« Happy Birthday (石原夏織さん) | トップページ | 【声優さん】メロメロファイルその2 »

2012-08-12

Happy Birthday (阿澄佳奈さん)

今日は、声優・阿澄佳奈さん のお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

ASUMI Kana (Kana Asumi, Japanese Voice Actor)
Date of Birth: 12 Aug 1983
Hometown: Fukuoka, Japan
Blood type: A


Resent release:
寝起きにポテトチップス DVD (Japan domestic only)
*Above: Kana Asumi
  Below: Miyu Matsuki


寝起きにポテトチップス DVD

阿澄さんのお誕生日記事を書くのは何年目になるんでしょうかねー。もう4年くらい書いているような気がします。記事を書いている自分もそうですけど、阿澄さんの年齢も当然増えていくわけで、今年はついに29歳だそうですよ。うちのブログでは30歳以上の女性声優さんたちは基本的に「妖精さん(17歳)」扱いになってしまうので、人間扱いとしては最後の記事になっちゃうのかも(笑)

最初は好きなタイプの声優さんではなかった阿澄さんですが、知らん間に好きになっていたなあ。まさに這いよる混沌?


最近視聴した阿澄佳奈さんの登場作品:
Kana's anime works I recently watched:


『Working'!!』 2011年 BS11
"
Wagnaria!! Season 2"(迷糊餐廳第二季), 2011, BS11

Popura_wkg2_12

種島ぽぷら(CV:阿澄佳奈さん)
TANESHIMA Popura (種島白楊, CV: ASUMI Kana)

第12話「さよならぽぷら」より引用。
quoted from #12 "Farewell Popura"

Viewer Estimation: (as of 12 Aug 2012 ):
Weighted mean on ANN: 7.936 (seen by 559 users, Very good)
Score on MyAmimeList: 8.14 (scored by 15704 users)


北海道のとあるファミリーレストランを舞台に展開するドタバタコメディ。

それほど最近の作品というわけでもないんですけど、ぽぷらがかわいかったので載せてます。この間、広橋涼さん のお誕生日記事を書いた時に久しぶりに視聴しました。ぽぷらは女子高生の設定ですが、背がちっちゃくて小学生くらいにしか見えません。主人公の少年(ポプラの後輩)に「小さくてかわいい」って頭をナデナデされると「ちっちゃくないよっ!」って言い返すのがお約束みたいになっていて、それがもうかわいくてたまらない (*´∀`) この頃までは「阿澄さんのキャラクター=小さくてかわいらしい」っていうイメージでした。

この作品は2012年に舞台化されていて、阿澄さんは常連客役としてゲスト出演してらっしゃいました。見たかったなー。


『アマガミSS+ plus』 2012年 TBS
"
Amagami SS+ plus"(聖誕之吻SS+ plus), 2012, TBS

Miya_amagamiss_13

橘美也(CV:阿澄佳奈さん)
TACHIBANA Miya (CV: ASUMI Kana)

第13話「橘美也編 オンセン」より引用。
quoted from #13 "Tachibana Miya Special: Hot Spa"
 

Viewer Estimation: (as of 12 Aug 2012 ):
Weighted mean on ANN: 7.502 (seen by 378 users, Very good-)
Score on MyAmimeList: 7.65 (scored by 10022 users)


恋愛シミュレーションゲームが原作の作品。主人公の少年は6人のヒロインたちと恋をしますが、各ヒロインたちのストーリーはそれぞれ独立していて、オムニバス形式の作品になっています。今回は各ヒロインに2話ずつが割り当てられていました。そうすると「13話」というのは計算が合わないわけですが、この回はおまけのようなものでした。女の子が多数登場する作品では、海水浴とかプールとか温泉とか、とにかく女の子たちの肌の露出が多い「お約束回」というのがあります。第13話は温泉回だったわけ。美也のお風呂シーンもあったんですけどね、この子は色気に欠けるからなあ (ノ∀`) あえてキャプチャーしませんでした。

