« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の5件の記事

2016-05-29

Happy Birthday 2016 (早見沙織さん)

今日は、声優・早見沙織さんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

早見沙織 (HAYAMI, Saori)
誕生日:29 May 1991
誕生星:デルタ2・タウリー(牡牛座δ2星)
誕生花:ドイツアヤメ
花個紋:三つ割り鉄線
誕生色:コーヒーブラウン
運命数:9
誕生日の干支:己亥 (つちのとい)

とはいえ、かなりの「時空の歪み」が発生しています。
記事自体はかなり前に書いていて、今回は「公開日時指定機能」を使っているんですよ。
この時期はいつもかなり忙しいですが、今年は特に大変。
5月29日は休みになる可能性が高いのだけど、先のことは全然わからないし。
書けるときに書いておきます。

ところで、お誕生日記事からは少し脱線しますが、これからはもっと自分の立場を書いた方がいいのかなと思っています。
こないだ投稿されたイカレたコメントを読んでそう思いました。
今回は早見沙織さんについて。
はっきり言えば、早見さんは一番好きな声優さんというわけではありません。

しかし、かなり好きな人ではあります。
お誕生日記事の優先度は、他の人たちよりも一段高いです。
だから、忙しくてもなんとか書こうとしているわけです。
本当は、そんなランク付けなんてしたくないんだけどね。

最近視聴した早見沙織さんの登場作品:
『魔法つかいプリキュア!』 2016年 テレビ朝日
"Maho Girls PreCure!"(魔法使 光之美少女!), 2016, TV-AsahiHachan_mp_13_20160501
はーちゃん(CV:早見沙織さん)
Ha-chan (小哈, CV: HAYAMI, Saori)
quoted from #13
"A Fun Barbecue! I Found a Lot of Happiness!" (1 May 2016)

はやみん、まさかの妖精さん(笑)
『プリキュア』は小さい女の子に大人気の長寿番組。
アニメ志望の女性声優さんの多くが出演したいと願っている作品です。
はやみんのキャラクターは2009年の『東のエデン』から見てきましたが、妖精さん役を見るのは多分初めて。

番組開始当初は本当に赤ちゃんでしたけど、最近はちょっと大きくなって言葉を話すようになってます。表情豊かで可愛らしい。
ただ、天真爛漫なだけに、演じるのにはかなりの表現力が要求されるキャラクターだと思います。大人が子供を演じるのは基本的に無理があるんです。子役には絶対にかなわない。
声優のテクニックを使えば表面的にそれらしく演じることはできるでしょう。しかし、視聴者にはわかってしまう。はやみんがこの無茶をどう乗り越えていくのか注目です。
幼女を演じる声優さんではこおろぎさとみさん大谷育江さんなどが天才的だと思いますが、はやみんがこれらのベテランに迫る演技を見せてくれることを期待しています。

「はーちゃん」はおそらく物語の鍵を握る重要キャラクター。
このまま成長していくと、最終的にはプリキュアの二人よりも大きくなって、お姫様とか女王様などになったりするのかも。
演技の変化も楽しみですね。
難役ですが、はやみんならイケると思ってますよ。
最終的な評価は、来年のこの日まで待ちたいと思います (^-^)

『無彩限のファントム・ワールド』 2016年 BS11
"Myriad Colors Phantom World"(無彩限的幻影世界), 2016, BS11Rena_pw_4_20160129
和泉玲奈(CV:早見沙織さん)
IZUMI, Reina (CV: HAYAMI, Saori)
quoted from #4 "Fake Family" (29 Jan. 2016)

バイオハザードによって人間の脳機能が変化し、ファントム(いわゆる妖怪)が見えるようになった世界のお話。和泉玲奈は人間に悪さをするファントムを退治するチームの一員です。

しっかり化かされてますが(笑)

