« 【声優さん】能登麻美子さんキャラソンイベント | トップページ | 【社会】やぷー(男の子牧場) »

2009-05-10

【声優さん】こがれ

実物を見に行くシリーズ第7弾(だと思う多分w)
話が前後しちゃいましたけど。

土曜日は名塚佳織さんが出演する演劇作品『こがれ』を見てきました。

場所が神楽坂(東京)なんだけど、普段あまり行かない街だから道に迷うかと思いましたよ・・・。おいらの出身大学はすぐ隣のエリアにあるわけだけど、いつもは地下鉄で素通りするだけだったからなぁ。酔っ払ってフラフラ歩いたことはあったけど(笑)

劇場も、小劇場なのでとても小さいんです。あそこまで小さい会場での観劇っていったら、2年くらい前に見た新野美知さん(アニメ『シムーン』のアーエル役)の演劇以来。演劇スペースは学校の教室くらいじゃないかなぁ。雛段がしつらえてあって、そこが客席になってました。中に入るとすでにかもさん(翻訳:名塚さんw)が床に座っていて、演技が始まっているという。何やら異様な雰囲気・・・。

今回の作品は鶴屋南北がベースになっているということですが、モチーフになっているのは平成期に起こったいくつかの猟奇事件。かもさんが演じていたのは、とあるおぞましい犯罪の被害者でした。おそらく宮崎勤事件ですね。事件の概要を知っている人なら、かもさんの演じた吉田さくらという少女の身の上に起こったことをある程度想像することができるでしょう。

お話は、さくらが自分の身に起こったことをジャーナリストの男に語るという形で進みます。ただ、登場人物は他にも二人いて、時系列を把握するのがちょっと難しかったですね。他の登場人物の一人はさくらが高校生の時に通っていた精神科の医師。もう一人はさくらを監禁した変質者の男。これらの登場人物とさくらが絡む場面が何度も複雑に入れ替わるので、ストーリーの把握が難しくなるんです。ジャーナリストに事件のことを話していたかと思えば、精神科医のカウンセリングの場面に切り替わっていたりというように。

小さい劇場ではセットを入れ替えることが無理なので、場面転換は基本的に役者の演技に頼るほかはないんですが(あるいは照明や音響効果を利用するという手もある)、今回の場合は何回か失敗したんじゃないかと思います。おいらは演劇をかじったといってもほとんど素人ですから、はっきりとはわからないんですけどね。この手の演劇は本当に難しいと思いますよ。以前、市村正親さんの一人芝居を見たことがありますけど、場面転換がきちんと成功していた例っていったらその時に見た作品くらいでしたよ。

まぁ難しい作品でしたけど、かもさん結構頑張ってたと思いますよ。ものすごく長いセリフを一気に言わなきゃならなかったり、相当な体力が要りますよね。ただね、やはりちょっと違和感があったんですね。正直に書いちゃうけど。

ああいった犯罪に巻き込まれた少女がどういう感じかっていうのは、本当のところはよくわからないと思うので演じるのは相当難しいと思います。風俗にしても、そういう関係の人から話を聞くくらいまでしかできないと思うのでやりにくかったんじゃないかと思いますよね。まぁ、殺人を犯さなければ殺人者を演じられないということはないし、想像力の方が現実をはるかに上回ることもあるだろうと思うからそれはそれでいいんです。

しかし、相当頑張ってたとは思うんですが、まだちょっと「健康的」な感じが抜け切れてなかったかなあと思いましたね。最後の場面の絶叫や、劇中の「ちょっと逝っちゃった」感じもなかなか良かったとは思うんですけど、やっぱり何かが足りない。もうちょっと「妖しさ」「気持ち悪さ」があったらよかったかなあと思うんです。「気持ち悪さ」っていうのは、「あぁ、この人と関わってはいけない」みたいな感じ?

かもさんは『交響詩篇エウレカセブン』(アニメーション作品)にエウレカ役で出演してましたけど、あの作品にアネモネってキャラクターがいたじゃないですか。小清水亜美さんが演じてましたけど。仮に今回のさくらという役を小清水さんが演じたとしたら、また違った感じになったと思うんですね。(あ、小清水さんが「不健康キャラ」っていうことではないですw)

いろいろと書きましたけど、ああいう役のかもさんもいいと思いますよ。個人的には。なんだかとても新鮮でしたし、あれはあれでアリだと思います。今ちょうど『Happy』(かもさんのキャラクターソングコレクション)っていうCDを聞きながらこの記事を書いてるんですけど、イメージが吉田さくらと全然結びつきませんよね(笑)

名塚佳織キャラクターソングベストコレクション Music 名塚佳織キャラクターソングベストコレクション

アーティスト:名塚佳織,伊勢島綾(名塚佳織),湯浅比呂美(名塚佳織),コゼット(名塚佳織),チェンナム(名塚佳織),光月未夢(名塚佳織),嵐山五月(名塚佳織),藤宮桃香(名塚佳織),白鳥ありす(名塚佳織),まどか(名塚佳織)
販売元:ランティス
発売日:2009/04/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 【声優さん】能登麻美子さんキャラソンイベント | トップページ | 【社会】やぷー(男の子牧場) »

声優さん(個別)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/29554312

この記事へのトラックバック一覧です: 【声優さん】こがれ:

« 【声優さん】能登麻美子さんキャラソンイベント | トップページ | 【社会】やぷー(男の子牧場) »