« Happy Birthday (丹下桜さん) | トップページ | Happy Birthday (悠木碧さん) »

2012-03-25

【声優さん】上坂すみれさん

今日の記事は上坂すみれさん (UESAKA Sumire) 。新人さんの記事ってあまり書かないんですが、今日はなんとなく書きたくなったので。

昼間、例によってネットの文化放送(超A&G+)をながらで聞いていたんです。12時からリピート放送される「竹達沼倉の初めてでもいいですか?」っていう番組が聞きたかったので。そしたら今日は東京国際アニメフェアの特番で休止だっていうじゃないですか。もう残念でしょうがなかったんですが、せっかくだからそのまま聞いていたんです。そしたらゲストで上坂さんが登場してきたわけです。

番組を仕切っていた声優さんのことも、ゲストで登場した上坂さんもまったく馴染みがないひとでよくわからないんですが(上坂さんのほうは少しだけ知ってますけど)、なんだか仕切り方に悪意を感じてしまったんですよね。もしかするとああいう芸風の人たちで、あれがお約束なのかもしれないですけど、聞いていて不快になるレベルなので聞くのをやめてしまいました。

上坂さんってエキセントリックなイメージだし、いわゆる「イタイ」感じがしないでもないんですが、仕切る方のひとはあの子の不思議さを面白さに変換してあげないといけないと思うんですね。プロなんだから。確かに同じクラスにいたらいじめられそうなタイプではありますけどね、視聴者のことも少しは考えてくれよと。学校じゃないんだからさ。バラエティ番組じゃあるまいしやめてくれっての。


最近視聴した上坂すみれさんの登場作品:

パパのいうことを聞きなさい!』 2012年 BS11
"Listen to Me, Girls. I Am Your Father!"(要聽爸爸的話!), 2012, BS11

Sora_papa_11
*This quotation is grounded on the article 2 and 32 of Copyright Law of Japan.

第11話「逢いたいときにあなたはいない・・・」より引用。
quoted from #11 "You're Not There When I Want to See You..."

小鳥遊空(CV:上坂すみれさん)
TAKANASHI Sora (CV: Уэсака, Сумирэ, 上坂堇)

Viewer Estimation (as of 25th Mar. 2012):
Weighted mean on ANN: 7.202 (seen by 287 users, Good+)
Score on MyAmimeList: 7.61 (scored by 5038 users)


両親を失った3姉妹を大学生の青年が引き取って一緒に暮らすみたいな内容の作品です。アニメーションというのはちょっとぶっ飛んだ設定のほうが見ていて面白いとは思うんですが、この作品の場合は「ありえないだろー」っていう感覚のほうが強いです。自分が大人だからかもしれないけど、いろんなことを考えちゃうんですよね。生活費はどうなっているのか、主人公の学費はどこから出ているのか、この子たちの実家の権利や遺産関係はどうなっているのか・・・・・・などなど。3姉妹の実家は東京の池袋周辺にある設定ですが、映像の背景から推測すると雑司ケ谷のあたりなんじゃないかと思われます。結構な地価ですよ。「売れるんなら売ったらいいんじゃね?」と思ってしまうわけです (ノ∀`) なにしろ都区部の一軒家に家族5人が暮らしていたんですよ。かなりの資産家です。あの子たちはお嬢様なわけ。まぁ、ローンがしこたま残っているのかもしれませんが・・・・・・。ついついそういうことを考えてしまうのですね。嫌ですね大人って(笑) 

上坂さんは、新人としてはまあまあな演技をしていると思います。ただ、それほど特徴のある声ではないと思うので、やや印象が薄い感じかなと思う。それはあくまで自分の耳にとってはということなので、「この人は特別!」と思う人もいるかもしれません。印象が薄いのは、新人さんなのでしょうがないところはありますけどね。まず視聴者の耳に声がなじんでないというのもありますし、経験から出てくる、その人だけが持っている独特の癖みたいなものもまだないわけですから。