玲奈は厳しい家庭環境で暮らしていて、家に帰っても窮屈な思いをしているようです。そんな心の隙間を衝かれて、ファントムに疑似家族の幻影を見せられるというのが第4話のストーリーでした。
おじさん、なぜかうるうるしてもうた 。・゚・(ノ∀`)・゚・。
この作品とは関係ないけど、『異人たちとの夏』っていう小説を思い出したなあ。
この手の話に弱いんだろうなあ俺。
ちなみに、第4話はこの作品で最も印象に残った回です。

この回のはやみんは関西弁でした。それも似非ではなく、かなり再現度が高い関西弁だった。
両親のどちらかが関西人だという話をネットラジオで聞いたことがありますが、なるほど見事なものでした。本人は気が付いているかわかりませんが、ラジオでもたまに関西訛りを感じることがあります。微妙なんですけどね。
西の方では母音をやや強く発音する傾向があるようで、岡山県出身の金元寿子さんの台詞にもそういう訛りが残っていたことがありました。

『赤髪の白雪姫 2ndシーズン』 2016年 BSフジ
"Snow White with the Red Hair 2"(赤髮白雪姬 第二季), 2016, BS-Fuji
Snow_white_swr_15_20160201
白雪(CV:早見沙織さん)
Shirayuki (Snow White, CV: HAYAMI, Saori)
quoted from #15 "Indecision Caused By Confusion" (1 Feb. 2016)
*These quotations are grounded on the article 32 of the Copyright Law of Japan.
這些引用根據日本國版權法第32條

目立つ髪色のせいでいろいろと大変な目に遭ったりしますが、それにもめげず健気に暮らす少女。故郷の隣の国で宮廷薬剤師を目指しています。この国の第2王子と知り合った関係でね。
どちらかというと女性向けの作品なので、王子様とのラブロマンスも見どころのひとつだったりします。

この作品はね、絵もきれいだったけど、なにより音楽が抜群に良かった。繁忙期が終わったらサウンドトラックを購入する予定。

原作は少女漫画で、白泉社の作品です(「花とゆめ」連載)。
白泉社といえば、2年前にBSフジで『暁のヨナ』が放送されていました。主人公はやはり赤髪のお姫様で、白雪と同じく海賊にさらわれていたりしましたよね。
少女漫画ではありがちな展開なんでしょうか?
女の子は王子様に助けられたいみたいな願望があるんですかねー。

ところでこのシーン、白雪が隣国に逃れざるを得なかった原因を作った王子に招かれて、久しぶりに自国に戻った時のお話のものです。
王宮内の植物園で、白雪の向こう側に咲いている紫色の花は鉄線(クレマチス)といいます(ファンタジーの世界のお話なので、本当に鉄線がモデルになっているかどうかわかりませんけどね)。
鉄線は、今日5月29日の誕生花なんですよ。
はやみんのお誕生日記事にちょうどいいのでキャプチャーしてみました。

最近視聴したその他の作品:
『ビッグオーダー』 久能マリ
中二病全開なアニメ。「おいコラちょっと待て!!」っていう展開ですが、嫌いではないです(笑)
ただ、今はかなり忙しいので、全話視聴するのは夏以降になりそうです。

『早見沙織のふり〜すたいる♪』(ネットラジオ)
毎週聞いている番組のひとつ。
ラジオを聞いていると、頭の回転が速い人なんだなあと思います。声はもちろん好きなんですが、はやみんの明るい雰囲気が大好きなんです (^-^)

早見沙織_Installation_MUSIC VIDEO試聴

ワーナー ブラザース ジャパン

5月25日にはファーストアルバム"Live Love Laugh"が発売されます。
時空の歪みの関係でまだ発売されていないんだけど。

繁忙期が終わったら・・・・・・
CD買うんだ・・・・・・

死亡フラグ!!。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ラジオにメールはしないと思うけど(気恥ずかしくて、なんだかちょっと難しい・・・・・)、それでも陰ながら応援しますよ (^-^)

| | トラックバック (0)

