« 人を思うということ | トップページ | Happy Birthday 2016 (村川梨衣さん) »

2016-05-29

Happy Birthday 2016 (早見沙織さん)

今日は、声優・早見沙織さんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

早見沙織 (HAYAMI, Saori)
誕生日:29 May 1991
誕生星:デルタ2・タウリー(牡牛座δ2星)
誕生花:ドイツアヤメ
花個紋:三つ割り鉄線
誕生色:コーヒーブラウン
運命数:9
誕生日の干支:己亥 (つちのとい)

とはいえ、かなりの「時空の歪み」が発生しています。
記事自体はかなり前に書いていて、今回は「公開日時指定機能」を使っているんですよ。
この時期はいつもかなり忙しいですが、今年は特に大変。
5月29日は休みになる可能性が高いのだけど、先のことは全然わからないし。
書けるときに書いておきます。

ところで、お誕生日記事からは少し脱線しますが、これからはもっと自分の立場を書いた方がいいのかなと思っています。
こないだ投稿されたイカレたコメントを読んでそう思いました。
今回は早見沙織さんについて。
はっきり言えば、早見さんは一番好きな声優さんというわけではありません。

しかし、かなり好きな人ではあります。
お誕生日記事の優先度は、他の人たちよりも一段高いです。
だから、忙しくてもなんとか書こうとしているわけです。
本当は、そんなランク付けなんてしたくないんだけどね。

最近視聴した早見沙織さんの登場作品:
『魔法つかいプリキュア!』 2016年 テレビ朝日
"Maho Girls PreCure!"(魔法使 光之美少女!), 2016, TV-AsahiHachan_mp_13_20160501
はーちゃん(CV:早見沙織さん)
Ha-chan (小哈, CV: HAYAMI, Saori)
quoted from #13
"A Fun Barbecue! I Found a Lot of Happiness!" (1 May 2016)

はやみん、まさかの妖精さん(笑)
『プリキュア』は小さい女の子に大人気の長寿番組。
アニメ志望の女性声優さんの多くが出演したいと願っている作品です。
はやみんのキャラクターは2009年の『東のエデン』から見てきましたが、妖精さん役を見るのは多分初めて。

番組開始当初は本当に赤ちゃんでしたけど、最近はちょっと大きくなって言葉を話すようになってます。表情豊かで可愛らしい。
ただ、天真爛漫なだけに、演じるのにはかなりの表現力が要求されるキャラクターだと思います。大人が子供を演じるのは基本的に無理があるんです。子役には絶対にかなわない。
声優のテクニックを使えば表面的にそれらしく演じることはできるでしょう。しかし、視聴者にはわかってしまう。はやみんがこの無茶をどう乗り越えていくのか注目です。
幼女を演じる声優さんではこおろぎさとみさん大谷育江さんなどが天才的だと思いますが、はやみんがこれらのベテランに迫る演技を見せてくれることを期待しています。

「はーちゃん」はおそらく物語の鍵を握る重要キャラクター。
このまま成長していくと、最終的にはプリキュアの二人よりも大きくなって、お姫様とか女王様などになったりするのかも。
演技の変化も楽しみですね。
難役ですが、はやみんならイケると思ってますよ。
最終的な評価は、来年のこの日まで待ちたいと思います (^-^)

『無彩限のファントム・ワールド』 2016年 BS11
"Myriad Colors Phantom World"(無彩限的幻影世界), 2016, BS11Rena_pw_4_20160129
和泉玲奈(CV:早見沙織さん)
IZUMI, Reina (CV: HAYAMI, Saori)
quoted from #4 "Fake Family" (29 Jan. 2016)

バイオハザードによって人間の脳機能が変化し、ファントム(いわゆる妖怪)が見えるようになった世界のお話。和泉玲奈は人間に悪さをするファントムを退治するチームの一員です。

しっかり化かされてますが(笑)

