« Happy Birthday 2017 (三上枝織さん) | トップページ | 【声優さん】今年も年賀状いただきました (^-^) »

2017-01-14

【大学】2016年度第Ⅳ回科目試験

今日は東京・三田の慶應義塾本校舎で試験でした。

3年ぶりの科目試験、無事終了。
今回は日本法制史Ⅰ・Ⅱです。
まぁ、なんとか単位はつくんじゃないでしょうか。

試験問題を漏らすと停学になってしまうので、敢えて中身については触れません。
しかし、かなり拍子抜けな感じではありました。
この科目は過去問集に記載されていないんですが、なるほど、あえて書くまでもないってことですわ(笑)

問われる用語はやや難しいですけど、Ⅰ・Ⅱともに試験の形式としては小学校の社会科レベルです。特に法制史Ⅰですが、ちょっと賢い小学生なら50点くらい余裕で取れるはずです。最近はパソコンの普及で文字を書かない人も多いかもしれませんし、漢字が書けないと辛いかもしれませんが。

法制史なんて法学部では「なにソレ食えるの?」的な科目なんだろうし、講師もやる気ないんだろうな・・・・・・。

今回、法制史関係の本をいくつか読んでみて、ものすごく興味深い分野だと思ったんですけどね。間違った法が成立しようとするとき、歴史を知っていればその間違いにいち早く気づき、正すことができるかもしれません。何かの本には、悪法に対抗するために「法制史は唯一の武器となりえる」とまで書かれていました。本当はとても熱い学問なんです。

慶應の教科書にしても、執筆者の情熱がそこかしこに感じられて熱を感じますよ。法制史に限らず、慶應の教科書ってそういうのが多いですが。

だがしかし、

あれだけ熱い科目の試験がこれかよっていうね(笑)

通信制は基本的に忙しい社会人学生が多いし、あれ以上の難易度になると困る人も大勢いるだろうからこれ以上批判するのはやめますけど、多少のガッカリ感があったことは否めません。

もっとも、慶應通信制には極めて試験難易度が高い科目も多いわけだし、レポートも高度なものが求められます。そのあたりでちょうどよいバランスが取れているのかもしれませんね。「楽勝科目」がないとつらいもんね(今更だけど、慶友会には入っとくべきだったなー)。

さて、次はアメリカ政治史の勉強を3年ぶりに再開します。
国際法は取りあえずパスです。

|

« Happy Birthday 2017 (三上枝織さん) | トップページ | 【声優さん】今年も年賀状いただきました (^-^) »

慶應義塾」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【大学】2016年度第Ⅳ回科目試験:

« Happy Birthday 2017 (三上枝織さん) | トップページ | 【声優さん】今年も年賀状いただきました (^-^) »