« Happy Birthday (東山奈央さん) | トップページ | 【声優さん】能登麻美子さん »

2012-03-12

Happy Birthday (斎藤千和さん)

今日は、声優・斎藤千和さん (SAITŌ Chiwa) のお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/


斎藤さんのお誕生日記事を初めて書いたのは5年前でした。今はもう閉鎖している別のブログで、最初は簡単なコメントだけでした(グダグダな内容だった・・・・・・)。今のように声優さんたちのお誕生日当日に記事を書く形式ではなくて、斎藤さんの最初の記事もお誕生日の翌日に書いていたと思います。

"Happy Birthday" エントリーの記事はいつの頃からか手の込んだものになって、アニメーション作品の画像を引用するようになりました。その頃には、記事のアップはお誕生日の当日というお約束になっていました(そのほうがスケジュール管理がしやすいんです。仕事が忙しくなったし、通信制大学に在籍するようになったから)。多分、4年前くらいからだと思います。そういうお約束になってから、女性声優さんのお誕生日当日に記事が書けなかったのは2010年の阿澄佳奈さん のときだけだったんです。去年の3月12日までは。

その日は地震の影響で停電してました。当然パソコンなんか動きません。電気が復旧したのは3月13日の夕方だった。しかし、電気が来たからってブログの更新なんてできませんよ。日本中大混乱状態のなかで、能天気に「お誕生日おめでとうございま~す \(^O^)/」なんて書くわけにはいかなかった。うちみたいな辺境ブログを斎藤さんご本人が見ることはないと思いますけど、もしもそんな記事を見てしまったらきっと複雑な気持ちになったろうと思います。そんなわけで、去年の斎藤さんのお誕生日記事は3月22日になってしまったんです。

あのときは本当に悔しかったです。いつもは斎藤さんの記事ってほとんど書きませんけど、若手の女性声優さんのなかではかなり好きなほうの人だから。


最近視聴した斎藤千和さんの登場作品:

『偽物語』 2012年 BS11
"Nisemonogatari", 2012, BS11

Hitagi_nisemonogatari_1

戦場ヶ原ひたぎ(CV:斎藤千和さん)
SENJŌGAHARA Hitagi (戰場原黑儀, CV: SAITŌ Chiwa)

第1話「かれんビー 其ノ壹」より引用。
quoted from #1 "Karen Bee, Part 1"

Viewer Estimation (as of 12th Mar. 2012):
Weighted mean on ANN: 8.246 (seen by 352 users, Very good+)
Score on MyAmimeList: 8.51 (scored by 7384 users)


前のシリーズの『化物語』 は見たり見なかったりだったので、このキャラクターがどういう怪異に取りつかれていたのかよくわかりません。ひたぎは主人公の彼女ってことになるのかなあ? 主人公、第1話からいきなり監禁されてましたけど (ノ∀`) 作品の世界観はものすごく面白いです。白昼夢みたい。

斎藤さんって、自分にとってはとても不思議な人なんです。声に特徴がないわけではないんだけど、キャラクターの声を聞いて「あ、斎藤さんだ」ってわかることのほうが少ないんですよね。戦場ヶ原ひたぎの場合もそうでした。どこかで聞いたことがある声だけど、誰なんだろうなと思った。キャスト表で確認したあとで「ああなるほど」と思いましたけど。なんだろね、忍者みたいな人なのね。九の一みたいな(笑)


『みつどもえ 増量中!』 2011年 BS11
"Mitsudomoe Zōryōchū!"(超元氣3姊妹 増量中!), 2011, BS11

Miku_mitsudomoe2_2

杉崎みく(画像中央、CV:斎藤千和さん)
SUGISAKI Miku (杉崎美空, Center, CV: SAITŌ Chiwa)

第2話「丸井家、もう一杯!」より引用。

quoted from #2

Viewer Estimation (as of 12th Mar. 2012):
Weighted mean on ANN: 7.480 (seen by 324 users, Good+)
Score on MyAmimeList: 7.97 (scored by 6813 users)


そうそう、斎藤さんって小生意気な女の子を演じることがわりと多いんです。杉崎みくはまさに斎藤さんが演じそうなキャラクター。この時は登場してすぐに斎藤さんだってわかりました。斎藤さん、今シーズンは『男子高校生の日常』 でしょうもない感じの女子高生生島を演じてますが、このキャラクターもいかにもな感じですよ。斎藤さんご本人が本当はどういう性格の人なのかは情報が少なすぎてよくわからないんですが、『ARIA』 のネットラジオにゲスト出演していたときの感じでは『ケロロ軍曹』 日向夏美 に近いんじゃないかなと思います。日向夏美っていうキャラクターは、もちろんキャラクターデザインそのものもかわいらしいんですが、性格設定と声の雰囲気がぴったりと合っていて、大げさかもしれないけど奇跡のようなキャラクターでした。


『魔法少女まどか☆マギカ』 2011年 TBS
"Puella Magi Madoka Magica"(魔法少女小圓), 2011 TBS

Homura_madokamagica_10_02

暁美ほむら(CV:斎藤千和さん)
AKEMI Homura (暁美焔, CV: SAITŌ Chiwa)

第10話「もう誰にも頼らない」
quoted from #10 "I Can't Depend on Anyone Anymore"

Viewer Estimation (as of 12th Mar. 2012):
Weighted mean on ANN: 8.489 (seen by 1984 users, Very good+)
Score on MyAmimeList: 8.75 (scored by 39831 users)


アニメ好きの人には説明の必要がないくらいの作品です。斎藤さんが演じたのは「時をかける少女」。時間跳躍の能力をもつ少女でした。

第10話は、関東地方では2011年3月12日の深夜に放送される予定でした(テレビ的なタイムテーブルだと11日深夜)。しかしその日、第10話は放送されませんでした。第10話から第12話までの3話が一括放映されたのは1カ月以上後のことです。

奇しくも、この第10話には「ワルプルギスの夜」の顕現によって破壊された街の映像が出てきます。その映像は現実に震災で破壊された街の姿にあまりにも酷似していて戦慄を覚えました。今回もこの画像を引用するかどうか悩んだんです。実はもっと衝撃的な画像もあるのだけど、使うのはさすがにやめておきました。上に引用した画像がギリギリのラインなんです。このブログは辺境ブログとはいっても誰が見ているかわかりません。誰かのトラウマを刺激してしまうかもしれないから、強烈なシーンは引用できないんです。

第10話で、暁美ほむらは時間跳躍能力を使って悲劇を回避しようと試みます。何度も何度も。しかし、最後は必ず悲惨な結末になってしまうんです。それでもほむらは時間をさかのぼります。何度も、何度も。震災のすぐあとに見たこともあって、泣きそうになりました。アニメを見ていて叫びたくなる衝動を覚えたのはほとんどはじめてだったかもしれません。この後に連続で放送された最終回では耐えきれなくて本当に泣きました。俺はいったいどうしてしまったんだろうというくらいに。この作品も、自分にとっては忘れられない作品になりました。



今日はこれまで。
1年がかりでリベンジを果たしました・・・・・・。

いつも素敵な声をありがとうございます。
生き延びて、来年のお誕生日記事も必ず書きます。

*These quotations are grounded on the article 2 and 32 of Copyright Law of Japan.

|

« Happy Birthday (東山奈央さん) | トップページ | 【声優さん】能登麻美子さん »

Happy Birthday」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/44470377

この記事へのトラックバック一覧です: Happy Birthday (斎藤千和さん):

« Happy Birthday (東山奈央さん) | トップページ | 【声優さん】能登麻美子さん »