賀状を出しているようですね(ブログ情報)。三上さんはツイッターのフォロワー数が13万を超えているんだそうですよ。ファンレターの量だって半端じゃないだろうに・・・・・・。みんな本当にファン思いなんだなあと思います。(出さない人は出さない人なりにファンに感謝しているのだろうと思いますけど)

竹達さんの方は自分で出しているのか事務所が代行しているのかよくわかりませんが、こちらも多分本人が出しているんでしょう。事務所代行だったら事務所の住所とか入ってるだろうからね。寿さんの方は事務所の住所がしっかり入ってましたけど、間違いなく本人が出しています。なぜなら、他の二人からは年賀状が来てないから(笑)

自分はこれまでファンレター的なものを一度も書いたことがなかったので、今回はいくつか失敗をしました。そのうちの一つが、やたら丁寧に書きすぎたということ。ブログの文章は軽い感じになってますけど、手紙文になるとかなり硬いんですよね。ビジネスレターの癖が抜けないんです。今回の大失敗は「後付け」でした。

丁寧な手紙文の場合、手紙の最後に差出人名(自分の名前)をフルネームで書いて、その下に「拝」という文字を付ける場合があります。自分がへりくだることによって相手に対する敬愛の念を示すという謙譲表現のひとつです。寿さん、この「拝」までをおいらの名前だと思ったらしい・・・・・・。宛名にがっつり「○○○○拝様」って書いてあったよ 。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ホントごめんなさい。ファンレターはたくさんもらうんだろうけど、そんな形式ばった手紙をもらったことがないんでしょうね。よく考えたら20代の若い女の子にそんな葉書を送ったのが間違いでした m(_ _)m これからはもうちょっと柔らかくしよう。ただ、あの間違いを見て、やっぱり本人が直接送ってきてるんだなというのを確信しました(笑)

まぁ、相手によって文体は変えなきゃいかんということですね。すみぺ閣下(上坂すみれさん)あたりなら硬い表現でもむしろ喜ぶのかもしれないし。檄文調とかね。『20世紀の逆襲』がとても良かったのでおじさん葉書出しちゃおうかな~。ちなみに、自分たちの世代まではかろうじて正仮名遣いの文章を書くことができます(もちろん育った環境によりますが)。子供の頃、明治・大正の人たちがまだ現役で身近にいたからね。学校で教えてもらったわけではない。

いくつか失敗はあったものの、今回は声優さんの真摯な姿を垣間見ることができて貴重な体験をしたと思います。さすが「俺たちの美菜子」(笑) この人はファンだけではなく共演者からも性格の良さを褒められることが多いようですね。その理由を改めて理解しました。

一方、おいらの「脳内娘」第1位の竹達彩奈さん。この子は共演者から「大人気声優は違いますなあ~」とかDISられちゃったり・・・・・・。どうやら人見知りをすることがあるようで、誤解されがちなのかもしれません。でも、今回年賀状もらってわかったもんね。この子はいい子!絶対にいい子!! ヽ(゚∀。)ノ
いいんです。
この子は「おいらの彩奈」なので!!(笑)

| | トラックバック (0)

2015-09-17

Happy Birthday 2015 (寿美菜子さん)

近頃はなんとなく涼しくなってきて、
外で仕事をするのには良い季節になってきました (^-^)

ところで、たまたま手元に絵葉書が何枚か余っています。
お誕生日なので、
せっかくだから寿さんに送ってみることにしたんだけど、
いまいち送り先がよくわかりませんでした。
多分、事務所でいいんだろうけどね。
今は揉め事に巻き込まれる声優さんたちも多いみたいだし、
ファンレターの宛先も積極的には公開していないのかもね。

そんなことはともかく。

今日は、声優・寿美菜子さんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

寿美菜子 (KOTOBUKI, Minako)
誕生日:17 Sep 1991
血液型:B
誕生星:オミクロン・ヒュドラエ(海蛇座ο星)
花個紋:陰風船葛
誕生色:浅葱鼠
運命数:1
誕生日の干支:庚寅 (かのえとら)

ミナさん(寿さん)の記事を最初に書いた時期を検索したら、
2009年7月8日でした。
この頃、
『うみものがたり』宮守夏音という少女を演じてましたよね。
ミナさんはその頃10代。
なにもかも、遠い昔のような気がします (ノ∀`)

最近視聴した寿美菜子さんの登場作品:
『アイカツ!』 2012年~ テレビ東京
"Aikatsu!"(Aikatsu! 偶像學園!), since 2012, TV-TokyoMizuki_aikatsu_150_20150910
神崎美月(画像中央、CV:寿美菜子さん
KANZAKI, Mizuki (center, CV: KOTOBUKI, Minako)
quoted from #150 "The Bond Between Stars" (10 Sep. 2015)

*This quotation is grounded on the article 32 of the Copyright Law of Japan.

