« Happy Birthday(木之本桜さん) | トップページ | Happy Birthday(竹内順子さん) »

2011-04-02

Happy Birthday(瀬戸麻沙美さん)

今日は声優・瀬戸麻沙美(SETO Asami)さんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

デビューしたての新人さんです。現役女子高生らしい。佐倉綾音さんといい、最近は女子高生声優さんが増えてきたなぁ・・・。

なにしろ新人さんなので、馴染みがないもなにもまったく知らない人です。いつもはそういう人のお誕生日記事は絶対に書かないんですが、とても印象に残る演技をしていたので取り上げてみたいと思ったんです。それに、今年だけはできるだけ多くのお誕生日記事を書きたいと思っているのでね。(本当に忙しい時は書けないと思うので今から謝っておきます。飛ばしちゃった人は勘弁です・・・m(_ _)m 佐倉さんの記事はまた今度別に書きますよ。多分)

最近視聴した瀬戸麻沙美さんの登場作品:

高槻よしの(CV:瀬戸麻沙美さん)
TAKATSUKI Yoshino (CV: SETO Asami)

_8

『放浪息子』 2011年 フジテレビ
"Wandering Son", 2011, Fuji-TV

第8話「春 ~Brand new me~」より引用。
quoted from #8 "Spring: Brand new me"

Genres: drama, romance
Median rating on ANN: Very good (as of APR 2 2011)


男の子になりたい女の子の役。主人公の二鳥修一は女の子になりたい男の子なんですが、高槻よしのはその逆パターンです。この学校の女子の制服にはネクタイではなくリボンを結ぶ決まりなんだけど、このシーンで高槻君はささやかに自己主張していました。次の回では二鳥君がさらに大胆な行動に出るわけですが、高槻君はそんな二鳥君をうらやましいと思ったかもしれません。

瀬戸さんは新人さんだし、二鳥修一役の畠山航輔さんも声優としての経験はこれまでなかったようで、二人とも声優さん特有のテクニックは感じられませんでした。しかし、決して演技が下手というわけではなかったと思います。役者として自然な演技ができていたような印象でした。特に瀬戸さんは只者ではないと思う。本当に、次から次へといろんな才能を持った人が彗星のように現れてきますなぁ・・・。

この作品、絵も奇麗でした。DVDを買ってもいいと思うレベル。2011年冬期では最も気に入った作品の一つです。


瀬戸さん、来週からネットラジオに登場するようですね。文化放送がネットで配信する「ラジオどっとあい」は新人女性声優さんの登竜門的な番組で、瀬戸さんは46代目パーソナリティを務めます。(ちなみにひとつ前の45代目は佐倉綾音さんでした)この番組、みんな最初はいっぱいいっぱいで初々しい感じなんですよー。
たまりませんなぁ ヽ(゚∀。)ノ
楽しみにしてます(笑)

今はまだまったく馴染みのない人だけど、これからも応援してます。

来年もお誕生日記事が書けるといいな (^-^)


おまけ:

8

『放浪息子』 第8話

二鳥修一(画像左、CV:畠山航輔さん
NITORI Shūichi (Left, CV: HATAKEYAMA Kōsuke)

末広安那(画像右、CV:堀江由衣さん
SUEHIRO Anna (Right, CV: HORIE Yui)


二鳥君、普通にカワイイっすなぁ・・・。
しかし、いくらかわいらしくても、男の子はいつか男らしくなってしまいます。絶対に避けられない運命なんです。自分の性別に違和感をもって生まれてきた人は、そういう運命を呪わしく思うかもしれません。とても難しい問題なんです。最終回では二鳥君も声変わりが始まってしまいましたが、彼の場合はありのままの自分を受け入れることができたようですね。後味の良い爽やかな終わり方になっていました。


*These quotations are grounded on the article 2 and 32 of Copyright Law of Japan.

|

« Happy Birthday(木之本桜さん) | トップページ | Happy Birthday(竹内順子さん) »

Happy Birthday」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/39464288

この記事へのトラックバック一覧です: Happy Birthday(瀬戸麻沙美さん):

« Happy Birthday(木之本桜さん) | トップページ | Happy Birthday(竹内順子さん) »