« Happy Birthday (2015年10月第5週) | トップページ | Happy Birthday 2015 (豊崎愛生さん) »

2015-10-25

Happy Birthday 2015 (高垣彩陽さん)

東京では木枯らしが吹いたようで、いよいよ冬が近づいてます。自分はどちらかというと寒いくらいのほうが調子がいいので楽なんですけど。

近頃きれいな字を書く練習をしてるんですが、改めて漢字の書き順を調べてみたら自分の書き順と全然違ってて衝撃的でした (ノ∀`) これまでは読めればいいやくらいで生きてきたけど、書き順を守って書いた字はやっぱりきれいですね・・・・・・。もっと練習しよう。

それはそうと、今日は声優・高垣彩陽さんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

高垣彩陽  (TAKAGAKI, Ayahi)
誕生日:25 Oct 1985
血液型:A
誕生星:ファイ・ケンタウリ(ケンタウルスφ星)
花個紋:風車菊扇
誕生色:ローズグレイ
運命数:4
誕生日の干支:丁酉 (ひのととり)

あやひさん、今日で30歳。早いなあ・・・・・・。声優さんって全体的に若く見える人が多いから、まったく30代のイメージはありませんけどね。

最近視聴した高垣彩陽さんの登場作品:
『戦姫絶唱シンフォギアGX』 2015年 BS11
"Senki Zesshou Symphogear GX: Believe in Justice and Hold a Determination to Fist."
(戰姬絕唱 SYMPHOGEAR GX), 2015, BS11
Cris_symphogeargx_13_20151002
雪音クリス(CV:高垣彩陽さん)
YUKINE, Chris (雪音克莉絲, CV: TAKAGAKI, Ayahi)
quoted from #13 "Believe in Justice and Hold It Close" (2 Oct. 2015)

登場人物が歌の力で戦う作品。今回はちゃんと最終話まで見ましたけど、これまでのシリーズは見たり見なかったりだったので、この雪音クリスという人物がどういう人なのかよくわかってなかったりします (^-^;A) 今回の記事を書くにあたってpixivで調べてみたところ、正義感が非常に強く、音楽が好きな少女のようです。

あやひさんはご本人が音楽大学の声楽科出身のせいか、歌を歌うようなキャラクターを演じることが多いような気がします。ちなみに、アニメ作品であやひさんの歌をはじめて聞いたのは、7年前に放送されたバトルスピリッツ 少年突破バシンマイサンシャインが最初でした。その時は、歌は歌手が吹き替えてると思ってたんですよね。その当時の声優さんとしては相当に歌唱力が高かった。あの時の衝撃は忘れられません。

そういえば、スフィア(あやひさんが所属する声優ユニット)ってライブツアー中なんですよね。新曲が出ているので聞いてみるかなあ。

『ジュエルペット マジカルチェンジ』 2015年 テレビ東京
"Jewelpet Magical Change"(寶石寵物 魔法變身), 2015, TV-TokyoLarimer_jwpmc_30b_20151024
ラリマー(CV:高垣彩陽さん)
Larimer (拉莉瑪, CV: TAKAGAKI, Ayahi)
quoted from #30B "Ruby vs. Luea" (24 Oct. 2015)

サンリオキャラクター。あやひさんが担当するのはアイドルを目指すホッキョクギツネの少女です。今回のジュエルペットは魔法で人間化するという反則技を使うわけですが、ラリマーも美少女化します。変身後の姿は平野綾さんのお誕生日記事に載せたので、今回は変身前の姿をキャプチャーしてみました。これはこれでカワイイ(笑)

作品とはあまり関係ない話だけど、10月の初めに日本心理学会のシンポジウムに参加したんです。その時に、アニメのカット割りの話が出ていました。それ以来、画像キャプチャーするときに注意して見るようになりました。

アニメの動画を作るとき、フルアニメーションにする場合は1秒間に24カットの動画が必要です。しかし人間の認知の問題として、3分の1程度、1秒間8カットでも十分スムーズな動画として見せることができるという話でした。この1秒間8カットで動画を作る技法を、アニメ制作の世界では「3コマ打ち」といいます。(心理学では「仮現運動」という研究テーマに結び付いている話のようです)

こういった技法が特に有効なのは、主にスピード感が求められる場面です。『ジュエルペット』や『プリキュア』などの少女向け作品では、魔法の発動シーンや「変身バンク」と呼ばれる場面に適用されます。ただ、シーンのすべてを3コマ落としにしてしまうと違和感が出てしまうため、動き始めと終わりはフルアニメ、中割の部分を2コマ~3コマ落としにしていることが多いようですね。上のシーンをキャプチャーするときに注意して見たところ、まさにそのような作り方になっていました。なかなか興味深いです。

今後、アニメーション作品は心理学だけではなく、他の人文科学や社会科学分野からも研究されるようになります。今はまだ研究手法がまったく確立していませんが、そのうちアニメから面白い研究成果が出てくるといいですね。

最近視聴したその他の登場作品:
『うしおととら』 杜綱純

あやひさんというと、2年前に上演されたミュージカルを思い出します(『ZANA』)。とてもよかった。また舞台があれば見に行きたいです (^-^)

|

« Happy Birthday (2015年10月第5週) | トップページ | Happy Birthday 2015 (豊崎愛生さん) »

Happy Birthday」カテゴリの記事

声優さん(個別)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/62211297

この記事へのトラックバック一覧です: Happy Birthday 2015 (高垣彩陽さん):

« Happy Birthday (2015年10月第5週) | トップページ | Happy Birthday 2015 (豊崎愛生さん) »