画像左:一ノ瀬 かえで(CV:三村ゆうなさん
Left: ICHINOSE, Kaede (一之瀬楓, CV: MIMURA, Yuuna)
画像右:藤堂ユリカ(CV:沼倉愛美さん
Right: TOUDOU, Yurika (藤堂百合香, CV: NUMAKURA, Manami)

泣く子も黙る国民的アイドルの役。
なんというか、この作品の中ではラスボス的な扱い
なっていたりします(笑)

ミナさん自身もスフィアで歌手活動をしているせいか、
美月とイメージがかぶります。
まるで分身のような。
美月はミナさんのイメージに最も近いキャラクターかも
しれません。
そういえば、作品設定上の美月の誕生日は、
ミナさんと一日違いの9月18日でしたね。

この作品はなぜか気に入ってしまって、
2012年の放送開始以来ずっと視聴しています。
中学生の女の子たちがアイドルを目指すお話。
登場人物たちは
「アイドルカツドウ」
と称してものすごい努力をしますが(崖を登ったりね (^-^;A))
それが見ていてあまり嫌味に感じません。
むしろ爽やか。

10月からは第4シーズンの放送が予定されています。
結構な長寿番組になりました。
登場人物もかなりの数になります。
人物が増えると一人ひとりの印象が薄くなりがちですが、
この作品のキャラクターはみんなそれぞれ個性的です。
3年も放送していると、
キャラそれぞれに印象的なエピソードが蓄積されていて、
視聴者の子たちが一緒に成長している気分になれるのも
人気の理由の一つなのでしょう。

それから、学園の生徒たちだけじゃなく、
周辺の人物も魅力的だったりします。
ジョニー先生のエピソードなんて、
不覚にもうるうるきたもんなー(笑)

最近視聴したその他の作品:
『パンチライン』 曳尾谷愛
『響け! ユーフォニアム』 田中あすか
『サンダーバード ARE GO』 ケーヨ

ミナさんはネットの文化放送で
『寿美菜子のラフラフ』
っていう番組を持っていますが、
時間帯の問題でほとんど聞いたことがありません m(_ _)m
なぜかニコニコ動画にアップされていたりするようなので、
今度聞いてみようと思います(あれって違法じゃないのだろうか?)

今日はここまで。
陰ながらひっそりと応援しています (^-^)

| | トラックバック (0)

2014-09-17

Happy Birthday 2014 (寿美菜子さん)

今日は、声優・寿美菜子さんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

寿美菜子  (KOTOBUKI, Minako)
Date of Birth: 17 Sep 1991
Blood type: B

YouTubeでニューアルバムのPVに共有かけようと思ったら、
ソニーミュージックってPV公開してないのね・・・・・・。
まぁしょうがないか。
2ndアルバムリリースおめでとうございま~す \(^O^)/

最近視聴した寿美菜子さんの登場作品:
『アイカツ! -アイドルカツドウ!-』 2012年~ テレビ東京
"Aikatsu!"(偶像傳說!), since 2012, TV-Tokyo
Mitsuki_aikatsu_992
神崎美月(画像右、CV:寿美菜子さん Vo:ささかまリス子さん
KANZAKI Mizuki
(Right, CV: KOTOBUKI Minako, Vo: Risuko; 笹鎌里須子)

quoted from #99 "The Flower's Tears" (11 Sep. 2014)

画像左:夏樹みくる(CV:洲崎綾さん Vo:もなさん
Left: NATSUKI Mikuru (CV: SUZAKI Aya, Vo: Mona; 巴山萌菜)

アイドルの役。
『アイカツ!』は『プリパラ』(テレビ東京の他作品)とは違って、
キャラクターの声と歌の担当が分かれています。
みなちゃん(寿さん)はそこそこ歌唱力があるほうだし、
以前はこういう構成について若干不満に思うこともありました。
しかし、今はこれはこれでいいかなと思ってます。
この作品の楽曲はどれもかなり良くできていますし、
歌もキャラクターに合ってますね。

