« Happy Birthday 2015 (浅野真澄さん) | トップページ | Happy Birthday (2015年8月第6週) »

2015-08-28

Happy Birthday 2015 (水橋かおりさん、後藤邑子さん、雨宮天さん)

今日はなんとなく肌寒い一日でした。
もう夏も終わりです。

さて、今日は声優・水橋かおりさん、後藤邑子さん、雨宮天さんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

水橋かおりさん 1974年8月28日生まれ
後藤邑子さん  1975年8月28日生まれ
雨宮天さん    1993年8月28日生まれ

後藤さんはご病気でしばらく休養していたんですけど、近頃は少しずつお仕事も増えているようです (^-^)

ここから先は追記になります。
現在、2015年8月29日23時。
複数の女性声優さんのお誕生日が重なった場合、これまでは代表してひとりとか、別々の記事を立てるなどの対応をすることが多かったです。3名の記事をまとめて書くというのは、10年記事を書いてきて初めての試みになります。

まず、水橋かおりさん。最近はお声を聞いていないので参考画像はなしです。これまででもっとも記憶に残っているキャラクターは『魔法少女まどかマギカ』巴マミですね。魔女との戦いで壮絶な亡くなりかたをする女子中学生の役です。豊満すぎて中学生に見えませんでしたけど。

後藤邑子さん。さっき『ジュエルペットマジカルチェンジ』を見ていたら、ゲストキャラクターで登場していてびっくりしましたねー。「さっさと記事を書きやがれ」と言われているような気がしたので書きます(笑) 近頃、後藤さんのお声を聞く機会も少しずつ増えてきました。

参考画像:
Mikuru_nagatoyuki_2_20150412
朝比奈みくる(画像左、CV:後藤邑子さん)
ASAHINA, Mikuru (朝比奈實玖瑠, Left, CV: GOTO, Yuuko)
『長門有希ちゃんの消失』 2015年 BS11
"The Disappearance of Nagato Yuki-chan"
(小長門有希的消失), 2015, BS11
quoted from #2 "Joy to the World" (12 Apr. 2015)
Right: Tsuruya (鶴屋學姐, CV: MATSUOKA, Yuki)

この『涼宮ハルヒ』シリーズは世界的に有名で、アニメ好きな人なら知っている人も多いでしょう。朝比奈みくるというキャラクターも、日本だけではなく海外でもよく知られています。このシリーズは後藤さんの代表作といってもいいでしょうね。

ただ、自分はこのシリーズをほとんど見たことがありません。以前、WOWOWで一挙放送があった時に録画はしてあるんだけど、結局視聴したのは3話くらいです。時間的にあんまり余裕がなくてね。自分にとってあまり馴染みがないシリーズだから、今回の『消失』も視聴したのは2話まで。残りはHDD保存中です。このみくるって子がどんな子なのか、いまだによくわかっていなかったりします (^-^;A)

まぁ、茅原実里さん長門有希)のお誕生日(11月18日)までには全話視聴したいなあとは思っていますよ。

最後に雨宮天さん。
雨宮さんといえば一番に思い出すのが『アルドノア・ゼロ』アセイラム姫。ドツボだった(笑) 中身の雨宮さんには姫ほど興味がありませんでしたが、近頃はネットラジオの影響で好きになってます (^-^)

参考画像:
Isla_pm_13_20150628
アイラ(CV:雨宮天さん)
Isla (艾拉, CV: AMAMIYA, Sora)
『プラスティック・メモリーズ』 2015年 BS11
"Plastic Memories"(可塑性記憶), 2015, BS11
quoted from #13 "I Hope One Day, You'll Be Reunited"
(28 Jun 2015)
*These quotations are grounded on the article 32 of the Copyright Law of Japan.

”ギフティア”と呼ばれるアンドロイドの少女の役。アンドロイド製造メーカーで、使用期限を迎えるギフティアたちを市場から回収する部署に勤務しています。しかし、彼女もギフティア。定められた運命から逃れることはできません。アイラはこのシーンの直後に動力を切られて「回収」されていきます。第13話のエピソードタイトルになっている「いつかまた巡り会えますように(I Hope One Day, You'll Be Reunited)」というのは、彼女の最期の言葉です。

ストーリー的にはわりと古典的なものです。この手の話は、古くは手塚治虫の『鉄腕アトム』にも登場します(「ロボット流し」など)。しかし、設定に無理があるせいか、手塚作品ほどにはストーリーに入り込めないところがありました。

ギフティアは使用期限が切れると暴走して危険であるという設定になっています。これがまずありえない。そんなもの市場に放流するなよと。まぁ、アニメだからどんな設定でも自由でいいんだけど、なぜそういう製品が市場に出回っているのか説明が欲しいところです。通常、工業製品には「信頼性設計」が取り入れられています。不具合があっても最小限の機能を生かして運用可能だったり(フォールトトレラント)、危険がないようにシャットダウンするような機能(フェイルセーフ)があったりします。多くの困難を乗り越えて地球に帰還した小惑星探査機はやぶさを覚えている人も多いでしょう。日本の工業製品は信頼性が極めて高く設計されているんです。

それから、アンドロイドのギフティアたちがあまりにも人間に近すぎるということ。これも「いまいち萌えない」原因なのかなと思うんです。確かにキャラクター自体は非常に愛らしいですよ。アイラだって、人間としてみた場合は可愛くてたまんないくらいです。しかし、何かが違うんだなあ。

人間というのは、どういうわけか不完全なものに惹かれるところがあるようです。小さくて弱いもの、例えば赤ちゃんや子猫にキュンとくる心理に近いと思います。ぎこちない仕草のアンドロイドに、やがて愛の感情が芽生えて人間を愛し始める。不器用で滑稽なんだけど、機械であるがゆえに純粋で真っ直ぐに。手塚作品にはそういうロボットも登場しましたが、そっちのほうが視聴者の心に刺さるような気がするんだよね。『プラスティック』は、手塚治虫が生きていたら酷評されたかもしれません。

とかなんとか言いつつ、好きな声優さんが出演していると見てしまうわけですが(笑)

最近視聴した雨宮天さんの登場作品:
『パンチライン』 成木野みかたん
『Classroom☆Crisis』 白崎イリス
ほか

『花澤香菜・雨宮天のRADIO GREE NIGHT』 文化放送
『TrySailのTRYangle harmony』 文化放送 超A&G+

今日はここまで。
おまけ記事はまたあとで追記します。

|

« Happy Birthday 2015 (浅野真澄さん) | トップページ | Happy Birthday (2015年8月第6週) »

Happy Birthday」カテゴリの記事

声優さん(個別)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/61366939

この記事へのトラックバック一覧です: Happy Birthday 2015 (水橋かおりさん、後藤邑子さん、雨宮天さん):

« Happy Birthday 2015 (浅野真澄さん) | トップページ | Happy Birthday (2015年8月第6週) »