玲奈は厳しい家庭環境で暮らしていて、家に帰っても窮屈な思いをしているようです。そんな心の隙間を衝かれて、ファントムに疑似家族の幻影を見せられるというのが第4話のストーリーでした。
おじさん、なぜかうるうるしてもうた 。・゚・(ノ∀`)・゚・。
この作品とは関係ないけど、『異人たちとの夏』っていう小説を思い出したなあ。
この手の話に弱いんだろうなあ俺。
ちなみに、第4話はこの作品で最も印象に残った回です。

この回のはやみんは関西弁でした。それも似非ではなく、かなり再現度が高い関西弁だった。
両親のどちらかが関西人だという話をネットラジオで聞いたことがありますが、なるほど見事なものでした。本人は気が付いているかわかりませんが、ラジオでもたまに関西訛りを感じることがあります。微妙なんですけどね。
西の方では母音をやや強く発音する傾向があるようで、岡山県出身の金元寿子さんの台詞にもそういう訛りが残っていたことがありました。

『赤髪の白雪姫 2ndシーズン』 2016年 BSフジ
"Snow White with the Red Hair 2"(赤髮白雪姬 第二季), 2016, BS-Fuji
Snow_white_swr_15_20160201
白雪(CV:早見沙織さん)
Shirayuki (Snow White, CV: HAYAMI, Saori)
quoted from #15 "Indecision Caused By Confusion" (1 Feb. 2016)
*These quotations are grounded on the article 32 of the Copyright Law of Japan.
這些引用根據日本國版權法第32條

目立つ髪色のせいでいろいろと大変な目に遭ったりしますが、それにもめげず健気に暮らす少女。故郷の隣の国で宮廷薬剤師を目指しています。この国の第2王子と知り合った関係でね。
どちらかというと女性向けの作品なので、王子様とのラブロマンスも見どころのひとつだったりします。

この作品はね、絵もきれいだったけど、なにより音楽が抜群に良かった。繁忙期が終わったらサウンドトラックを購入する予定。

原作は少女漫画で、白泉社の作品です(「花とゆめ」連載)。
白泉社といえば、2年前にBSフジで『暁のヨナ』が放送されていました。主人公はやはり赤髪のお姫様で、白雪と同じく海賊にさらわれていたりしましたよね。
少女漫画ではありがちな展開なんでしょうか?
女の子は王子様に助けられたいみたいな願望があるんですかねー。

ところでこのシーン、白雪が隣国に逃れざるを得なかった原因を作った王子に招かれて、久しぶりに自国に戻った時のお話のものです。
王宮内の植物園で、白雪の向こう側に咲いている紫色の花は鉄線(クレマチス)といいます(ファンタジーの世界のお話なので、本当に鉄線がモデルになっているかどうかわかりませんけどね)。
鉄線は、今日5月29日の誕生花なんですよ。
はやみんのお誕生日記事にちょうどいいのでキャプチャーしてみました。

最近視聴したその他の作品:
『ビッグオーダー』 久能マリ
中二病全開なアニメ。「おいコラちょっと待て!!」っていう展開ですが、嫌いではないです(笑)
ただ、今はかなり忙しいので、全話視聴するのは夏以降になりそうです。

『早見沙織のふり〜すたいる♪』(ネットラジオ)
毎週聞いている番組のひとつ。
ラジオを聞いていると、頭の回転が速い人なんだなあと思います。声はもちろん好きなんですが、はやみんの明るい雰囲気が大好きなんです (^-^)

早見沙織_Installation_MUSIC VIDEO試聴

ワーナー ブラザース ジャパン

5月25日にはファーストアルバム"Live Love Laugh"が発売されます。
時空の歪みの関係でまだ発売されていないんだけど。

繁忙期が終わったら・・・・・・
CD買うんだ・・・・・・

死亡フラグ!!。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ラジオにメールはしないと思うけど(気恥ずかしくて、なんだかちょっと難しい・・・・・)、それでも陰ながら応援しますよ (^-^)

|

« 人を思うということ | トップページ | Happy Birthday 2016 (村川梨衣さん) »

Happy Birthday」カテゴリの記事

声優さん(個別)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/65276603

この記事へのトラックバック一覧です: Happy Birthday 2016 (早見沙織さん):

« 人を思うということ | トップページ | Happy Birthday 2016 (村川梨衣さん) »