『アイカツ!』についてはよく記事にしているので
詳しい内容は省きます。
2年くらい続いている作品なんだけど、
お話もいよいよ大詰め。
主人公・星宮いちご(CV:諸星すみれさんのユニットと
美月のユニットで頂上決戦の展開になってます。

美月のパートナーのみくるはアイドルと花屋さんの兼業で、
このステージの後、ガーデナーズ・ワールドカップに出場する
のだとか。
それって、ちょっといいなと思いました。

最近の声優さんは歌を歌う人が多いですし
、いろいろな顔を持っていたりします。
声優さんというのは、
もともと舞台俳優のアルバイト的な仕事でした。
十数年前までは副業的なイメージの職種だったんです。
それが今では声優をメインの仕事にして、
それ以外に何か別の活動をする人が増えています。
声優さんはマルチに活躍する宿命なのかもしれませんね。

漫画家の手塚治虫さんは
「夢は二つ持った方がいい」
なんて言うことを生前おっしゃっていました。
長い人生、ひとつの夢が破れてしまったら、
残りの人生を鬱々として過ごすことになってしまいます。
また、夢が叶った場合でも、
目標を失って燃え尽きてしまうかもしれません。
しかし、いつも心のどこかに夢のかけらがあったなら、
日々の生活が楽しくなると思います。

みなちゃんのように声優であり歌手でもあるような人は、
きっとこれからもたくさん出てくるでしょう。
「声優は声優しかやっちゃダメ」
みたいなことを言う人はいまだにいるようですが、
自分はみなちゃんみたいな人たちをこれからも応援します。
少なくとも、自分は見ていて楽しいからね (^-^)

今後の登場予定作品:
『ガンダム Gのレコンギスタ』 ノレド・ナグ

おまけ記事(誕生日占い) ↓

続きを読む "Happy Birthday 2014 (寿美菜子さん)"

| | トラックバック (0)

2013-09-17

Happy Birthday 2013 (寿美菜子さん)

今日は、声優・寿美菜子さんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

KOTOBUKI, Minako
Date of Birth: 17 Sep 1991
Fate number: 2

プリズム(初回生産限定盤)(DVD付)
B00C4DRTLO | ミュージックレイン | ¥ 1,800 | 2013-06-18
プリズム(初回生産限定盤)(DVD付)

去年、日経新聞の記事でスフィア が取り上げられたとき、
メンバー紹介文でみなちゃんだけ扱いが悪かったんだよね。
それ以来なんとなく気になっていたんだけど、
今はもう心配してません。
アニメ作品ではメインキャラクター級、
しかも、
小さい女の子たちに人気の作品に登場するようになりました。
音楽活動も順調なようだし、よかったよかった (^-^)

そういえば、スフィアは9月16日に代々木の国立競技場で
ライブだったようです。
台風は大丈夫だったんでしょうか。
(実はこの記事、16日に書いてます。台風で仕事が中止になったのでね)

最近視聴した寿美菜子さんの登場作品:
『ドキドキ!プリキュア』 2013年 テレビ朝日
"Dokidoki! PreCure"(心跳加速!光之美少女), 2013, TV-AsahiRikka_ddprecure_32
菱川六花キュアダイヤモンド、CV:寿美菜子さん)
HISHIKAWA Rikka (Cure Diamond, CV: KOTOBUKI Minako)
第32話より引用。
quoted from #32 "Mana Collapses! A Stormy Culture Festival"
(15 Sep. 2013)

「ちいさいおんなのこのおともだち」に人気のシリーズ。
六花はメインキャラクターのひとりです。
主人公の相田マナ(CV:生天目仁美さんは情熱的で、
頑張り過ぎてしまう人物。
六花はそんなマナに寄り添ってフォローする(頭を冷やす)
役回りです。
医者志望の優等生

マナっていうのは利他的な少女で、自分よりも他人のことを
優先して考える自己犠牲の精神を持った少女です。
六花は彼女のそういう姿を
「幸福な王子」
(オスカー・ワイルドの短編小説に登場する気高い王子の像)
と評しました。
この作品は高校の夏休みの課題(英文和訳)で読んだけど、
なんだか後味の悪いお話でした。
何事も程ってものがあります。
自分は他人のために尽くして満足かもしれないけど、
そんな姿を見て悲しむ人がいるかもしれません。

