« Happy Birthday (福原香織さん) | トップページ | Happy Birthday (小倉唯さん) »

2013-08-12

Happy Birthday (阿澄佳奈さん)

今日は、声優・阿澄佳奈さん のお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

ASUMI Kana (Kana Asumi, Japanese Voice Actor)
Date of Birth: 12 Aug 19XX
Hometown: Fukuoka, Japan
Blood type: A
Birthstone: Concha agate (瑪瑙)
Birth flower: Hibiscus (仏桑華)
Fate number: 5

Recent release:
シスコイ!
B00CSKRKSU | ジェネオン・ユニバーサル | ¥ 3,150 | 2013-08-09

シスコイ!

今日の主役のあすみんは超人気声優さんなので、今期もいろんなところでお声を聞いています。うちのブログのお誕生日記事には「最近視聴した~さんの登場作品」というコーナーがあるのですが、あすみんの場合は記事にする作品を絞り込むのが大変なくらいです。そんなわけで、今日は時間的に記事を完成させることができなそうなので、続きは追記で書きます。

今日はとりあえず、昨日うちに届いたCDについて。上にも画像リンクを張りましたけど、このCDが今、なぜか手元にあったりします(笑) 「ダミーヘッドマイク」という特殊なマイクを使って収録された作品です。イヤホンやヘッドホンで聞くと、耳元でささやかれているような感じがするんです。何年か前に、ゲーム『ときめきメモリアル4』 で体験済みなんだけど、ホントにたまらんのです。『ときメモ』のときは福圓美里さん の声で萌え死にそうになりました ヽ(゚∀。)ノ

今回はですね、

長女(みそら、リスナーの姉):かなえちゃん伊藤かな恵さん
次女(渚、リスナーの妹):あすみん阿澄佳奈さん
三女(日向、リスナーの妹):かやのん茅野愛衣さん


というラインナップです。これだけでもうたまりませんわ。

脳ミソとろけそう!! (;゚∀゚)=3

本当は全員姉だったらよかったんだけど、それは個人的な趣味なのでひとまず置いておく(笑) かなえちゃんは自分にとって妹イメージの声優さんだし、かやのんは姉イメージの人なので、今回の配役はちょっと意外でした。かやのんは中学生役にしては声がやや幼すぎる感じですが、まあまあいける。

昨日届いたばっかりなのでまだ全部聞いてないんですが、前半部分だけでも相当な破壊力です。耳元でささやかれるあの感じ・・・・・・。くすぐったいやら恥ずかしいやら・・・・・・。普段TVから流れてくる声とはまた違った印象です。ゾクゾク来ちゃう。

自分でもちょっとおかしいと思うんだけど、あの人たちの声には抗いがたい魔力があるんです。もうどうにでもしてっていう気持ちになっちゃう・・・・・・。制御不能なんであります。声優さんたちに本気で惚れちゃう人も世の中にはいるようだけど、なんとなくわかるような気がしてきたよ。きっと、女性声優さんたちの声には一種の催眠効果があるんだと思う。好みの声は人それぞれだろうけど、自分にとってこの三人の声は特に洗脳効果が高いと思います ヽ(゚∀。)ノ


ここから先は追記です。現在時刻、2013年8月15日22時30分。

最近視聴した阿澄佳奈さんの登場作品:
Kana's anime work I recently watched:

『這いよれ! ニャル子さんW』 2013年 テレビ東京
"Nyarko-san: Another Crawling Chaos W"(襲來!美少女邪神 第二季), 2013, TV-Tokyo

Nyaruko_nyarukosan_w_6
*This quotation is grounded on the article 2 and 32 of the Copyright Law of Japan.

ニャルラトホテプ(ニャル子、CV:阿澄佳奈さん)
Nyarlathotep (Nyaru-ko, CV: ASUMI Kana)

第6話「エンジテミル」より引用。
quoted from #6 "Yotte S.O.S."