2016-05-21

人を思うということ

明日も早朝から仕事なので、ホントはもう寝たいんだけど無理矢理書いてます。

去る5月17日、声優の水谷優子さんがお亡くなりになりました。
謹んでお悔やみ申し上げます。

このことはネットの記事でも知っていましたし、声優・宮本佳那子さんのブログでも語られていました。自分も記事を書くかどうか悩んだのですが、暫し考えた後、書くのを止めたのでした。

水谷さんのことはもちろん知っていましたが、自分にとってそれほど馴染みがある人ではありませんでした。『ブラックジャック』でピノコを演じていたことを知っていたくらいでしょうか。ネットラジオを聞いたこともあったので、もちろん声は思い出せます。しかし、自分にとっては少し遠い存在の人でした。

そういう、自分にとってあまり馴染みのない人の記事を書くのは本当に難しい。特に訃報などの場合は、書くことがかえって失礼になってしまう場合もあります。だから書けなかった。

ところで、今日はこんなコメントが届きました。

女性声優の水谷優子が乳がんでお亡くなりになられてしまった事はもう既にもうご存知何でしょうか?後日ココで追悼をして下さい。故・水谷優子のご冥福をお祈ります。
投稿: しょう | 2016.05.21 17:07

ものすごく違和感を覚えます。
なぜ彼(彼女?)から追悼を要求されなければならないのかよくわからない。まぁ、いつもだったら普通にシカトなんだけど、なんかムカついたので晒してみました。
顔が見えないから好き放題書くんだろうけど、面と向かってこんなこと言われたら

殴ると思うわ。

俺もそんなに大人しい方じゃないんでね。
っていうか「さん」を付けろやデコ助野郎。

いい機会だからついでに書いておきます。
たまに「~のアニメの記事を書いてくれ」だの「~のキャラのキャプチャーをしてくれ」だのと言って来る奴がいるけど、そんなもん

テメーで勝手にやりやがれ。

まず、自分が視聴していない作品の記事は書けません。
当たり前だね。知らないんだからしょうがない。
自分の好みに合わない作品の記事も同じこと。

それから、あまり馴染みがない声優さんの記事は書けません。
良く知らない(または、あまり興味がない)人の記事は基本的に書けない。

それと、自分も人間なので嫌いな人というのもいます。
あえて書かないだけで。
「コイツだけは許せねー」っていう声優さんだって何人かはいるのよ。そういう人の記事は書けません。
っていうか絶対に書きません。
当然だね。

まぁ、なにが言いたいかっていうと、
ここは一個人の趣味ブログなわけで、他人から「記事を書け」とか言われる筋合いはねえってことだ。

よく覚えて置きやがれ。

| | トラックバック (0)

2016-05-19

Happy Birthday 2016 (久保ユリカさん)

今日は、声優・久保ユリカさんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

久保ユリカ (KUBO, Yurika)
誕生日:19 May 1989
誕生星:ベータ・レーティクリ(レチクル座β星)
誕生石: ラピスラズリ
誕生花:芍薬
花個紋:芍薬の丸
誕生色:千歳茶
運命数:6
誕生日の干支:己卯 (つちのとう)

といっても、記事そのものはちょっと早めに書いてます。
今年は6月中旬まで死ぬほど忙しいので、手間のかかる作業(参考画像の張り込みとか、リンク埋め込みなど)は、事前に終わらせているんです。
今回はブログの「公開日時指定機能」を使います。

さて、久保さんですが、まだあまり馴染みがありません。
これまで視聴した作品は『ラブライブ』くらいでした。
それが、何か月か前にWOWOWでμ's(ラブライブの声優さんのユニット)のライブを見たところ、今更なんですけど久保さんがかなり綺麗な人だというのに気が付きました(笑)
それからちょっと気になってね (゚∀゚)

簡易動画付ラジオは去年くらいから聞いてましたが、自分はラジオ聞きながら別の作業をしていたりするので、つい最近まで久保さんの姿をはっきりとは知りませんでした。
雑誌でちょっと見たくらいで、動いている姿ってほとんど見たことなかったんです。
地声は『ラブライブ』の小泉花陽とは全く違うし、想像できなかったんだよねー。
トークだけ聞いてると美人って感じはしないもんな~。
(ホントごめんなさいね (^-^;A))