ちなみに橘美也はヒロインではなく、主人公の少年の妹です。ゲームでは攻略不能キャラクターでした。残念ながら。兄のことを子猫みたいな声で「にいに~」って呼ぶんですけどね、それがもうホントにかわいいんですわ。映像を引用できないのが残念ですね。YouTube で探してみましたけど、著作権的に微妙なものがほとんどで使えませんでした。


『ブラック★ロックシューター』 2012年 BSフジテレビ
"
Black★Rock Shooter"(黑岩射手), 2012, BS Fuji-TV

Yu_brs_7

神足ユウ(ストレングス、CV:阿澄佳奈さん)
KOUTARI Yuu (Strength, CV:ASUMI Kana)

第7話「闇を駆ける星に願いを」より引用。
quoted from #7 "Wish Upon a Star When Running Through Darkness"
 

Viewer Estimation: (as of 12 Aug 2012 ):
Weighted mean on ANN: 6.817 (seen by 622 users, Good-)
Score on MyAmimeList: 7.36 (scored by 19908 users)


最近見た阿澄さんのキャラクターのなかではかなり異質でした。この作品は全8話という短さで、なおかつ自分はそのうちの3話くらいを見損ねているので、途中で筋がよくわからなくなりました 。・゚・(ノ∀`)・゚・。 精神世界で少女たちが戦うようなお話だったっていうのはなんとなくわかる。阿澄さんが演じた神足ユウは、いろいろとトラウマを抱えていたようで、心の中に別人格があった・・・・・・だったよね、確か? もう、なんかすごいうろ覚え。

内容のほうはそんな感じで謎なんですけど、阿澄さんの演技はなかなかよかったんです。神足ユウの声を最初に聞いた時、誰だかわからなかったですよ。阿澄さんの声ってものすごく特徴があって、この世界に二人といないような感じなんです。それが、この作品ではかなり特徴が抑えられていて(ストレングスのほうは阿澄さんらしい感じでしたけど)、阿澄さんに対する印象がかなり変わりました。


『あの夏で待ってる』 2012年 BS11
"
Waiting in the Summer"(在那個夏天等待), 2012, BS11

Mio_natsumachi_10

北原美桜(CV:阿澄佳奈さん)
KITAHARA Mio (CV: ASUMI Kana)

第10話「先輩と僕らの」より引用。
quoted from #10 "Senpai's and Ours"(學姐與我們的)
 

Viewer Estimation: (as of 12 Aug 2012 ):
Weighted mean on ANN: 8.004 (seen by 845 users, Very good)
Score on MyAmimeList: 7.90 (scored by 18241 users)


6日前の石原夏織さん のお誕生日記事でも取り上げた作品。宇宙人は出てきますけど、基本的にはラブストーリーがメインです。登場人物はそれぞれ恋をするわけですが、それが A→B→C→D みたいな片思いでもどかしい。自分が好きな相手は、自分以外の誰かが好き。まぁ、現実にもありがちな恋愛物理法則(笑)ですよ。結局、うまいこといったのは主人公の少年と先輩さん(貴月イチカ、CV:戸松遥さん)だけでした。

阿澄さん、ネットラジオでは「こういう経験がないから演じるのが難しい」みたいなことを言ってましたけど、美桜はよかったですよ~。せつなくてたまらない。キュンキュンしますわー。こんな子に目の前で泣かれたら、どうしたらいいかわからなくなるよ。「・・・・・・好き」って言われた時点で落ちるね俺は(笑)


『這いよれ!ニャル子さん』 2012年 テレビ東京
"
Nyarko-san: Another Crawling Chaos"(襲來!美少女邪神), 2012, TV-Tokyo

Nyaruko_haiyore_82

ニャルラトホテプ(ニャル子、CV:阿澄佳奈さん)
Nyarlathotep (
Nyaru-ko, CV: ASUMI Kana)

第8話「ニャル子のドキドキハイスクール」より引用。
quoted from #8 "Nyaruko's Exciting High School"
 

Viewer Estimation: (as of 12 Aug 2012 ):
Weighted mean on ANN: 7.131 (seen by 448 users, Good)
Score on MyAmimeList: 7.31 (scored by 11737 users)

