« 佐藤利奈さん (SATOU, Rina) | トップページ | 平野綾さん (HIRANO, Aya) »

2014-05-04

【演劇】レディ・ベス(平野綾さん)

昨日は帝国劇場で『レディ・ベス』を観てきました。主人公のレディ・ベス(後のエリザベス1世)を演じているのは平野綾さん です。去年は『レ・ミゼラブル』でエポニーヌを演じてましたね。

エリザベス1世女王といえば、イギリス史上屈指の名君。しかし、波乱に満ちた人生を送った人でもありました。今回はエリザベスが「レディ」と呼ばれていた時代のお話で、苦難の末に英国女王になるまでが描かれます。ここで簡単に状況を説明しておきます。

エリザベスが「レディ」と呼ばれるのは、彼女が庶子だったから。誕生してから母親のアン・ブーリン(ヘンリー8世の2番目の妃)が処刑されるまでの間、彼女は「プリンセス」と呼ばれていましたが、ヘンリー8世が新たな妃を迎えると王位継承権を失って「レディ」と呼ばれるようになりました。

姉のメアリー1世は、ヘンリー8世の最初の妃(キャサリン・オブ・アラゴン)の娘でエリザベスとは異母姉妹です。この姉もエリザベス同様に、かつて王位継承権を剥奪されたことがありました。その原因は、ヘンリー8世がキャサリン・オブ・アラゴンを離縁してエリザベスの母親(アン・ブーリン)と再婚したから。母親から引き離され、王位継承権も剥奪されます。彼女に代わって新たにプリンセスとなった異母妹に対して臣下の礼を取らされる屈辱。そんなわけで、姉妹とはいえエリザベスのことを目の敵にするわけです。

そこに宗教的な問題も絡んでいるからちょっと複雑なんですね。まず、カトリック(キリスト教旧教)では離婚が認められていません。しかし、ヘンリー8世は男の子の世継ぎがどうしても欲しかったから、女の子しか生まなかった妃を離縁したい。そこで、彼はカトリックを離れて「イギリス国教会」というのを作っちゃうんですね。ウルトラCでございます。エリザベスは父と母の結婚を正当化したいのでイギリス国教会派です。

しかし、姉のメアリーは、父と母(キャサリン・オブ・アラゴン)との離婚は無効であるとしたい。カトリックの教義に従えば、唯一の王位継承者はメアリーであって、エリザベスは庶子であり王位継承者ではない。というわけで、メアリーはカトリック派です。そのため、彼女はプロテスタント派(キリスト教新教)を徹底的に弾圧し、「ブラッディー・メアリー」などと呼ばれました。

ちなみにこの頃の日本は戦国時代。エリザベス1世が生まれたのが1533年9月7日で、同時代の人物としては織田信長などがいました(信長の誕生日には1534年6月23日説があります)。世界的に荒れた時代だったんですね。

歴史の話はここまで。今回のお目当ての平野綾さんです。ホント、見事なものでした。最初に出てきたとき、「あれ、別のキャストの日を予約しちゃったかな?」と思ったくらい。去年のエポニーヌも確かによかったんだけど、若干声量が足りなかったかなと思ってたんです。それが、今年はそんなこと微塵も感じさせないようなパフォーマンスでした。曲名はわからないけど、前半の最初のほうで歌った歌にしびれましたね。「私は偉大な王の娘」(というような歌詞)というところに王女の威厳や気品を感じました。

物語の中盤で、エリザベスは謀反の疑いをかけられてロンドン塔に幽閉されます。この辺りは、声優としての平野さんを知っている人であれば何かしら感じることがあるんじゃないでしょうか。平野さん自身、妙な噂をたてられて大変だったことがありました。しかし今回の作品を見て、そういう噂は今回の役を演じるためにあらかじめ用意された試練だったのかもしれないとすら感じます。おいらは神様なんて信じないからもっと現実的な言い方をすると、平野さんは辛いことを糧にして今回の役をつかみ取ったのだろうと思います。本当に見事なレディ・ベスでした。

なんにせよ、この人は本物だと思う。中途半端な人間にあれだけの演技ができるとはとても思えません。おいらは自分の目を信じます。仮に見立てが間違っていたとしても、それはすべて自分の責任。誰かのファンを名乗るということ、誰かを愛するということには本来そのくらいの覚悟が必要だと思うんです。

話が変な方向に行っちゃいましたが・・・・・・。
今回は平野さん以外のキャストの皆さんも素晴らしかった。特にアン・ブーリン役の和音美桜さん声の美しさときたら・・・・・・(*´∀`) 声フェチにはたまらない(笑) 至高の休日でした。

また機会があれば帝国劇場へ足を運びたいと思います。

|

« 佐藤利奈さん (SATOU, Rina) | トップページ | 平野綾さん (HIRANO, Aya) »

声優さん(個別)」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/56049075

この記事へのトラックバック一覧です: 【演劇】レディ・ベス(平野綾さん):

« 佐藤利奈さん (SATOU, Rina) | トップページ | 平野綾さん (HIRANO, Aya) »