で、演技はいいとして、この人はどちらかというと苦手なタイプの人だったんです。『パパ聞き』のネットラジオ聞くとわかることですが、なんというか突き抜けた感じのおたくです。ロシア・ソ連が大好きで、軍事関係に詳しい。戦車とか軍歌とかも好きらしい。いや、自分もそういうの嫌いじゃないし、っていうかむしろ好きなんだけど・・・・・・。やっぱり、苦手に感じる一番の理由は「ひとの話を聞かなそう」っていうところなんだろうな。それと、この人はロリータファッションがよく似合うんですけど、それも苦手感を増幅しているような気がするな。自分、お人形さん(特にフランス人形系)みたいにかわいらしい女の人ってどうも苦手で・・・・・・(笑) それは好みの問題だからしょうがないですね。ちなみに自分の好みは日本人形系。具体的には能登麻美子さんどうでもいいですかそうですか (ノ∀`)

ところで、今日は声優さんの外国語表記にキリル文字を使ってみました。上坂さんは上智大学の外国語学部(ロシア語学科)なんだそうですよ。ただのおたくかと思ったらセミプロでしたか・・・・・・。公募制推薦入学だそうで、試験は小論文のようです。論文は「ロシア・ソ連についての基礎的知識を問う設問を含む小論文」(上智大学入試要項)です。推薦とかAO入試というと一般的に低く見られがちですが、実際はかなり大変だと思いますよ。小論文ってのは作文と違って書けばいいってもんじゃないですからね。大学でちゃんとしたレポートを書いたことがある人ならわかると思いますが、この上智大の小論文みたいなものほど厄介な試験はありません。要するに漠然としすぎているんです。それに加えてこの試験で入学できるロシア語学科の定員は12名の狭き門。自分の母校の早稲田大学社会科学部や、今は通信制で在学している慶應義塾にもAO入試はありますけど、仮に今自分が高校生だったとして、合格できる自信がまったくありません。っていうか、出席日数が足りなかったので、もともと推薦みたいなのは無理でした 。・゚・(ノ∀`)・゚・。 内申書も最悪だったろうし) なんにしても、推薦であろうがAOであろうが、大学側が設定した基準を満たして合格しているわけですから、他人からとやかく言われる筋合いはないであろうと思います。上坂さんも学校の成績はいいみたいですし(ネットラジオ情報)、趣味はともかく(笑)、そこそこ優秀なひとなんだろうと思います。将来、漫画・アニメ・ファッションなどのサブ・カルチャーを通じてロシアとの関係を保つためには必要な人材かと思われます。


ソ連、懐かしいです。自分が最初に行った外国はソ連だったんですよ。ロシアじゃなくてソ連。USSR (CCCP) です。この間はうちのブログに、なぜかソ連ドメイン (.su) からのアクセスがあって驚いた。いまだに使ってるんですねソ連ドメイン・・・・・・。

ロシア語って難しかったなぁ・・・・・・。第二外国語がロシア語だった友達に、なかば拉致られて(笑)連れてかれた。自分の最終目的地はエジプトだったので、ロシア語を覚える気なんてさらさらなくて(だいたい、自分の第二外国語はフランス語だったし)。最初に覚えたロシア語は、

Я не понимаю русский язык.
(ヤ ニェ パニマーユ ルースキー ヤズィーク
 =私はロシア語がわかりません。)


という後ろ向きさ加減 。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そんで、現地で実際に使ったら、

お前、ロシア語しゃべっとるやんけ!

っていうツッコミがきました(笑)
笑いがとれて結果オーライ?

まあまあそんな話はともかく、これも何かの縁なので、上坂さんのことはしばらく見守りたいと思います。
お誕生日は今日知ったので、データベースに入れておきました (^-^)

|

« Happy Birthday (丹下桜さん) | トップページ | Happy Birthday (悠木碧さん) »

声優さん(個別)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/44630945

この記事へのトラックバック一覧です: 【声優さん】上坂すみれさん:

« Happy Birthday (丹下桜さん) | トップページ | Happy Birthday (悠木碧さん) »