声優さん恐るべし(笑)

最近視聴した久保ユリカさんの登場作品:
『ラブライブ! 2nd Season』 2016年 NHK教育
"Love Live! School Idol Project 2nd Season"
(LoveLive! 校園偶像計畫 第二季), 2016, ETV
Hanayo_lovelive2_20160430
小泉花陽(CV:久保ユリカさん)
KOIZUMI, Hanayo (CV: KUBO, Yurika; 久保百合花)
quoted from #2 "Aim for Victory" (30 Apr. 2016)

以前見たときはBS11だったんだけど、今はETV(NHK教育)で再放送されています。
母校を廃校の危機から救うために、女子高生がスクールアイドルになって学校の知名度を上げようと頑張るアニメ。
シカさん(久保さん)が演じる小泉花陽は、引っ込み思案で声が小さい子です。最初はアイドル向きではありませんでした。

μ'sは9人編成のアイドルチーム。
BS11で見ていた時には顔と名前が一致しませんでした。
なにしろエリーチカ(絢瀬絵里)に目が行きがちだったから・・・・・・。
花陽は、残念ながらよくわからない方のキャラクターだったんですよね。
この作品の場合、中身の声優さんたちにもあまり興味がわかなかったのでなおさら。
(演技は・・・・・・一部の人を除いてあまり良くないと思う)

しかし、シカさんに興味を持ってからもう一度見てみたら、

花陽、かわいいよね ヽ(゚∀。)ノ

2周目でやっと全員の顔と名前を把握しました(笑)
(中の人もだいたいわかるようになったね)

『ハイスクール・フリート』 2016年 BS11
"High School Fleet"(HAIFURI; 高校艦隊), 2016, BS11Rin_hf_3_20160501
知床鈴(CV:久保ユリカさん)
SHIRETOKO, Rin (CV: KUBO, Yurika; 久保百合花)
quoted from #3 "In a Pinch in Pajamas!" (1 May 2016)

*These quotations are grounded on the article 32 of the Copyright Law of Japan.
這些引用根據日本國版權法第32條

女子高生くらいの女の子たちが戦艦動かしてるアニメ。
近頃、似たような作品が多いような・・・・・・ (^-^;A)
『艦これ』は女の子そのものが戦艦なので別物といえば別物なんだけど(っていうか、戦艦が女の子なのか?)、やっぱり思い出しちゃいます。
どちらかというと『ガルパン』のほうが近いのかな?
戦闘シーンはわりとよくできていると思います。

知床鈴は駆逐艦晴風の航海長。戦闘になるとすぐに逃げたがる子。
(各艦は教育施設ということになっているので、作品中では「駆逐艦」ではなく「航洋艦」と称するらしい)
シカさんはおとなしくて可愛らしいキャラクターを演じることが多いようですね。

久保ユリカさんの今後の登場予定作品:
『レガリア The Three Sacred Stars』 サラ
美少女ロボットアニメ(?)
まあまあ期待してます。

ところで、久保さんの愛称は「シカちゃん」といいます。
なんで「シカ」かと思ったら、奈良県出身だから。
自分が住んでる市も鹿がトレードマークだったりするので、とても親近感がわくなあ(無理矢理)。
ちなみに、春日大社の鹿のルーツはうちの市だったりするらしいですよ。神社創建の時に、武甕槌命(タケミカヅチノミコト)を奈良まで送り届けたのが鹿島神宮の神鹿だっていうお話。

なんとなくゆるい親近感が湧いたところで(笑)、これからも陰ながら応援したいと思います (^-^)

おまけ:
【久保ユリカ】1stシングル「Lovely Lovely Strawberry」 MVショートVer.

