« Happy Birthday (2016年12月) | トップページ | Run for Your Wife »

2016-12-02

Happy Birthday 2016 (水瀬いのりさん)

通信制大学にレポート送ったのもつかの間、教場試験まで1か月ちょっとしかありません。
また勉強しないとな。
その前にTOEICもあるんだよなあ・・・・・・。
本当に、やってることが何十年も前と変わらない (ノ∀`)
今でも一般入試で大学に受かりそう。
知らないうちに超難関学部になったらしい母校の早大社会科学部はさすがに無理だと思うけど(笑)

そんなことはともかく。

今日は、声優・水瀬いのりさんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

水瀬いのり (MINASE, Inori)
誕生日:2 Dec 1995
誕生星:タウ・スコルピィ(蠍座τ星)
誕生石: 黒珊瑚 (Black Coral)
誕生花:サイネリア (Cineralia)
花個紋:葉付き大弁慶草 (Showy stone crop)
誕生色:ハニースィート (Honey sweet)
運命数:11
誕生日の干支:丁卯 (ひのとう)

この間はちょっと大変でしたね。
何日か前には犯人がすぐに逮捕されたような記事を見かけましたけど、実はまだだったようです。
確かに、捕まるのがやけに早いなとは思ったんだ。

昨日はいのりちゃんのブログのコメントを読みました。
まだお若いのですが、とてもしっかりしています。
プロの矜持を感じました。
自分の21歳の時と比べると、恥ずかしくて隠遁したいくらいですわ・・・・・・。

水瀬いのり / 3rd Single『Starry Wish』 MUSIC VIDEO

KING RECORDS

こないだの記事では犯人逮捕とかデマを拡散してしまったので(うちは過疎ブログなので影響はないと思うけど)、おじさん、お詫びのしるしに今日は盛大にステマしちゃうぞー(笑)

この子の歌声は力強いですね。
ちなみに、次回の声優アワードの助演女優賞と歌唱賞はいのりちゃんに投票しておきました。
本当に、いのりんは日本の宝だと思いますわ。
いや、わりとマジで。

若手の女性声優さんの中ではかなり表現力が豊かないのりちゃん。
今年もかなりの数の作品に登場していましたが、演じるキャラクターはバラエティ豊か。
最も記憶に残っているのは『ごちうさ』のチノですが、他の作品ではまったく違う雰囲気の人物を演じます。
『シンフォギア』キャロルとチノを同一人物が演じているとは思えませんでした。

参考画像:
『ご注文はうさぎですか??』 2015年 BS11
"Is the order a rabbit??"(請問您今天要來點兔子嗎??), 2015, BS11Gochiusa2_12_chino_20151230
チノ(中央:香風智乃、CV:水瀬いのりさん)
chino (center: KAFU, Chino CV: MINASE, Inori; 水瀨祈)
Right: NATSU, Megumi (奈津惠 CV: MURAKAWA, Rie)
Left: JOUGA, Maya (條河麻耶 CV: TOKUI, Sora)
quoted from #12 "The Treasure is Your Decisive Moment"
(30 Dec. 2015)

キャラクターデザインが脳ミソとろけて耳から出るほど可愛らしかった作品(笑)
チノは人見知りな少女という設定のせいか、声のキーはやや低く、どちらかというとそれほど可愛らしい感じではありませんでしたけどね。
(むしろネットラジオの地声の方がかわいかった)
あやねるさん演じる声のキーが高いココアとは、よいコントラストになっていました。

ところで、
香風智乃の設定上の誕生日は12月4日だそうです。

おめでとうございま~す \(^O^)/

最近視聴した水瀬いのりさんの登場作品:
『Re:ゼロから始める異世界生活』 2016年 テレビ東京
"Re:ZERO -Starting Life in Another World-"
(Re:從零開始的異世界生活), 2016, TV-Tokyo
Rem__rezero_18_20160801
レム(CV:水瀬いのりさん)
Rem (CV: MINASE, Inori; 水瀨祈)
quoted from #18 "From Zero" (1 Aug. 2016)

第18話は、この作品では最も印象に残っている回です。
この回は主人公の少年とレムの二人のやり取りがメインで、他の人物がほとんど登場しない回でした。
主人公の少年が延々と弱音を吐き続ける状況なので、聞いてるこっちまで精神やられそう (ノ∀`)
しかし、レムの一途な愛に救われました。
少年も、おいらも(笑)
「2016年嫁にしたいキャラクター選手権」ダントツナンバーワンですわ (´∀`)

それにしても、十数分間二人の会話のみでよくストーリーが成立したと思います。
よほどの表現力がないと成立しない。
ナツキ・スバル役の小林裕介さんも素晴らしいです。

『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』 2016年 BSフジ
"Alderamin on the Sky"(發條精靈戰記 天鏡的極北之星),
2016, BS-Fuji

Chamille_alderamin_13_20161003
シャミーユ・キトラ・カトヴァンマニニク(CV:水瀬いのりさん)
Chamille Kitora Katjvanmaninik (CV: MINASE, Inori; 水瀨祈)
quoted from #13 "In a Twilight Empire" (3 Oct. 2016)

