« 【大学】不備レポート | トップページ | 【声優さん】地球ノート »

2010-10-08

Happy Birthday(平野綾さん)

今日は声優・平野綾(HIRANO Aya)さんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

私事ですけど、おいらは今、風邪で寝込んでいます。
こんなにひどいのは何年ぶりだろう。
実はおいらの誕生日ももうすぐなんですが、毎年誕生日の頃に体調が悪化します。
人間は誕生月に免疫力が低下するという説もありますね。
生まれたての赤ちゃんはお母さんから免疫力を与えられているんですが、
その効力が切れるのがちょうど生後1年だとか。
そして、その1年間のサイクルがその後もずっと継続するという説です。

平野さんといえば、今年の春だったか体調を崩されていたことがありました。
忙しい人ですし、体調管理が難しいのかもしれません。
誕生月の10月は特に危ないと思われるので気をつけてほしいですね。
まったく大きなお世話かもしれませんけど(笑)

さて、おいらは毎回お誕生日記事を書くときには対象になっている声優さんのデータをネットで再確認します。
どんな作品に出ていたのかとか、役名に間違いがないかとか、
そもそも今日は本当にその人のお誕生日だったのかとか(笑)
(おいらは人の誕生日がなかなか覚えられないので必須の作業なんです・・・)

それで今回もネット検索をしていたら、
「恋愛経験がある発言騒動」みたいなものを発見してしまいました (ノ∀`)
日笠陽子さんの時にも書きましたけどね、

彼氏ぐらい普通にいておかしくない年齢でしょうが。

なんか、
イスラム原理主義者も泣いて逃げ出すくらいの狂信者が多くて驚きます。


最近視聴した平野綾さんの登場作品:

2_no10 ハンナ・アナフェローズ(CV:平野綾さん)
Hannah Anafeloz (CV: HIRANO Aya)

『黒執事Ⅱ』 2010年 TBS
"Black Butler:Second season", 2010, TBS

第10話「ゼロ執事」より引用。
quoted from #10 "Zero Butler"


悪魔の役でした。
これまで見てきた平野さんの役って女子高生みたいなのが多かったので、
ちょっと驚きました。
最初に声を聞いた時には誰だかわからなかったくらいで。
このキャラクター、かなり気持ち悪い雰囲気を持っているんですが、
その気持ち悪さ加減がとてもステキでした(笑)
これはアリだと思う。

_no10 家長カナ(画像右、CV:平野綾さん)
IENAGA Kana (Right, CV: HIRANO Aya)

『ぬらりひょんの孫』 2010年 BS11
"Nura: Rise of the Yokai Clan", 2010, BS11

第10話「魔鏡来りて果実を喰らう」より引用。
quoted from #10 "The evil mirror comes to eat his fruits"


平野さんがよく演じている女子高生の役。
隣は福山潤さんが演じている「ぬらりひょんの孫」です。
最近、平野さんと福山さんは同じ作品に出ていることが多いですね。
上の『黒執事Ⅱ』でも、福山さんはグレル・サトクリフ役で登場していましたし、
『ジュエルペット』でも一緒です。
この福山さんもいろんなタイプの役を演じる人で、演技力はかなりのものです。
おいらは男性声優さんの記事は敢えて書きませんが(笑)
男性声優さんの中では好きな人の一人ですね。

2_ ガーネット(CV:平野綾さん)
Garnet (CV: HIRANO Aya)

『ジュエルペットてぃんくる☆』 2010年 テレビ東京
"Jewelpet Tinkle☆", 2010, TV-Tokyo

第22話「夏だっ!海だっ!でドッキ☆ドキ!」より引用。
quoted from #22 "It's summer! It's the Sea! Doki☆Doki!"


平野綾さんは、声優さんとしてはメディアへの露出が多い人です。
最近は特にバラエティ番組への出演が多くなっているようですね。
そのことについて、
声優活動を疎かにしているのではないかというような批判もあるようです。

おいらがこの人のことをなんとなく好きになり始めたのは『二十面相の娘』(2008年)からなんですが、実を言うとそれまではおいらも平野さんに対してあまり良い印象を持っていませんでした。
しかし、『ジュエルペット』を見てからは少し印象が変わったんです。

アニメーションというのは本来、子供たちのためのものでした。
子供向けアニメーション作品に出演するということは、主にアニメーション作品で活躍する声優さんにとって特別な意味を持つことだろうとおいらは思うんです。
言ってみればホームグラウンドのようなものです。
その子供向け作品に平野さんは出演し続けている。

アニメ作品のキャストはもともと決まっていることもあるんでしょうが、
基本的にはオーディションで決まります。
どんなに経験を積んだ役者さんでも、
オーディションに通らなければ役をもらうことはできません。
まずは声優さん本人が出演したいと強く願わなければ出られないんです。
そう考えると、この人が声優活動を疎かにしているようなことはないと思うんですね。
上の画像のガーネットはメインキャラクターのパートナーで脇役です。
台詞もあまり多くはありません。
しかしその演技は、決して手を抜いたものなどではないです。

仮にあらかじめキャストが決まっていたとしても、
本人が嫌だと思えば出なかったでしょう。
相当忙しい人ですし、そういう選択もあり得たと思います。
その役が欲しいと思っている若手の声優さんは山ほどいるでしょうし、
新人さんたちを押しのけてまで無理に出演する必要もないわけです。
けれども平野さんは、この役を演じることを選んだんです。



今回ネットで平野さんの情報を集めていて恋愛経験云々の記事を見てしまったわけですが、ファン(?)の言動がむちゃくちゃでね。(せっかくのお誕生日記事だし、つまんない話はあまり書きたくないんだけど・・・)
なかでもアタマにきたのは、

ボクたちはガラスのようにもろいんです。
ファンにはもっと配慮してくれないと・・・。


みたいな意見。

甘えるんじゃないよ。

この人たちは知るべきです。
自分自身の精神や肉体を含めて、
自分の意のままになるようなものなどこの世に一つもありはしないってことを。


この件の後に平野さんはブログで自分の意見を書いてらっしゃいましたが、
なかなかしっかりしていて好感が持てました。
おいらはニュースとアニメ(たまに海外ドラマとETVの教養番組)以外のTV番組ってあまり見ないんですけど、平野さんがアニメの世界以外でも活躍できることを祈ってます。
いろいろと不如意なこの世の中ではありますが、
そんな中でも強い意志で進むことによって得られる何かがあると思うんですね。


これからも応援してます。信は力なり。


*These quotations are grounded on the article 2 and 32 of Copyright Law of Japan.

|

« 【大学】不備レポート | トップページ | 【声優さん】地球ノート »

Happy Birthday」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/37139255

この記事へのトラックバック一覧です: Happy Birthday(平野綾さん):

« 【大学】不備レポート | トップページ | 【声優さん】地球ノート »