Gimme chu !! ヽ(゚∀。)ノ


実は、ニャル子自体はとても苦手なキャラクターなんですが、この作品のエンディングテーマ曲「ずっと Be With You」がやたらかわいくてですね、今も仕事の行き帰りに聞いていたりします。歌詞は「ちゅう」で韻を踏んでいて、ものすごく耳に残る曲です。

 

もうちょっとちゃんとしたPVがあればいいんですけど、法律的に問題なく使えそうなのはこのあたりが限界です。

この作品は他の作品のパロディがやたら多いんですよね。引用した画像は、アニメ好きの人にはわりと有名なシーンなんです。『涼宮ハルヒの憂鬱』 のワンシーン。それに、この回(第8話)そのものがゲーム『ときめきメモリアル』 のパロディでした。ファミレスでアルバイトするシーンも『Working』のパロディで、ウェイトレス姿のニャル子は視聴者に種島ポプラを連想させるわけです。元ネタを知らないと十分楽しめないかもしれませんが、知ってる人にはクスっと笑える感じ。まさにカオスな作品でした。っていうか、アニオタチェッカーだよなこれ(笑)

で、ニャル子さんなんですけど、やっぱりどうも苦手なキャラクターです。見た目は確かにかわいらしいですけど・・・・・・。自分は昔、若い頃には女の子がとても苦手でね。そういうのと関係があるのかもしれません。以前は阿澄さんご本人に対しても感じていたことですけど、ニャル子は女の子らしい女の子のイメージなんだろうな、きっと。


『ヨルムンガンド』 2012年 BS11
"
Jormungand"(軍火女王), 2012, BS11

Liliane_jormungand_11

リリアーヌ(CV:阿澄佳奈さん)
Liliane (CV: ASUMI Kana)

第11話「滅びの丘 phase.1」より引用。
quoted from #11 "Hill of Ruin phase.1"


Viewer Estimation: (as of 12 Aug 2012 ):
Weighted mean on ANN: 7.360 (seen by 354 users, Good+)
Score on MyAmimeList: 7.97 (scored by 11160 users)


第11話と第12話に登場したゲストキャラクター。阿澄さんには珍しく、殺し屋の役です。いつもの記事だったらこういうサブキャラクターのことまで載せたりはしないんですけど、ちょっと意外だったので取り上げてみました。この時も声を聞いて誰だか分らなかった。阿澄さんはものすごく特徴のある声だから、キャスト一覧を見れば「ああなるほど」と思うんですが、最近は演技の傾向が変わってきたような気がします。

それにしてもね、『BRS』のストレングスもですけど(ある意味ニャル子もそうなんだけど)、イカレた感じのキャラクターがたまらない・・・・・・。やっぱ阿澄さんいいわー。悪役やってほしいな。能登麻美子さん と同じく、プリキュア向きの人材ではないと思う(笑) 能登さん、劇場版ではプリキュアやったけども。まぁ、どちらかというと悪役向きな福圓美里さん がプリキュアなわけだし、アリといえばアリなのかもしれませんがね。


『Dog Days'』 2012年 BS11
"
Dog Days Season 2", 2012, BS11

Yukikaze_dd2_4

ユキカゼ・パネトーネ(CV:阿澄佳奈さん)
Yukikaze Panettone (CV: ASUMI Kana)

第4話「ビスコッティ夏合宿!」より引用。
quoted from #4 "The Summer Training Camp in Biscotti"


Viewer Estimation: (as of 12 Aug 2012 ):
Weighted mean on ANN: None
Score on MyAmimeList: 7.73 (scored by 2069 users)


最初はあまり期待していなかったんだけど、知らないうちになぜか好きになってしまった作品。好きな声優さんがたくさん出ているからというわけではなく。

この作品の舞台はフロニャルドという異世界で、犬っぽいひとたちと猫っぽいひとたちが興行としていくさを楽しんでいます(今回からはリスっぽいひとたちも参戦)。まぁ、「いくさ」といってもフィールドアスレチックみたいなもので、単なる娯楽です。この世界には魔物が生息している設定で、みんなが安心していくさを楽しむために「環境整備」(魔物排除)をするのがユキカゼたち隠密舞台の役割。画像引用した第4話は強化合宿のお話でした(引用画像ではビーチボールをもっているけども、別に遊んでいるわけではない。・・・・・・らしい)。今回は夏休みって感じでいいなあ。

