« 【声優さん】久しぶりに声優アワードに投票 | トップページ | 【声優さん】戯け者 »

2016-11-24

Happy Birthday 2016 (千本木彩花さん)

今日はむちゃくちゃ寒かった・・・・・・。
通信制大学のレポート(日本法制史Ⅱ)完成 \(^o^)/
明日投函します。
久しぶりだったから結構かかったな・・・・・。

それはともかく。

今日は、声優・千本木彩花さんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

千本木彩花 (SENBONGI, Sayaka)
誕生日:24 Nov 1995
誕生星:パイ・スコルピィ(蠍座π星)
誕生石: ピンク・コバルト・カルサイト
誕生花:ネリネ
花個紋:丸に常盤山櫨子
誕生色:鉛色
運命数:5
誕生日の干支:己未 (つちのとひつじ)

初めて記事を書く人。
まだあまり馴染みがありません。
近頃、お名前はよく聞くようになったんですけどね。

今年はお誕生日お祝い対象の人の印象などを書いてきましたけど、千本木さんのことは本当によく知らないのでほとんど何も書けません。
今年は印象に残ったキャラクターがいたので記事にしてみましたけど。

最近視聴した千本木彩花さんの登場作品:
『甲鉄城のカバネリ』 2016年 フジテレビ
"Kabaneri of the Iron Fortress"(甲鐵城的卡巴內利), 2016, Fuji-TVMumei_kabaneri_2_20160415
無名(CV:千本木彩花さん)
Mumei (CV: SENBONGI, Sayaka)
quoted from #2 "Never-Ending Night" (22 Apr. 2016)

この作品の世界には「カバネ(屍)」っていうゾンビがうようよしていてですね、人間は要塞都市に引きこもって暮らしております。
『進撃の巨人』という作品がありましたけど、あんな感じですね。
ただ、『進撃』の作品世界が西洋風なのに比べて、『カバネリ』の方は日本的な感じですね。

「甲鉄城」は機関車なんですが、人物のスタイルや風景は江戸時代的なイメージです。
幕末って感じかな。
作品に登場する技術が明らかにオーバーテクノロジーなんですけど、そのミスマッチが面白いですね。
この作品を見ていたら、10年くらい前にTV放送された『サムライガン』をちょっとだけ思い出しました。
映像のクオリティは『カバネリ』の方が高いですけどね。

千本木さんが演じたのは、人間と屍の間の存在である「カバネリ」です。主人公の少年もそうなんですが、なぜそういうことになっちゃうのかはあえて説明しません。
この作品、今年の年末から来年の年始にかけて劇場版が公開されるようですから、興味があったらそちらへどうぞ。
映画館楽しいよ (^-^)

TV版の千本木さんの演技に点数を付けるとすると80点くらいだと思いますが、無名はとても魅力的なキャラクターでした。
新人声優さんにはありがちなことですが、演じる人がキャラクターそのものの魅力に助けられることがあります。

『ガーリッシュナンバー』 2016年 TBS
"Girlish Number"(少女編號), 2016, TBSChitose_gln_7_20161118
烏丸千歳(CV:千本木彩花さん)
KARASUMA, Chitose (CV: SENBONGI, Sayaka)
quoted from #7 "Rubberneck Chitose and a Class Visit"
(18 Nov. 2016)

*These quotations are grounded on the article 32 of the Copyright Law of Japan.
些引用根據日本國版權法第32條

ダメ新人声優の役。

うぜえええぇぇぇ(笑)

楽して人気者になりたい系の少女。
アニメだからかなり誇張されているのだろうけど、こういう子は本当にいるんだろうな・・・・・・。
クズプロデューサーとかも (ノ∀`)

この作品の中でもアニメの制作現場が崩壊気味でしたが(っていうか崩壊)、今は本当にシャレにならなくなっているのかもしれません。

今期は放送延期になった作品がいくつかありましたね。
この作品は大丈夫なんでしょうか(笑)

いよいよ本格的に対策を考えないといけない時期なのかもしれないなあ。
アニメ作品って、今は毎週毎週放送されているけど、2週に1回とか、場合によっては月に1回にするとかね。
週替わりで別の作品が放送できれば、一つの放送枠で複数作品を放送できます(電気通信技術的に言うと「多重化」ってところかな)。
今週は作品A、次の週は作品B・・・・・・ってね。
そうなれば、製作に時間的な余裕ができるかもしれません。
それぞれの作品が別のアニメスタジオで製作される前提ですけど。

資金についてはクラウドファンディングを活用してみるとかね。
おいら、竹達彩奈ちゃんが主役だっていうなら、

10万くらい余裕でぶっ込むと思うわ

もちろんCFだけで作品が作れるわけじゃないですけどね。
『この世界の片隅に』の場合は、CFで集まった資金でパイロット版を作ったようですよ。
それでスポンサーを集めるわけです。
今までとは違う、何か新しい取り組みがいろいろとできそうな気がするんです。

お誕生日記事から脱線しました。
烏丸千歳の性格はともかく、千本木さんの演技がとてもよいと思います。
無名のイメージが・・・・・・ 。・゚・(ノ∀`)・゚・。

今後放送予定の作品:
『ピアシェ〜私のイタリアン〜』 七瀬萌里菜
(2017年1月放送開始予定)
原作はネットに掲載されている漫画のようです。

今日はここまで。
こないだ『この世界の片隅に』を見てから、あらためて声優って何だろなと考えるようになりました。
のんさんの演技があまりにも衝撃的で・・・・・・。
去年のファンミーティングの頃は竹達彩奈ちゃんに北條すずをやらせてあげたいなと思ってましたけど、すずはのんさんしかありえなかった。
竹達彩奈ファンのくせに、本当に心の底から「彩奈ちゃんじゃなくてよかった」と思ってほっとしました。

でもね、アニメといってもいろんなジャンルがあるわけだし、求められる演技も作品ごとにまったく違います。
それぞれの場所で、精一杯やればいいのだと思います。

千本木さんがこれからどんな作品に出合ってどんな声優さんになるのかわかりませんが、陰ながら応援します。
せっかく何かの縁があって声を聞けたわけだからね。

|

« 【声優さん】久しぶりに声優アワードに投票 | トップページ | 【声優さん】戯け者 »

Happy Birthday」カテゴリの記事

声優さん(個別)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/68555727

この記事へのトラックバック一覧です: Happy Birthday 2016 (千本木彩花さん):

« 【声優さん】久しぶりに声優アワードに投票 | トップページ | 【声優さん】戯け者 »