« Happy Birthday (豊崎愛生さん) | トップページ | Happy Birthday (原紗友里さん) »

2011-10-30

Happy Birthday(仙台エリさん)

今日は、声優・仙台エリ (SENDAI Eri) さんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

最近ではほとんどお声を聞いておりませんが、今年はなるべく多く女性声優さんたちのお誕生日記事を書くことにしているので、時間に余裕のある日はできるだけ書きます。

前にも書いたことがあるかもしれませんが、この人の声を初めて聞いたのは、今から13年前。1998年にWOWOWで放送された『南海奇皇』(島原夕姫役)でした。残念ながら内容がうろ覚えなんですが、南の島から不思議なロボットがやってくるようなお話だったと思います。ジャンル的にはSFファンタジー。内容よりも、むしろ使われていた音楽のほうが強く印象に残った作品でした。

その当時、WOWOWでは無料放送のアニメ枠があって、この作品はその枠内で放送されました。メインヒロインを演じる声優さんたちは新人が多く、堀江由衣さん『鉄コミュニケイション』、ハルカ役)名塚佳織さん『今、そこにいる僕』、ララルゥ役)もこの枠に登場していました。作品そのものも実験的だった。この時の仙台さんの声はそれほど印象に残らなかったんですが、作品の雰囲気が新しかったために、お名前だけはなんとなく頭の隅に残っていたんです。

再び仙台さんがメインキャラクターを演じているのを聞いたのは、それから10年後の2008年。「ちいさいおんなのこのおともだち」に大人気の、例のシリーズです。

_precure5gogo_10

ミルキィ・ローズ(美々野くるみ、CV:仙台エリさん)
Milky Rose (MIMINO Kurumi, CV: SENDAI Eri)

『Yes!プリキュア5 Go Go!』 2008年 テレビ朝日
"Yes! Precure5 Go Go!"(Yes! 光之美少女5 GoGo!), 2008, TV-Asahi

第10話「出た!青いバラの力!」より引用。
quoted from #10 "A Rose by Any Other Color..."

Viewer Estimation (as of OCT 30 2011):
Weighted mean on ANN: 6.908 (seen by 33 users, Good)
Score on MyAmimeList: 7.59 (scored by 146 users)


画像が粗いのは、当時はまだアナログ放送だったからです。
それはともかく、仙台さんですよ。このキャラクターは気が強くてちょっとナマイキなんですけど、仙台さんの声がイメージぴったりでねー。ホントにもうゾクゾクきますわぁ ヽ(゚∀。)ノ ミルキィ・ローズはよかったな。自分的にはいまだに仙台さん=ミルキィ・ローズだもん。

ちなみにこの作品、現在はBS11で再放送中です。ここのところ時間的に余裕がないし、再放送までは手が回らないので放送状況がよくわかりませんが、ミルキィ・ローズが本格的に登場するのは来月の終わり頃だと思います。


最近視聴した仙台エリさんの登場作品:

スオー(画像右、CV:仙台エリさん)
Suō (Right, CV: SENDAI Eri)

_dolls_1

『神様ドォルズ』 2011年 テレビ東京
"Kamisama Dolls"(神様DOLLS), 2011, TV-Tokyo

第1話「神は来たりて」より引用。
quoted from #1 "A God Arrives"

Viewer Estimation (as of OCT 30 2011):
Weighted mean on ANN: 7.121 (seen by 393 users, Good)
Score on MyAmimeList: 7.42 (scored by 7136 users)


メインヒロイン(画像中央、史場日々乃CV:茅野愛衣さん)の友人の女子大生役。酒癖がとても悪いらしい(笑) 本名もわからないし、いまひとつ謎な女性。一昨年だったか、仙台さんを舞台で拝見したことがあったんですけど、その時はものすごく可憐だったんですよ。その記憶があるせいか、どうしても仙台さんの雰囲気とスオーのイメージが結びつかんなあ。やっぱり、プロフェッショナルは違うってことなのかな。まぁ、実際はどんな人か知らんのですけどね。実はスオーに近いのかもしれないですな(笑)

作品のほうは、ジャンル的にはSFファンタジーということになるんでしょうか。とある地方の山間部にある閉鎖的な村では「案山子」と呼ばれるご神体が祀られていて、村内では「隻(せき)」という能力者たちだけがこのご神体を動かせるという設定でした。それで、その隻たちが案山子を連れて都会に出てきて大暴れみたいなお話。案山子は人間にとって有益なものですけど、大きな力が秘められているために、使いようによっては大変なことになってしまいます。作品の中で主人公の枸雅匡平(くがきょうへい)は「人間にコントロールできない力を持つべきではない」というような台詞を口にするんですが、自分はなんとなく原発のことを思い出してしまいました。アニメ化プロジェクトは何年も前から進んでいたんでしょうし、特に原発を意識しているわけではないと思いますが、時宜を得た作品だったと思います。っていうか、なんだか中途半端な終わり方だったんだけど2期はあるんですかね?


今日はここまで。
今年は仙台さんの声をあまり聞いておりませんので、十分な記事にはなりませんでした。来年に期待。


いつも素敵な声を聞かせていただいてありがとうございます。
またプリキュアに出てこないかな~ (^-^)


*These quotations are grounded on the article 2 and 32 of Copyright Law of Japan.

|

« Happy Birthday (豊崎愛生さん) | トップページ | Happy Birthday (原紗友里さん) »

Happy Birthday」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/42760113

この記事へのトラックバック一覧です: Happy Birthday(仙台エリさん):

« Happy Birthday (豊崎愛生さん) | トップページ | Happy Birthday (原紗友里さん) »