『アイカツ! -アイドルカツドウ!-』 2012年 テレビ東京
"Aikatsu!"(偶像傳說!), 2012, TV-TokyoMitsuki_aikatsu_47
神崎美月(CV:寿美菜子さん)
KANZAKI Mitsuki (CV: KOTOBUKI Minako)
第47話より引用。
quoted from #47 "Legendary Idol Duo, Masquerade" (5 Sep. 2013)

国民的スーパーアイドルの役。
プロ意識が強く、頑張り過ぎて倒れちゃうような子です。
みなちゃん自身がスフィアで音楽活動をしているし、
なんとなく美月とイメージがかぶります。
イメージカラーは二人とも紫(ラベンダー色)ですよね。
ちなみに神崎美月の設定上の誕生日は、
みなちゃんと一日違いの9月18日のようです。

この作品でちょっと残念なのは、歌が吹き替えなこと。
みなちゃんの歌唱力なら吹き替えなしで十分いけるはず。

『ロウきゅーぶ! SS』 2013年 BS11
"Ro-Kyu-Bu! SS"(蘿球社!第二季), 2013, BS11Natsuhi_rokyubu_6
竹中夏陽(CV:寿美菜子さん)
TAKENAKA Natsuhi (CV: KOTBUKI Minako)
第6話より引用。
quoted from #6 "Aoi Wins?

メインの少女たちの同級生役。
少年役はこの作品で初めて聞きました。
最初聞いた時は誰が演じているのかわからなかった。
見事に少年です。すばらしい。

みなちゃんは声の感じが吹き替え向きだと思いますが、
アニメ作品でもいろんなタイプのキャラクターを演じられると
思います。
これからもいろんな役に挑戦できるといいですね (^-^)

今日はここまで。
今月は多忙でブログ更新も非常に難しいけど、
今回は台風のおかげで長めの記事を書くことができました。
正直、今年は記事が飛ぶかと思いましたが、
なにやら不思議なめぐり合わせを感じます。

これからも応援します。
もう「いらん子」とは言わせない (゚∀゚)

*These quotations are grounded on the article 2 and 32 of the Copyright Law of Japan.

おまけ:
けいおん! 琴吹 紬 (1/7スケールPVC製塗装済み完成品)
B004I5AV0C | Max Factory | ¥ 8,800 | 2011-05-24けいおん! 琴吹 紬 (1/7スケールPVC製塗装済み完成品)

『けいおん!』 琴吹紬(CV:寿美菜子さん
"K-ON!"(K-ON!輕音部)
KOTOBUKI Tsumugi (CV: KOTOBUKI Minako)

みなちゃんの声を初めてちゃんと聞いたのは、
この作品だったと思います。
キャストは声優経験の浅い人たちがほとんどでしたが、
あまり違和感がありませんでした。
今でも印象に残っている作品です。

| | トラックバック (0)

2012-09-17

Happy Birthday 2012 (寿美菜子さん)

今日は、声優・寿美菜子さん のお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

KOTOBUKI, Minako
Date of Birth: 17 Sep 1991
Blood type: B

Resent release:

My stride(初回生産限定盤)(DVD付)

寿さんのことは先月もちょっとだけ記事にしました。
日経で声優さんの特集記事 があって、
スフィアも取り上げられてたんです。
(声優さんに詳しい人ならよく知ってると思いますけど、
スフィアっていうのは寿さんが所属する声優ユニット)

まぁそれはいいんだけど、
日経め、
ミナちゃんをいらん子扱いしやがって ヽ(`Д´)ノ
それで思わず記事にしてしまったわけですよ。
おのれ日経新聞、
もし韓国の意見広告なんか掲載しやがったら
朝敵認定してくれるわ (#゚Д゚)

ついエキサイトしてしまいました (^-^;A)

ところで、上のリンク画像のアルバムを今まさに聞いてます。
この人の歌声はまっすぐで、とてもシャープなイメージです。
スフィアの他のメンバーはかなり癖がありますが、
寿さんは素直な感じ。
もしかすると、
日本人よりも海外の人に好まれる歌声かもしれません。

最近視聴した寿美菜子さんの登場作品:
『機動戦士ガンダムAGE』 2011年 TBS
"
Mobile Suit Gundam AGE"(機動戰士鋼彈AGE), 2011, TBS
Fram_gdage_48
フラム・ナラ(CV:寿美菜子さん)
Fram Nara (CV: KOTOBUKI Minako)
第48話「絶望の煌めき」より引用。
quoted from #48 "Glimmer of Despair"