Anime PONY CANYON

繁忙期が終わったらCD買うんだ・・・・・・。
死亡フラグ!! ヽ(゚∀。)ノ

| | トラックバック (0)

2016-05-08

Happy Birthday 2016 (佐藤聡美さん)

本格的に忙しくなる前の最後の日曜日。
ここ十数年で最も憂鬱な日曜日だわ・・・・・・。

そんなことはともかく。
今日は、声優・佐藤聡美さんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

佐藤聡美 (SATOU, Satomi)
誕生日:8 May 1986
誕生星:メンカル(鯨座α星)
誕生石: エメラルド・キャッツアイ
誕生花:藤
花個紋:渦巻き藤の丸
誕生色:千歳緑
運命数:1
誕生日の干支:壬子 (みずのえね)

しゅがさん(佐藤聡美さん)のブログを継続して見てますけど、近頃は以前と比べて落ち着いた雰囲気になっているような気がします。
なんだか綺麗になっているような・・・・・・?

お料理教室かなんかに通っているらしく、たまにおいしそうな画像がブログにアップされていることもありますね。
だいたい、女性がそういうことを始めると結婚情報が流れてくることが多いような・・・・・・。
(例:日笠陽子さん
これはもしや、

何かのフラグなのか!? (笑)

最近視聴した佐藤聡美さんの登場作品:
『暗殺教室 SECOND SEASON』 2016年 フジテレビ
"Assassination Classroom: Extracurricular Lesson"
(暗殺教室 第二季), 2016, Fuji-TV
Yukiko_acr2_17_20160506
神崎有希子(CV:佐藤聡美さん)
KANZAKI, Yukiko (CV: SATOU, Satomi)
quoted from #17 "Discord Time" (6 May 2016)

「暗殺教室」に在籍する女子中学生の役。

クラス担任が地球を破壊する力を持つ怪生物だったりするアニメ。
有希子たち3年E組の生徒たちは、政府から怪生物(通称:殺せんせー)を暗殺する使命を与えられているというストーリーです。
実写映画化もされているみたいですね。

しゅがさんが演じるキャラクターには大きく分けて二通りあって、ボーイッシュな雰囲気の少女と、有希子のように比較的おとなしい感じの少女が印象に残ります。
有希子系のキャラクターで最も印象に残っているのは2012年に放送された『氷菓』千反田える。それと、最近放送された作品では『ご注文はうさぎですか??』宇治松千夜です。
これらの人物を演じているときのしゅがさんの声が絶品でねー。
黒髪ロングヘアの美少女といえば佐藤聡美(たまに安済知佳)。
まさにどストライクですわ ヽ(゚∀。)ノ

『けいおん!』 2016年 NHK-BS プレミアム
"K-On!"(K-ON!輕音部), 2016, NHK-BS PremiumRitsu_kon_4_20160428
田井中律(CV:佐藤聡美さん)
TAINAKA, Ritsu (CV: SATOU, Satomi)
quoted from #4 "Training Camp!"(28 Apr. 2016)

*These quotations are grounded on the article 32 of the Copyright Law of Japan.
這些引用根據日本國版權法第32條

ゆるい軽音楽部でドラムを担当する女子高生の役。

2009年にTBSで放送された人気作品。
現在はNHKで再放送されています。
アニメ作品の権利関係がどうなっているのか今ひとつよくわかりませんが、共有化が進めばいいなあと思います。その方が海外に持っていきやすくなるのかもしれないし。

ちなみに、こちらはドイツ語版DVDの予告編です。
K-ON! (Anime) -- Trailer HD

KAZÉ Deutschland

英語版のトレーラー(予告編)は見たことがあったけど、ドイツ語版は初めて見たなあ。
以前は海外の吹き替えは違和感が大きかったですが、今はあまり気にならなくなってきました(全体的に英語版のほうが可愛らしい声ですけど)。

