« Happy Birthday (小倉唯さん) | トップページ | Happy Birthday (浅野真澄さん) »

2013-08-16

Happy Birthday (喜多村英梨さん)

今日は声優・喜多村英梨さんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

KITAMURA Eri (Eri Kitamura, Japanese Voice Actor / Singer)
Date of Birth: 16 Aug 1987
Hometown: Tokyo, Japan
Blood type: A
Birthstone: Labradrite (曹灰長石)
Birth flower: Bougainvillea (筏葛)
Fate number: 22


Recent release:
Birth(初回限定盤)
B00CU9XRJU | キングレコード | ¥ 1,890 | 2013-08-06

Birth(初回限定盤)



上のリンク画像を見ていただいてもなんとなくわかるかと思いますが、大変お美しい方です。だから、ちょっと苦手。昨日の小倉唯さん の記事でも書いたけど、こういう人たちの虜になってしまったら、おいらはきっと奴隷のようになってしまうと思うのですよね・・・・・・。女性声優さんたちには、抗いがたい魔力があると思います。


最近視聴した喜多村英梨さんの登場作品:
Eri's anime works I recently watched:


『幻影ヲ駆ケル太陽』 2013年 BS11
"
Day Break Illusion"(幻境之光 il sole penetra le illusioni), 2013, BS11

Seira_genei_3

星河せいら(CV:喜多村英梨さん)
HOSHIKAWA Seira (星河聖羅, CV: KITAMURA Eri)

第3話「とむらいの声」より引用。
quoted from #3 "Voices of Condolence"


世界に災厄をもたらす悪魔のタロット(ディアボロス・タロット)と、それに対抗するエレメンタル・タロットとの戦いのお話。喜多村さんが演じるのはエレメンタル・タロットの使い手の少女。クールで、中途半端なことが大嫌い。なんとなく喜多村さん本人のイメージと重なるキャラクター。

かなり凄惨なシーンも出てくる作品です。今期のBS11では魔法少女モノが何作品か放送されていますが、『ファンタジスタドール』 『カードキャプターさくら』 的な一方で、『幻影ヲ駆ケル太陽』『まどかマギカ』 的な感じです。

この作品では心の弱い人間が悪魔のタロットに体を乗っ取られるわけですが、そういう状態になってしまったら、もうその人間を救うことができません。殺さざるを得ない。主人公の太陽あかり(CV:門脇舞以さんは、悪魔化した人間の生の声を聞くことができるので討伐を躊躇してしまいますが、せいらはそんなあかりの態度を許すことができないようです。

喜多村さんの声を最初に聞いたのが『BLOOD+』音無小夜役)だったせいか、それ以来クールな役を演じる印象が強い声優さんです。実際にはコミカルな役も少なくないんですけど、自分的にはそうなんです。イメージカラーは青。これは多分、『フレッシュプリキュア』キュアベリー『まどかマギカ』(美樹さやかの影響でしょうね。


『這いよれ! ニャル子さんW』 2013年 テレビ東京
"
Nyarko-san: Another Crawling Chaos W"(襲來!美少女邪神 第二季), 2013, TV-Tokyo

Mahiro_nyarukow_12

八坂真尋(CV:喜多村英梨さん)
YASAKA Mahiro (CV: KITAMURA Eri)

第12話「さようならニャル子さんW」より引用。
quoted from #12 "Goodbye, Nyaruko-san W"


宇宙からやってきた少女から強引に言い寄られる少年の役(笑)

男の子を演じる女性声優さんは多いですけど、男子高校生となるとかなりハードルが上がると思われます。しかし、喜多村さんが演じる真尋はあまり違和感がありません。もしかすると、喜多村さんは男性的な性格なのかもしれませんね。


『絶対防衛レヴィアタン』 2013年 テレビ東京
"
Leviathan: The Last Defense"(絕對防衛利維坦), 2013, TV-Tokyo

Bahamut_leviathan_13

バハムート(CV:喜多村英梨さん)
Bahamut (CV: KITAMURA Eri)

アクアフォールという惑星が舞台のお話。隕石から湧いてきた侵略者(虫)からアクアフォールを守るために少女たちが戦います。喜多村さんが演じたのは、火の魔法を操る竜族の少女。

喜多村さんが演じるキャラクターは活発な少女が多いような気がしますね。おとなしいキャラクターがあまりないような? 最近見た作品だと『みなみけ』 内田 くらいだったかなー。やっぱり、アニメ作品のキャスティングって演者本人のイメージに引っ張られることが多いのかもしれませんね。まぁ、皆さんプロだから、どんな役でもきっちり演じるんだと思いますけど。


今日はここまで。

喜多村さんは今、タロットカードがモチーフになっている作品にご出演されているということで、喜多村さんの運命を支配するカードというのをネットで調べてみました(おいら、中学生まではオカルト少年(笑)だったので、当時だったら自分で占うこともできたんだけど、今はさすがにちょっと無理です)。いくつかのサイトを見て廻ったところ、喜多村さんのカードは「皇帝」のようですね。強い信念を持った、男性的な人物。周りの人を引っ張っていく力がある人ということらしいです。芸術関係の仕事で成功しやすい。カリスマ性があるってことなんでしょう。

それに加えて、カバラ数秘術によると、喜多村さんの運命数は22。これは「大幸運星」と呼ばれるもので、「不幸になることができない」星まわりのようですね。女性声優さんでは三森すずこさん が同じ数字を持っています(ただし、喜多村さんと三森さんは相性最悪らしい。天に二つの日あるなし)。あまりに強すぎる運は逆によくないとも言われるので、ちょっと心配ではありますが・・・・・・。


これからも応援します。
新曲は例によってハードな感じなので、深夜勤務のときに聞いて気合いを入れようと思います (^-^)


*These quotations are grounded on the article 2 and 32 of the Copyright Law of Japan.


過去記事:

【声優さん】えりゆか 2010年
Happy Birthday(喜多村英梨さん) 2010年
【2011年冬アニメ】こどものじかん(再) 2011年
【2011年冬アニメ】お兄ちゃんのことなんか(略 2011年
Happy Birthday(喜多村英梨さん) 2011年
Happy Birthday(喜多村英梨さん) 2012年


おまけ:
こどものじかん 九重りん (1/6スケールPVC塗装済み完成品)
B000IM2M9W | Max Factory | ¥ 6,800 | 2006-12-28


こどものじかん 九重りん (1/6スケールPVC塗装済み完成品)

『こどものじかん』 九重りん(CV:喜多村英梨さん
"
A Child's Time"(萌少女的戀愛時光),
KOKONOE Rin (九重凜, CV: KITAMURA Eri)

喜多村さんが演じたキャラクターで最も印象に残っているのは、やっぱりこの子でした。こんな子が身近にいたらと思うと恐ろしい・・・・・・。

|

« Happy Birthday (小倉唯さん) | トップページ | Happy Birthday (浅野真澄さん) »

Happy Birthday」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/52905739

この記事へのトラックバック一覧です: Happy Birthday (喜多村英梨さん):

« Happy Birthday (小倉唯さん) | トップページ | Happy Birthday (浅野真澄さん) »