地球人類と火星棄民との戦いのお話です。
火星開発で見捨てられた人類が、地球奪還をかけて戦う
というストーリー。
ガンダムのパイロット(地球連邦所属)が主役なので
火星側は悪役として描かれますが、
どちらかというと火星側のゼハート・ガレット(CV:神谷浩史さん
のほうが主役みたいな感じなんですよね。
なにしろいい声だし(笑)
主役にあまり魅力がないっていうのは失敗だよなあ。

寿さんが演じたのはゼハート配下のモビルスーツパイロット。
最初はゼハートを兄のカタキみたいに思っていましたが、
「お前が必要だ」
みたいなことを言われて、すっかりメロメロでございます。

ネタバレになっちゃうんだけど、
上の場面はフラムの最期のシーンなんですよ。
ゼハートの命令で決死の作戦を遂行するんです。
この場面、ちょっとだけうるうる来た 。・゚・(ノД`)・゚・。
ミナちゃんよかったわー。
それにしても、ゼハートは司令官向きの人材ではないね。

作品のほうは・・・・・・。
どうなんだろう。
世間で言われているほどひどい作品とは思わないけれども、
確かに詰めの甘さは随所に感じます。

『夏色キセキ』(再放送) 2012年 BS11
"Natsuiro Kiseki (revival)"(夏色奇蹟), 2012, BS11
Natsumi_natsuirokiseki_10
逢沢夏海(CV:寿美菜子さん)
AIZAWA Natsumi (CV: KOTOBUKI Minako)
第10話「たいふうゆうれい、今日のオモイデ」より引用。
quoted from #10 "Typhoon Ghosts, Today's Memories"

前のシーズンはTBSで放送されていたんですが、
すぐにBS11で再放送されています。
今はそんなことが可能なんですね。
『TARI TARI』 も再放送してくれないかなあ・・・・・・。
ちなみに、『夏色キセキ』を見るのは2度目なんですが、
第10話を試験的に最高画質(DRモード)で録画してみました。
・・・・・・XP画質とあまり変わらないような気がする。

この作品は、
スフィアの4人がメインキャラクターをつとめています。
誰が主役かというと多分みんな主役なんだろうけど、
その中でも夏海は中心的なキャラクターです。
寿さんが主役を演じているのを聞くのは初めてでした。
去年は『魔乳秘剣帖』魔乳千房)っていうのがありましたが、
うちではUHF配信の作品が見られないからね。
夏海、なかなかよかったですよ。
序盤では多少違和感があったんですが、
後半、特に最終回はよかったです。

作品のほうは、女子中学生4人の夏休みのお話。
神社にある石に4人が願をかけると、
不思議な奇跡が起こります。
第10話は小学生時代の4人に今の4人が出会うお話。
どの子も本当に手のつけられないお転婆でした (^-^;A)
ファンタジックなストーリーで、自分はわりと好きです。
前にも書いたんだけど、
この作品はTVよりもOVAや劇場版にしたほうがいいような
気がします。

今回はここまで。
そういえば、スフィアは昨日までライブツアーでしたね。
今回は最新のアルバムの曲がメインだったんだろうけど、
結構盛り上がったんじゃないですかね。
BD発売されたら買うと思う。多分。

11月にはシンガポールのイベントでもライブがあるそうです。
それはそれで嬉しいことなんですけど、
あそこは中国系市民が多いからなあ・・・・・・。
それだけはものすごく心配です。

いつも素敵な声をありがとうございます。
日本と世界のかけ橋になってください (^-^)

*These quotations are grounded on the article 2 and 32 of the Copyright Law of Japan.

Resent release (sphere) :

Third Planet(初回生産限定盤)(DVD付)


かなりハマってます。おもに通勤のときに聞いてます。

| | トラックバック (0)

2012-08-01

【声優さん】寿美菜子さん(膺懲日経新聞の巻(笑))

女性声優さんのお誕生日記事がほとんどの当ブログですが、
今回は趣向を変えてみます。

昨日はこんな記事を読みました。

今、引っ張りだこなのは誰? 求められる女性声優の条件
日経エンタテインメント! 2012/7/30 6:30更新
(日本経済新聞WEB版)

日経新聞でこういう記事を読むとは思いませんでした。
ちなみに、出演数ランキングでは釘宮理恵さん が1位だった
ようです。

記事の内容は特に問題ないんですけど、
問題はスフィアの寿美菜子さんです。

この記事の3ページ目では声優ユニットのスフィア
取り上げていました。
だがしかし、
メンバー紹介で寿美菜子さんだけ扱いが悪い気がします。
記事の中のメンバー紹介文はこんな感じ。