それにしても、日本の声優さんの声ってかなり特殊だと思ってましたけど、海外にもアニメキャラクターに合う声の人っているんですねー。

しゅがさんが演じた田井中律は、どちらかというとボーイッシュ(というか、ガサツ)な雰囲気のキャラクターです。これまで演じたキャラクターは可愛らしい系が多いですが、ご本人は律みたいな役も大好きなんだろうと思います。舞台では悪の女幹部みたいな役をノリノリで演じていたっていうし(笑)、もっといろんなタイプの人物も見てみたいですね。

最近視聴したその他のもの:
『日経電子版ラジオCM』(期間限定公開)
なぜか『マジンガーZ』みたいなロボットアニメのテーマソング風だったり(笑)
しゅがさん、こういうの好きそうだよなー。
CMのターゲットがおっさん世代だからだろうな。
嫌いじゃないです。おいらもその世代なので。

とりあえず今回はここまで。
なにやらフラグっぽいものが見えたり見えなかったりするしゅがさんですが、結婚しても応援しますよー \(^o^)/
陰ながら見守ります (^-^)

| | トラックバック (0)

2016-05-02

Happy Birthday 2016 (佐藤利奈さん)

今年の連休は今日で終わりの予定。
今日は地震の夢やら喧嘩の夢やらで目が覚めて寝起きが最悪だった・・・・・・。
まぁ、そんなことは置いといて。

今日は、声優・佐藤利奈さんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

佐藤利奈 (SATOU, Rina)
誕生日:2 May 1981
誕生星:デルタ・ケーテイ(鯨座δ星)
誕生花:ライラック
花個紋:向う露草
誕生色:マラカイトグリーン
運命数:8
誕生日の干支:庚辰 (かのえたつ)

最近視聴した佐藤利奈さんの登場作品:
『キズナイーバー』 2016年 BS11
"Kiznaiver"(制約之絆), 2016, BS11Honoka_kizuna_4_20160430
牧穂乃香(CV:佐藤利奈さん)
MAKI, Honoka (CV: SATOU, Rina)
quoted from #4
"Now That We're All Connected, Let's All Get to Know Each Other Better, 'Kay?"
(30 Apr. 2016)
*This quotation is grounded on the article 32 of the Copyright Law of Japan.
這個引用根據日本國版權法第32條

7人の少年少女が、何かの実験で痛みを共有させられるというお話。誰かが傷を負うと、その痛みが全員に伝搬してしまいます。メンバーの中には「痛いの大好き」というマゾ男が含まれていたりするので厄介である(笑)

誰が何のために仕掛けた実験なのかよくわからないけども、背後には新興宗教的な団体がいるようです。現代社会では人間の孤立化が進行していて、他者に対する共感が薄らいでいく傾向があります。そういう個体を無理矢理にでも結び付けたら平和な社会になるのかも・・・・・・という実験なのかもしれません。
無理だと思うけど。

7人のメンバーは独特な雰囲気で、何事もなければそれぞれ絶対に関わり合うことがないような者同士です。牧穂乃香は他者に心を開かず、どこか人を見下したような感じの少女。キリスト教の7つの大罪に当てはめると「傲慢」に、仏教では「妄語」に相当する人物なのでしょう。

どの宗教にも「罪」の定義があって、それに対する戒めがあるわけなんですが、それらの罪って人間が生まれながらに持っている原罪なので如何ともし難いんですよねー。人間を無理矢理絆で結び付けたところでどうにもならない気がします。第4話のラストでは早速不穏になってきてるし、今後の展開に期待です。

りなさんが演じるキャラクターは、正義感(というか責任感)が強かったり、あるいは優しげな雰囲気のお姉さんが多かったような気がします。今回演じている牧穂乃香ほど闇が深そうな人物は珍しいので、この作品では特に注目しています (^-^)

今年はあまりブログ記事に時間が取れないので、今回はここまで。
2008年以来、このブログで佐藤利奈さんのお誕生日記事は8回書きました。自分にとってはかなり身近に感じる人です(実際に姿を見たことはありませんけど)。
これからも陰ながら応援していきます。

| | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »