« 【アニメ】2009年第3四半期新作その3 | トップページ | 【アニメ】2009年第3四半期新作その4 »

2009-10-04

【声優さん】きんとと(舞台)

昨日は大学図書館に行く前に新宿で演劇を見てきました。

声優の福圓美里さんが主宰している乙女企画クロジ☆っていう劇団で、今回は第八回公演になります。今回の舞台は昭和初期の娼館(なぜか変換できない)だそうです。今回の客演には声優の仙台エリさんが入ってましたね。ご本人は初めて見ます。実物を見に行くシリーズ、もう何回目だかよくわからないw

仙台さんといえば思い出す。Yes!プリキュア5シリーズのミルク(ミルキィ・ローズ)。

ごめん。

すげーかわいかったw ヽ(゚∀。)ノ 

何に対して、誰に対して謝ってんだろうねおいらはww
多少声のかわいらしさにごまかされているところがあるかもしれませんが、おいらにとってはかなりツボ。

さて、今回の舞台ですが、前回の『僕の愛した冒険』とはまったく趣が違います。舞台そのものも、前回は6畳間の狭い空間だったのにくらべて、今回は部屋がたくさんあって広いです。しかも立体的。当然ながら役者さんたちの動きが複雑になりますよね。動線が交錯するので、演技の見せ方にひと工夫必要だと思います。選択肢が広くなった分、かなり難しかったんじゃないでしょうか。彼女らの場合はその辺の動きがかなりしっかりできているので、見ていて飽きません。それはすごいと思う。

ただね、以前見た『浪漫女優』の時もそうだったんですけど、設定やお話自体が漫画的なんですよね。そこがこの劇団の特徴であって、いい方に向かうと『冒険』の時みたいにとてもよくはまるんですが、悪い方に向かうとお話自体に入り込みにくい部分もあるんです。

今回致命的だったのは、「軍人が軍人に見えない」という部分。軍人らしくない軍人たちの役ではあるんだけれども、どうも違和感があって今ひとつ内容に入り込めないところがあったんですよね。どこかで「戦前らしさ」を出そうとして、それが軍人を登場させるという発想になったのかもしれないんですけど、成功していたとは思えないんです。もともとコミカルな演技が面白い人たちですし、軍人の言動が現代的であったりしてもぜんぜん構わないんですが、せめて「軍人らしい動き」だけは再現してほしかった。いくら軍人らしからぬ台詞を吐く軍人でも、日ごろ体に染みついているであろう所作だけは無意識に軍人らしくなるはずだからです。これは他の役者さんたちにも言えることですけどね。遊女には遊女の、成金には成金の、無意識に叩き込まれた「動き」が必ずある。

それからもうひとつ。「娼館が明るすぎる」。もちろん、何もかもどうでもよくなって逆に明るくなっちゃう(ならざるを得ない)状況というのもあるだろうと思いますけど、そういうのとはちょっと違うような気がしたなあ。あまり淫靡にしすぎても難しいものがあるんで、本当に微妙なところなんですけどね。今年の春に見た名塚佳織さんの舞台で、おいらは「気持ち悪さが足りない」なんていうことを書きましたけど、それに近い感覚です。(ちなみに、その時の名塚さんの役は性犯罪に巻き込まれた少女で、精神科にかかっているような役柄でした。「気持ち悪さ」というのはどういうことかというと、普通の生活を送ってきた人には理解しがたいような雰囲気ということです)

10年くらい前だったか、おたくの先輩と一緒に大阪の飛田新地というところを探検したことがありました。(何もせずに通過してくるあたりが超ヘタレw)そこは昔の遊郭に近い建築を見ることができる街なんですけど、あの不思議な雰囲気は今も忘れられません。まぁ、そんなに遠くまで行かなくても、東京には吉原がありますよね。建築そのものは現代風ですが、やはりなんとなく周囲の街とは違う雰囲気があります。自分は日本堤に住んでたから、あの辺が通勤経路だったことがちょっとだけあるんです。毎晩客引きされて困ったわい(笑) 今はそれほど危険な街ではないので、役者の皆さんも見学に行ったらよかったんじゃないかなあなんて思います。

いろいろ書いてますけど、福圓さん、とてもよかったですよ。特に後半の演技がものすごい。『虹のクロニクル』のときにも思いましたけど、あのパワーは大したものです。前半の抑えた演技もよかったですけどね。(実は前半の方が難しかったんじゃないか)
それから、客演の仙台さん。見直し(?)ました。かなりよい。そういえば、事前の触れ込みでは「現実を知らない、ちょっと痛い人」の役(笑)っていうことでしたけど、おいらはむしろあの反応は普通だと思いましたけどね。この作品、仙台さんがいてよかったと思いますよ。

男性の方ではね、武藤啓太さん(番頭)がよかったですね。この前の『冒険』で好きになりました。前回はチャラいコンビニ店員(しかも確か早稲田の学生w 。・゚・(ノ∀`)・゚・。)でしたけど、今回はまた全然違う感じで。この人、今回はかなり「気持ち悪かった」ですね。これ、おいらの最高の褒め言葉w

それと、娼館の主人役の平野貴裕さん。よかったですねー。「気持ち悪」かったですねー(笑) とても面白かったです。

まぁ、いろいろ書きましたけど、次回も期待してます。

|

« 【アニメ】2009年第3四半期新作その3 | トップページ | 【アニメ】2009年第3四半期新作その4 »

声優さん(個別)」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/31640360

この記事へのトラックバック一覧です: 【声優さん】きんとと(舞台):

« 【アニメ】2009年第3四半期新作その3 | トップページ | 【アニメ】2009年第3四半期新作その4 »