戸松遥、豊崎愛生(とよさきあき)、
寿美菜子、高垣彩陽(たかがき あやひ)の4人。

(記事から引用。ミナちゃんだけ文字装飾なし)

。・゚・(ノ∀`)・゚・。

他の3人と比較してアニメ作品への登場数は少ないですが、
ちょっと扱い悪くないっすか(笑)
・・・・・・いやいやワロてる場合ではない。

我、日経新聞ヲ膺懲セント欲ス!

そんなわけで、
最近視聴した寿美菜子さんの登場作品:

『夏色キセキ』 2012年 TBS
"Natsuiro Kiseki"(夏色奇蹟), 2012, TBSNatsumi_kiseki_12
逢沢夏海(CV:寿美菜子さん
AIZAWA Natsumi (CV: KOTOBUKI Minako)
第12話「終わらないナツヤスミ」より引用。
quoted from #12 "Never Ending Summer Vacation"

スフィアの4人がメインキャラクターを演じている作品です。
現在はBS11で再放送中。
4人の女子中学生が夏休みにさまざまな「奇跡」を体験する、
ちょっとファンタスティックな感じのストーリーです。
画像引用した第12話は最終回で、
4人が奇跡とサヨナラする場面が印象的でした。
この作品はTVシリーズで放送するよりも、
劇場版かOVAのほうがいいような気がする。
絵には多少違和感がありましたが、わりと好きな作品です。
寿さんは助演でアニメ作品に登場することが多い人ですが、
この作品ではメイン中のメイン。
ほぼ主役でした。

寿さんは比較的素直な声の人だと思います。
歌声もスフィアの他のメンバーと比べるとクセがなく、
シャープなイメージです。
とてもさわやかな声の人。
ただ、
それは声に目立った特徴がないと見られることにもなるので、
視聴者の印象にも残りにくいのかなと思うんです。
以前にも何回か書いたことですが、
アニメーションよりもナレーションや外国映画の
吹き替えのほうが合っている気がするんですよね。

『機動戦士ガンダムAGE』 2011年 TBS
"Mobile Suit Gundam AGE"(機動戰士鋼彈AGE), 2011, TBSFram_gdmage_41
フラム・ナラ(CV:寿美菜子さん)
Fram Nara (CV: KOTOBUKI Minako)
第41話「華麗なフラム」より引用。
quoted from #41 "Magnificent Fram"

『ガンダムAGE』の第3シリーズ。
各シリーズにはそれぞれメインヒロインが登場しましたが、
(その後、各シリーズの主人公の嫁になっていたりする)
第3シリーズにはそれらしい人物がいません。
強いて言えば、
フラムがメインヒロイン的な役割なのかもしれませんが、
いまひとつキャラが立っていないような気がします。
ちなみに、
自分的メインヒロインの伊藤かな恵さん はすでに退場して
しまいました・・・・・・。
っていうか、2話で終了ってどういうことだよ ヽ(`Д´)ノ

まぁそれはともかく、
寿さんはやっぱりきれいな声だと思います。
演技的には違和感がある部分もあるんですが、
まだ20歳の若手声優さんですからねー。
今後に期待でしょう。
歌もかなり上手ですし、「求められる女性声優の条件」は
満たしていると思いますよ (^-^)

Resent release:
Third Planet(初回生産限定盤)(DVD付)Third Planet(初回生産限定盤)(DVD付)
画像左から戸松遥さん寿美菜子さん高垣彩陽さん豊崎愛生さん

先週購入したスフィアの 3rd アルバム。
別に贔屓してるわけでもなんでもないけど、
やっぱりこの人たちの歌が好きです。
それぞれの声はぶつかり合うことなく、
バランスがとれていて見事に調和しています。
それはもちろん、
他のスタッフ(音響など)の功績も大きいのだろうけど、
そこも含めて素晴らしい。

今回収録された楽曲はライブ向きのものが多いと思います。
次のライブはかなり盛り上がるんじゃないでしょうかねー。

寿美菜子さんのお誕生日は9月17日。
その時にはまたあらためて記事にしたいと思います (^-^)

*These quotations are grounded on the article 2 and 32 of the Copyright Law of Japan.

| | トラックバック (0)