« 【時事】2015年2月11日 | トップページ | Happy Birthday (2015年2月第3週) »

2015-02-14

Happy Birthday 2015 (高森奈津美さん)

今日は、声優・高森奈津美さんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

高森奈津美 (TAKAMORI, Natsumi)
Date of Birth: 14 Feb 1987
Blood type: A


え? バレンタインデー?

なにそれ ヽ(゚∀。)ノ

・・・・・・と、まぁそんな茶番は置いといて(笑)

いろいろな作品で声を聞いてはいるんだけど、自分にとってはあまり馴染みがない声優さんです。今回のお誕生日記事も2012年以来3年ぶり。今年はお誕生日が休日に重なったし、現在視聴中の作品に登場しているので、久しぶりに記事を書くことにしました。

高森さんの演じたキャラクターで最も印象に残っているのは、5年前に放送された『ジュエルペットてぃんくる』の桜あかりです。高森さんが初めて演じたメインヒロインでした。

参考画像:
『ジュエルペット てぃんくる☆』 2010年 テレビ東京
"Jewelpet Tinkle"(寶石寵物 Tinkle☆), 2010, TV-Tokyo
Akari_jwpt_45_20110205
桜あかり(CV:高森奈津美さん)
SAKURA, Akari (樱明, CV: TAKAMORI, Natsumi)
quoted from #45 "Operation: Love Love Doki☆Doki!"
(5 Feb. 2011)


最初の頃は演技が不安定な感じがして、それこそ毎週ドキドキものだったんです。しかし、回を追うごとに、あかりとのシンクロ率が上がっていくのがわかりました。最終回の頃には、もうあかりは高森さんの声以外ありえないってくらいになっていたと思います (^-^)

2011年3月、ちょうど最終回直前の頃に東日本大震災がありました。それもまたこの作品を忘れられない理由になっていたりします。夢や希望をあきらめない子供たちの姿に、おっさんのおいらですら目頭が熱くなったものです (ノД`)

最近視聴した高森奈津美さんの登場作品:
『デンキ街の本屋さん』 2014年 BS11
"Denkigai no Honya-san"(電器街的漫畫店), 2014, BS11
Hiotan_uma_2_20141011
ひおたん(CV:高森奈津美さん)
Hio-tan (小日, CV: TAKAMORI, Natsumi)
quoted from #2 "Is Electric Town Burning?"
(11 Oct. 2014)


秋葉原の本屋でバイトする女の子の役。
あられもない姿になってますが (ノ∀`)
舞台は秋葉原だけど、いかにアキバといえども、ここまで過激なイベントはなかったはず(笑)

この作品は深夜アニメなのでね、たまに温泉シーンとかのお約束が入るわけですが、登場する女の子たちはどいつもこいつもおたくなのでねー。色気もへったくれもありませんでしたわ 。・゚・(ノ∀`)・゚・。 バイトの女の子たちの中ではこの子が一番マシなくらいです。

いつもは積極的に視聴するような作品ではないので、視聴前はあまり期待してませんでした。視聴してみたらなかなか面白かったですけどね。なんにせよ、のめり込める趣味があるっていうのは素敵なことですな。真剣であればあるほど、周りから見たら滑稽に見えるのかもしれないけどね。おたくっていうのは、漫画や小説の素材としていじりやすいかもしれませんね。

この作品の視聴のきっかけは、例によって竹達彩奈ちゃん 腐ガール 役)でした。あやなちゃん大好きなんですけど、この子が出演する作品って、自分的には微妙なものが多いんだよな。だから今回もダメかなと思ってたんだけど、この作品は楽しめました (^-^)

『アイドルマスターシンデレラガールズ』 2015年 BS11
"The iDOLM@STER Cinderella Girls" (偶像大師 灰姑娘女孩), 2015, BS11
Miku_imas_3_20150124
前川みくCV:高森奈津美さん)
MAEKAWA, Miku (前川未來, CV:TAKAMORI, Natsumi)
quoted from #3 "A Ball is Resplendent, Enjoyable, and..."
(24 Jan. 2015)


アイドルのたまごの役(ざっくり)。
「~にゃ」っていう語尾で、いかにもな感じのアイドルです。若干イラッとしますが、あれがかわいいって感じるファンも多いのでしょう(笑)

第3話は、メインキャラクターの3人がアイドルとして初めて舞台に立つ回でした。おいらはアイマスもラブライブも、それほど深い思い入れはありません。ゲームもやったことないし、アニメになってるから見てるだけ。しかし、第3話の初舞台の緊張感は、キャラクターたちに特別な思いがない自分にも訴えかけてくるものがありました。この回の終わりには謎の感動。2回か3回見たら冷凍庫保存(HDD保存)にしようかなと思ってた作品だけど、続けて視聴することにしました (^-^)


今年放送予定の作品:
『放課後のプレアデス』 すばる



人気ブログランキングへ

おまけ記事に続く↓

誕生日占い:

誕生星:デネブ・アルゲティ(山羊座δ星) 39光年
星言葉は「情の深い自己犠牲」だそうです。高森さんについてはあまり情報がなくて、本当にどんな人かよくわかりません。最初に声を聴いた桜あかり(『ジュエルペットてぃんくる』)の印象が強かったので、以前はゆるふわ天然系の女性(例えば茅野愛衣さん )をイメージしてましたが、どうやら全然違うみたいです。どちらかというと姉御肌なのかな?

誕生色:海松色(みるいろ)
手元の『誕生色事典』 によると「都会的なセンスを備えた人」だそうです。確かに高森さんの画像を見ると、わりとクールな感じがしないでもありませんね。なんだろう。バレンタインデーにはチョコレートあげるよりも、女子からチョコレートたくさんもらえそうな(笑)

運命数:5
誰からも愛される資質があります。行動力があって、冒険的なところもある人です。ただし、深く考えないで行動を起こすようなところがあるので注意が必要です。

誕生日の干支:甲午 (きのえうま)
まっすぐで、人を引き付ける魅力を持った人です。大きな愛で人を支える運命の人。ただ、そういう人は大きなものを背負っている分、案外孤独なものだったりします。純粋で、他人に細かい気を配ることができるということは、人には見えないものが見えるということ。他の人には笑って許せることも、高森さんには許せないことがあるかもしれません。そんな時は、身近にいる大切な人たちのことを心に思い浮かべるといいでしょう。

西洋数秘術の運命数5、東洋十干十二支の甲午、どちらの占いを参照しても、高森さんは人を引き付ける魅力を秘めた人物のように見受けられます(ホントにそうかどうかは置いといて、あくまで占い上ではという話)。恋愛ではその魅力が大きなアドバンテージになるでしょう(あくまで占い的な話で。大事なことなので二度書きました 笑)。

さらに、恋をすると自分から突っ込むタイプなので、婚期はご本人の思いのまま。

まぁ、

ホントにそうかは知らんけど(笑)

|

« 【時事】2015年2月11日 | トップページ | Happy Birthday (2015年2月第3週) »

Happy Birthday」カテゴリの記事

声優さん(個別)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/58931145

この記事へのトラックバック一覧です: Happy Birthday 2015 (高森奈津美さん):

« 【時事】2015年2月11日 | トップページ | Happy Birthday (2015年2月第3週) »