主人公の少年を保護するためにやってきた宇宙人の役。少年に好意を持っていて、その迫り方が尋常じゃないです。

おいらは強引な女の子ってものすごく苦手でねー。きっと子供の頃のトラウマなんだろうけど、グイグイ押してくる女の子には恐怖や、気持ち悪さすら感じることがあるんですね。そこらへんはおっさんになったいまでも基本的には変わっていないような気がします。そんなわけで、ニャル子は自分にとって非常に苦手なキャラクターなんです。

しかし逆に考えると、そういう苦手な感情が湧きあがってくるということは、それだけあすみんの表現力が素晴らしいということなんじゃないかと思うんですよね。今回画像引用をかけた第6話の画像は、ニャル子が主人公の少年に馬乗りになって、自分を愛しているかどうか激しく問い詰めるシーンです。各作品でヒロインが最も輝くシーンがいくつかあるわけですが、このシーンは『ニャル子さん』の中でそんな「名場面」のひとつなんじゃないかと思います。ニャル子はとても苦手なキャラクターなんだけど、それだけに最も印象に残るキャラクターでもあるんですよ。


今回は記事が長くなってしまうので他の作品からは画像引用しませんが、あすみんは他にも多くの作品にご出演しています。最近視聴した作品で印象に残ったのは、『プリティーリズム・レインボーライブ』(涼野鶴役)。メインキャラクター・涼野いと(CV:小松未可子さんの母親役です。あすみんが母親役を演じているの、初めて聞いた! このシリーズの第1作目、『プリティーリズム・オーロラドリーム』 ではメインキャラクターの春音あいら を演じていたわけですが、まさかこういう形で再登場するとは思いませんでした (^-^)

あすみんも30代突入ですからねー。これからは少しずつ演じる役柄も変わっていくんでしょうね。

今回はここまで。

いつも素敵な声をありがとうございます。
あすみママは期待できるな~ (゚∀゚)



過去記事:
【アニメ】ひだまりスケッチ×365 2008年
【アニメ】うみものがたり 2009年
Happy Birthday 2009年
【声優さん】脳内嫁 2010年
【声優さん】ブログエントリーの裏話的なこと 2010年
【アニメ】アマガミSS 2010年
Happy Birthday(阿澄佳奈さん) 2010年
Happy Birthday(橘美也さん) 2011年
【アニメ】アニメ(つづき) 2011年
Happy Birthday(阿澄佳奈さん) 2011年
【声優さん】神のみぞ知るセカイ Character Cover Album 2011年
【アニメ】世界に広がる日本のアニメ(もう、パートいくつか忘れた) 2012年
Happy Birthday (阿澄佳奈さん) 2012年
【声優さん】2012年度脳内嫁 ヽ(゚∀。)ノ 2012年

いつの間にか、こんなに記事を書いていたとは。これでも主なものだけなんですけどね。これはもう、ファンといっていいレベルかもしれないなー。


おまけ1:
WORKING!! ねんどろいど 種島ぽぷら (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)
B006NVPQNG | Max Factory | ¥ 3,800 | 2012-04-21

WORKING!! ねんどろいど 種島ぽぷら (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)

『WORKING!! 』 種島ぽぷら(CV:阿澄佳奈さん
"Wagnaria!!"(WORKING!! 迷糊餐廳), TANESHIMA Popura (種島白楊, CV: ASUMI Kana)


最初はなんとなく苦手な声優さんだったあすみん。本格的に好きになったのは、多分この作品くらいからだったのだろうと思います。主人公の少年がバイトしているファミレスの先輩アルバイター。年齢は少年よりも上なんだけど、背がちっちゃいので頭ナデナデされたりします(笑) 「ちっちゃくないよっ!」っていう台詞がむちゃくちゃカワイイ。

主人公の小鳥遊君は、この先輩のおかげでロリコン 小さいもの好きが悪化しましたけど、おいらはこの作品のおかげで「阿澄病」がだいぶ悪化しました(笑)


おまけ2:


『プリティーリズム・オーロラドリーム』  春音あいら (CV:阿澄佳奈さん
"Pretty Rhythm: Aurora Dream"(星光少女 極光之夢)
HARUNE Aira (春音艾菈, CV: ASUMI Kana)


2年前の作品ですが、なぜかいまだに世界各国から画像検索がかかります。特に中華圏では人気があるようです。キャラクター的にはみおん様(高峰みおん、CV:榎あづささんがサイコーにかわいかったんだけど、声優さんではやっぱりあすみんが好きでした (^-^)

|

« Happy Birthday (福原香織さん) | トップページ | Happy Birthday (小倉唯さん) »

Happy Birthday」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/52853903

この記事へのトラックバック一覧です: Happy Birthday (阿澄佳奈さん):

« Happy Birthday (福原香織さん) | トップページ | Happy Birthday (小倉唯さん) »