« 【アニメ・政治】TAF2009 | トップページ | 【アニメ】黒執事 (死の島) »

2009-03-24

【大学】日本外交史Ⅱ

今はレポートを書くために参考文献を読んでいる段階です。
とりあえず今日までに2冊読了。
かなり飛ばし気味に読んでいるので、レポート書くときにもう一回読まないといけませんが。

入江 昭 『新・日本の外交 地球化時代の日本の選択』 
中公新書 1991年

添谷 芳秀 『日本の「ミドルパワー」外交-戦後日本の選択と構想』
ちくま新書 2005年

今回のレポートでは1960年代の日本外交について考察するわけですが、戦後日本外交には構造的な歪みがあってわかりにくい部分があります。まだちょっと頭の整理がついていないような感じですね。

明日からはもう一冊読みはじめます。本当は概説書を先に読むべきなんですけど、順序が逆になってしまいました。

五百旗頭 真(編) 『戦後日本外交史』 有斐閣アルマ 1999年

他にも読まなきゃならない本が何冊かあるんですが、それは大学図書館で探した方がいいかもしれないなぁ。

この前東京へ行った時、久しぶりに早稲田の古書街を歩きました。そこで日清戦争当時の外務大臣だった陸奥宗光が著した『蹇蹇録』(けんけんろく)の文庫本を入手しました。先週書いた外交史Ⅰのレポートの補足として使いたいと思います。

今回買った岩波の文庫本は発行が1983年なんですけど、見た感じがいかにも「古本」って感じなんですよね。全体的に赤茶けてて、ものすごく古そうに見えるんです。1983年といえば26年前。考えてみれば、四分の一世紀越えてるんですよねえ・・・。

実際古本なんだろうけど、ちょっとショックでした (ノ∀`)

|

« 【アニメ・政治】TAF2009 | トップページ | 【アニメ】黒執事 (死の島) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

慶應義塾」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【大学】日本外交史Ⅱ:

« 【アニメ・政治】TAF2009 | トップページ | 【アニメ】黒執事 (死の島) »