女の子キャラクターがたくさん登場する作品には「お約束回」みたいなものがあって、どうしても肌の露出が多くなりがちです。需要があるんだろうからしょうがない。自分は読んだことがありませんが、世の中にはアニメキャラクターのグラビア誌?みたいなものもあるんだそうですよ(「メガミマガジン」が代表的な雑誌らしい)。アニメキャラクターのピンナップって一体・・・・・・。その発想はなかったわ(笑) ユキカゼは巨乳だし、他のキャラクターもそういう雑誌に掲載されることもあるのでしょうけど、なぜか自分はこの作品に登場するキャラクターには色気を感じないんですね。かわいすぎるのかな。 っていうか、自分がおっさんだからか・・・・・・(ノ∀`)


ひだまり荘管理組合(TBS) 『ひだまりスケッチ×SP』 シャフト 2011年
Hidamari Apartment Owners Association (TBS) "
Hidamari Sketch Special"(向陽素描×SP), Shaft, 2011

Yuno_hidamarisp_1a

ゆの(CV:阿澄佳奈さん)
Yuno (由乃, CV: ASUMI Kana)

前編Aパート「7月15日 感じるままに」より引用。
quoted from first part A "15th July: Feel as it is"


Viewer Estimation: (as of 12 Aug 2012 ):
Weighted mean on ANN: 7.869 (seen by 84 users, Very good)
Score on MyAmimeList: 8.15 (scored by 1215 users)


この作品の特別編はこれまでに何回かTV放送されてるんですけど、そのたびになぜか前編を見損ねるんです (ノД`) いい加減アタマにきたので、今月の初めに最近のものをDVDで購入しました。やっぱりゆのはかわいいなあ。『ひだまり』シリーズがTV放送されたのは2007年が最初だから、阿澄さんはもう5年くらいゆのを演じているわけですよね。このキャラクターって、もしかすると阿澄さんが初めて演じたメインヒロインだったかも。『ひだまり』シリーズは阿澄さんの代表作と言って間違いないでしょう。

作品の舞台は、ゆのが通う高校の芸術科。というか、ゆのたちが下宿している「ひだまり荘」が主な舞台ですね。原作が4コマ漫画だからなのか、特にストーリー的なものはありません。女子高校生のある日の生活を切り取った、いわゆる「日常系」の作品です。コンクールに向けて頑張っちゃったり、芸術について熱く語ったり、またはコミケに命かけちゃったりするような熱い(というか暑苦しい)青春は描かれませんが、そこがいいんでしょうね。見ていてなごみます。阿澄さんの声もゆのにぴったりです。

アニメ作品のDVDにはオーディオコメンタリーがついていることがありますが、これまでちゃんと聞いたことがありませんでした。今回初めて聞いてみたら、なにやら女子会に紛れ込んでしまったような気がして、聞いていてこそばゆくなったな(笑) 



今年はここまで。なんだか長い記事になってしまいました(仕込みがいつも以上に大変だった・・・・・・)。そういえば、ちょうどさっき聞いていたネットラジオで姪御さんが生まれたなんてことをおっしゃってましたね。
それもまたおめでとうございます \(^O^)/


いつも素敵な声をありがとうございます。
これからも応援します。
あすみんがおばちゃんになっても(笑)


*These quotations are grounded on the article 2 and 32 of Copyright Law of Japan.


追記(2012年11月24日):




「ずっとBe with you」、夏の間ずっと聞いていたような気がするなー。




1曲目は『這いよれ!ニャル子さん』のOPテーマ曲
まさにカオス!(笑) ヽ(゚∀。)ノ

|

« Happy Birthday (石原夏織さん) | トップページ | 【声優さん】メロメロファイルその2 »

Happy Birthday」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/46667170

この記事へのトラックバック一覧です: Happy Birthday (阿澄佳奈さん):

« Happy Birthday (石原夏織さん) | トップページ | 【声優さん】メロメロファイルその2 »