« Happy Birthday(福原香織さん) | トップページ | 【政治社会】若年層の雇用機会増加に関して »

2011-08-12

Happy Birthday(阿澄佳奈さん)

今日は声優・阿澄佳奈(ASUMI Kana)さんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

なんだか知らないうちにハマっていたなぁ・・・。
この人の声って独特で不思議な感じなんです。どんな作品に出演していても必ずわかる。世界中見渡してみても、似ている声の人なんて一人もいないんじゃないかっていうレベル。実のところ、最初はどちらかというと苦手でした。この人が出演するネットラジオはしょっちゅう聞いてますけど、性格的にも苦手なタイプだった・・・はずでした。自分は若い頃に女性がとにかく苦手だった関係で、女の子らしい女の子のイメージがある人たちって生理的に避けたくなる傾向があるんですね(今は平気だけど。っていうか、おいらホモじゃないから。・゚・(ノ∀`)・゚・。)。自分のなかでは、阿澄さんはとてもかわいらしいイメージの人です。ということはつまり、脳内で自動的に苦手な部類の人に分類されてしまうわけです。

しかし、今はなぜか毎週この人の声を聞かずにはいられなくなっている・・・。カナ、恐ろしい子(笑)


最近視聴した阿澄佳奈さんの登場作品:

種島ぽぷら(CV:阿澄佳奈さん)
TANESHIMA Popura (CV: ASUMI Kana)

_working_5

『WORKING!!』 2010年(2011年再放送) BS11
"WORKING!!"(Revival) , 2010, BS11

第5品「ある風邪の日に・・・、いつもと違うワグナリア」より引用。
quoted from #5


今日もまだANNがダウンしているので、作品に対する海外ファンの評価を引用できませんでした。

こちらはファミレスのバイトのお話。去年UHFで放送されていたものを、現在はBS11が再放送してくれています。阿澄さんが演じたのは、主人公(小鳥遊宗太)の先輩バイト。背が小さくてかわいらしい。思わず頭ナデナデしたくなる(笑)

阿澄さんの声を初めて聞いたのは、『しゅごキャラ!』ランだったと思います。妖精さんなので小さかった。その年には『ひだまりスケッチ』 ゆのを演じていましたけど、ゆのも小さい女子高生でした。阿澄さんご本人はわりと背の高い人ですけど、作品の中ではこれまで小さくてかわいらしいキャラクターを演じることが多かったようです。『WORKING』で演じたぽぷらは、ある意味で阿澄さんらしいキャラなのかもしれません。

この作品、秋から第2期が放送されるようです。多分BS11でも放送するだろうから視聴したいと思います (^-^)


小阪ちひろ(CV:阿澄佳奈さん)
KOSAKA Chihiro (CV: ASUMI Kana)

__62

『神のみぞ知るセカイⅡ』 2011年 テレビ東京
"The World God Only Knows", 2011, TV-Tokyo

第6話「FLAG 6.0:10%の雨予報」より引用。
quoted from #6 "FLAG 6.0: 10% Rain forecast"


「落とし神」と呼ばれるギャルゲーマスターの少年が、少女たちの心の隙間にとりついた「駆け魂」を回収するために、その少女たちと恋愛をしなければならないハメに陥るというお話の作品です。・・・主人公はさぞつらかろうなあ。女の子が苦手な男の子にとっては、恋愛なんて拷問に近いだろうからね(笑)

阿澄さんが演じたのは、主人公曰く、攻略などあり得ないような少女。恋愛シミュレーションゲームでいえばモブキャラ。要するに攻略対象にならない、ゲームの背景として描かれるような人ということ。なんだかひどい言われようですが・・・(^-^;A) 確かに小阪ちひろはそれほどかわいらしい印象のキャラクターではないし、阿澄さんがいつも演じているようなキャラクターのイメージからは外れている感じでした。それがかえって新鮮でしたけどね。よくぞこのキャラに阿澄さんをキャスティングしたと思います。ギャルゲーマスターの主人公から恋愛指導を受けるうちに、主人公に惹かれていくちひろの姿がなかなかよかったですね。ちょっと切ない。


春音あいら(CV:阿澄佳奈さん)
HARUNE Aira (CV: ASUMI Kana)

__18

『プリティーリズム・オーロラドリーム』 2011年 テレビ東京
"Pretty Rhythm: Aurora Dream", 2011, TV-Tokyo

第18話「夜空に花咲く恋ゴコロ」より引用。
quoted from #18 "Love Blooms in the Night Sky"


ちいさいおんなのこのおともだち向けの作品。主人公の女の子たちが「プリズムショー」と呼ばれるアイスダンスショーでトップを目指すというお話。阿澄さんが演じたのはメインキャラクターの一人です。

このキャラクターを見ていると、阿澄さん本人とイメージがかぶることがあります。阿澄さんのネットラジオを聞いていると、この人は自分が芸能人だということをあまり意識していないような印象です。やや自己評価が低いところがあるんですよね。リスナーからなにか褒められたり好きだって言われたりすると、照れちゃったりしてホントに芸能人らしくありません。まぁ、そんなところも好きなんですが(笑) 

『プリティリズム』で阿澄さんが演じる春音あいらも、あまり運動神経がよくないことを気にしているようなキャラクターです。しかし、まがりなりにもアイスダンスショーに出演する人がですよ、運動神経がよくないことってありえないと思うんですよね。自己評価は低いけれども、自分で気がつかないだけでとんでもない才能を持っているんです。阿澄さんもそう。たまに「自分は単なるスタッフ(裏方)」なんていう言い方をすることがありますけど、本当は人並み外れた才能があるんです。きっと。一視聴者として客観的に見た場合、確かに演技的にはまだ納得いかないところもあるんですが、それでもやっぱり普通の人とはぜんぜん違います。裏方は裏方として絶対に必要ですが、阿澄佳奈さんが作品の中で裏方のポジションかというと、それはちょっと違うような気がするんだな。


阿澄佳奈さんはこれらの作品の他にもいろいろとご出演されていますが、記事が長くなっちゃうので省略してます。これから放送される作品では、秋から放送開始の『たまゆら~hitotose~』 塙かおる役でご出演されますね。見られるといいんだけど・・・。放送局って決まったのかなー。

それとですね、なかなか進まないんだけどゲームやってます。『アマガミ』阿澄さんが演じている美也は妹キャラクターなので残念ながら攻略不可能なんですけど、あの声はなごみますなぁ~(*´∀`) だがしかし、おまけの麻雀ゲームで鳴きまくるのは頂けない(笑) まことに兄泣かせの妹であった。


最初はなんとなく苦手だった阿澄佳奈さん。今は好きな声優さんの一人になりました。

これからも応援してます。
大好き!!
・・・なんて言うと照れるのかなやっぱり(笑)


*These quotations are grounded on the article 2 and 32 of Copyright Law of Japan.

|

« Happy Birthday(福原香織さん) | トップページ | 【政治社会】若年層の雇用機会増加に関して »

Happy Birthday」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/41186550

この記事へのトラックバック一覧です: Happy Birthday(阿澄佳奈さん):

« Happy Birthday(福原香織さん) | トップページ | 【政治社会】若年層の雇用機会増加に関して »