« Happy Birthday(佐藤利奈さん) | トップページ | Happy Birthday(矢島晶子さん) »

2011-05-04

【映画・声優さん】エンジェルウォーズ(スフィア吹き替え版)

昨日は予定外の事情で、午後から東京に行ってきました。
ゴールデンウィーク中はどこにも行かないつもりだったので、
特にすることもなく・・・・・・。
しょうがないから新宿歌舞伎町で映画を見てきました。

『エンジェルウォーズ』

なぜこの作品を選んだかというと、
吹き替えがスフィアの皆さんだったから。
アニメに詳しい人には説明の必要はないと思いますが、
スフィア(リンク先は音が出ます)というのは
女性声優さん4人で構成されるユニットです。
メンバーは
高垣彩陽さん豊崎愛生さん戸松遙さん寿美菜子さん
今回はこの4人がメインキャストの吹き替えをしました。
映画のメインキャストは5人で、
残りの1人を吹き替えたのは甲斐田裕子さん
この人はアニメよりも外画の吹き替えがメインの人です。
今回はスフィアの4人について印象を書いてみます。

戸松遙さん(ロケット役、演者:ジェナ・マローンさん)
元の女優さんの声がどんな感じかわからないんですが、
若干声がかわいらしすぎるような気がしないでもないです。
戸松さんの声は特徴があるから聞けばすぐにわかりますね。
かわいくてたまらない。
自分的には全然OK、っていうか
ゾクゾクきちゃうんですけど
映画ファンの評価がどうなるかわかりません。
ただ、演技はイケてました。
今後は外国ドラマの吹き替えもいけると思います。

豊崎愛生さん(ブロンディ役、演者:ヴァネッサ・ハジェンズさん)
声が特徴的っていうと、この人もそうなんです。
ちょっと不思議な声の人。
これまでは演じられる役がある程度限られてしまうような気が
してたんですね。
しかし、最近放送されたアニメ作品『フラクタル』
ゲスト出演していた時に、
これまでのイメージとはかけ離れた役を演じていたので
そういう心配はあまりしなくてもいいのかなと思います。
今回の映画でも4人の中では一番心配だったんですが、
想像していたよりもいい出来だったと思います。

高垣彩陽さん(アンバー役、演者:ジェイミー・チャンさん)
この人は上の二人とは違って声が聞き分けにくい人です。
アニメ作品でも、作品ごとに違った雰囲気で登場するから
「このキャラクターが高垣彩陽だ」とはなかなか言えません。
正直に白状すると、
今回もベイビードールを演じた寿さんと勘違いしてました。
弁解ってわけじゃないけど、
高垣さんは演技に違和感がないってことなんです。
弁解ってわけじゃないけど。
4人とも演技はかなりイケてるんですが、
高垣さんはその中でも若干演技力が高いような気がします。

寿美菜子さん(ベイビードール役、演者:エミリー・ブラウニングさん)
今回一番意外だったのはこの人。
スフィアの4人の中では最も印象の薄い人だったんですけど、
考えを改めないといかんなー。
声が元の女優さんの雰囲気にもわりと合っていたし、
演技もあれだけできれば十分だと思います。
自然でした。
アニメ作品よりも吹き替えの方が合ってるかもしれないなぁ。

作品の方ですが、派手なアクションが多いです。
ベイビードールの脳内で展開する世界がメインの舞台なので
CGが多用されてます。
どちらかというとゲームやアニメに近い感覚ですね。
そいう映像については賛否が分かれるんでしょうけど、
自分はアリだと思いました。
むしろ3Dで制作するべきだったなあと思いますけど。
ストーリーにもちょっとした仕掛けがあって、
そこそこ楽しめました。
ネタばれはまずいので内容には触れませんけどね。

ファンタジー映画は内容がアニメ・ゲームに近いから、
普段はアニメ作品に出演する他の声優さんたちにも活躍の
チャンスがあるかもしれないな。
親和性が高いと思う。
スフィアの場合は青春ものなんかもいけるかも。
まぁスフィアはともかく、
劇場版の吹き替え映画は字幕を読むストレスが減るので
今後も作ってほしいと思います。
近頃は視力が落ちて字幕を読むのがつらくって (笑)

おまけ

最近視聴した寿美菜子さんの登場作品:
ブルーローズカリーナ・ライル、CV:寿美菜子さん)
Blue Rose (Karina Lyle, CV: KOTOBUKI Minako)
Photo
『Tiger & Bunny』 2011年 BS11
"Tiger & Bunny", 2011, BS11
第4話「案ずるより産むが易し」より引用。
quoted from #4 "Fear is often greater than the danger"

4月から放送されているアニメ作品。
アメコミ風ですが、日本のオリジナルアニメ作品です。
特殊能力を持ったヒーローたちが悪人を逮捕するところを
TVショーにして放送するという、変わった世界観のお話です。

ヒーローのコスチュームには実際に存在する企業のロゴが
入っていたりして、それもまた面白いですね。
USTREAMとかソフトバンクとか牛角などの企業が
スポンサーになっているようです。
それにしても、
寿さんの声はキャラクターの雰囲気に合っていてとてもよい。
この人はやっぱり吹き替え向きなのかもしれません。
また歌がやたら上手いんだこれが。

この作品は単なるヒーローアクションものではなくて、
ヒーローの人間的な部分がクローズアップされています。
特殊な能力を持って生まれてきたヒーローは社会のために
戦わなければならないわけですけど、本人たちはそのことに
ついて大いに悩んでいたりします。
現実にもそういうことって少なからずあると思うのですよ。
普通の人でも大人になれば、
なぜ働くのか、この仕事って本当に人の役に立ってるのか
なんてことをたまに考えることがあると思うんです。
社会人には共感できる部分が多いんじゃないでしょうかね。

『エンジェルウォーズ』でも、
「本当に戦っていたのは誰?」
という台詞がありましたけど、いろいろと考えさせられます。
どんな作品からでも教訓は得られるものです。
そしてとても幸いなことに、
日本人はどんな些細なことからでも教訓を発掘する
特殊な能力を持っているんだそうですよ。

|

« Happy Birthday(佐藤利奈さん) | トップページ | Happy Birthday(矢島晶子さん) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優さん」カテゴリの記事

寿美菜子」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/39860718

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画・声優さん】エンジェルウォーズ(スフィア吹き替え版):

« Happy Birthday(佐藤利奈さん) | トップページ | Happy Birthday(矢島晶子さん) »