カトヴァーナ帝国のお姫様。
主人公の少年に対して「上手に戦に負ける」という難題を強いる。
戦艦大和かなんかの映画だったか、「敗れて目覚める」みたいな台詞があったと思うけど、そんな感じ。
確かに感動的ではあるのかもしれないけれども、それはどうかと思うんだよね。
最後まで戦う覚悟で戦争始めたんじゃないんか。
戦争に負ければ国民は確実にひどい目に遭うわけだし、「敗れて目覚める」なんて悠長なことは言ってられません。
そんなものは雲の上の人たちの自己満足に過ぎない。

とはいえ、シャミーユ殿下はお姫様好きのおいらにはかなりツボなキャラクター。
毎期1本くらいはお姫様が登場するアニメ作品があるので楽しくてたまらないですね。
ちなみに今期のツボは『終末のイゼッタ』フィーネ姫様(CV:早見沙織さん

『魔法少女育成計画』 2016年 BS11
"Magical Girl Raising Project"(魔法少女育成計畫), 2016, BS11Swim_swim__mgrp_9_20161129
スイムスイム(坂凪綾名、CV:水瀬いのりさん)
Swim Swim (SAKANAGI, Ayana CV: MINASE, Inori; 水瀨祈)
quoted from #9 "Notice of New Rules" (29 Nov. 2016)

「魔法少女」に選ばれた女の子たちが殺し合う殺伐とした作品 。・゚・(ノД`)・゚・。
上の画像は変身した姿で、本来はもっと幼い子らしい。
根が素直なのかよくわからないですが、教育係の魔法少女(すでに死亡)の教えを忠実に守る子です。
思い込んだら一途なところがあるらしく、人を殺すのにも躊躇がありません・・・・・・。

それにしてもこの作品、人が死に過ぎるだろ・・・・・・。
いのりちゃんをはじめとして好きな声優さんが多く出演しているから視聴してますが、どちらかというとあまり好きなジャンルの作品ではありません。

1クール作品なので、ストーリー展開は早いです。
だから毎回誰かが死ぬわけですけどね、あまりにも回転が速いから最初の方で退場した子なんか印象薄くて覚えてないもんね。
ネットラジオも並行して聞いてるから辛うじて思い出すけど。
なんだか二番煎じ的なにおいもするし、どうなんだろうねコレ。

まぁ、なおちゃんのキャラクター(スノーホワイト)が死ななきゃいいか(笑)

『ViVid Strike!』 2016年 BS11
"ViVid Strike!"(ViVid Strike!), 2016, BS11Fuuka_vs_9_20161127
フーカ・レヴェントン(CV:水瀬いのりさん)
Fuuka Reventon (CV: MINASE, Inori; 水瀨祈)
quoted from #9 "Reunion" (27 Nov. 2016)

*These quotations are grounded on the article 32 of the Copyright Law of Japan.
些引用根據日本國版權法第32條

女の子たちが格闘技で戦うお話(ざっくり)。
フーカはなぜか広島弁を話します。
一人称は「わし」。

『シンフォギア』のキャロルの時も思ったことだけど、いのりちゃんは男の子に近い役もいいんですよねー。
ちなみに、キャロルの一人称は「俺」でした。

いのりちゃんが出演しているラジオを聞いているとたまに話題になりますが、いのりん自身、子供の頃は外で遊ぶのが好きな子だったようです。
夏なんか、虫取りに夢中で真っ黒になっていたとか、お転婆さんだったみたいですね。
そんな姿を想像すると、
なんだか可愛くてたまらない (*´∀`)

そういう子供の頃の体験も今の仕事に生かされているのかもしれませんね。

ところで、この作品でもう一人のヒロインを務めているのは小倉唯さんリンネ・ベルリネッタ)。
普段はふにゃふにゃした声の子ですが、リンネを演じているときの声はドスが利いていて素晴らしいです。
なんだかんだいっても、さすがはプロの声優さんです。
次の第10話はフーカ対リンネでガチの殴り合いになるわけですが、今からかなり楽しみだったりします (゚∀゚)

最近視聴したその他の作品と今後の登場予定:
『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』 瀬川茜(シュヴァイン)
アニメの定番、ツンデレっぽい少女の役でした。
いのりちゃんの演じる役はバラエティに富んでいて恐れ入ります。

『CHAOS;CHILD』 山添うき
『政宗くんのリベンジ』 小岩井吉乃
両作品とも2017年放送予定。
既に視聴確定 \(^o^)/

今日はここまで。

声優さんも人気商売だし、いろいろと不愉快な事件に巻き込まれたりするのだろうけど、そんなものに負けないで胸を張って歩いてほしい。
いつでも、陰ながら応援しています。
まぁ、ここは辺境ブログなので、こんな言葉もご本人さんには届かないのだろうけど。

いのりちゃんは、自分的「娘にしたい声優さん」第2位
だけど、今日だけは一番ということにしておきます。
(ゴメンねあやなちゃん 笑)

|

« Happy Birthday (2016年12月) | トップページ | Run for Your Wife »

Happy Birthday」カテゴリの記事

声優さん(個別)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/68653672

この記事へのトラックバック一覧です: Happy Birthday 2016 (水瀬いのりさん):

« Happy Birthday (2016年12月) | トップページ | Run for Your Wife »