« 【声優さん】MAMIKO NOTO CHARACTER SONG COLLECTION | トップページ | Happy Birthday 2009 (三瓶由布子さん) »

2009-02-27

Happy Birthday 2009 (田村ゆかりさん)

今日は声優・田村ゆかりさんのお誕生日です。

おめでとうございま~す \(^O^)/

17歳・・・なわけないw

おいくつになられたかは・・・まぁ、いいや(笑)

2.5次元世界の人たちに年齢なんか関係ないんデス!! ヽ(゚∀。)ノ

ゆかりさん、最初はちょっと苦手な声優さんだったんですね。堀江由衣さんもそうだったんだけど。(堀江さんの場合は声そのものよりも、もっと他に苦手な事情があったんだけどねw) それが、DVDで歌ってる姿を見てからはわりと好きになりました。この人も、声優さんとしてはかなり歌がお上手な方です。それに,ちょっと表現しにくいんだけど、「この人は結構根性座ってるんじゃないか」と思って、ちょっと見直したっていうことがあったんです。

田村ゆかりさんの声を初めて聞いたのは、いつだったかはっきりわかりません。データベースをざっと見てみたら、おいらがよく見ていた作品にもゲストキャラクターとしてよく登場していたし、知らないうちに声は聞いていたはずです。

初めてゆかりさんの声とキャラクターが一致した作品は『極上生徒会』蘭堂りの だったと思います。まぁ、わりとかわいらしい声だと思いました。それから次の年にテレビ東京で放送された『おとぎ銃士 赤ずきん』赤ずきん。おいら、田村ゆかりさんっていうと、まず思い出すのがこの作品なんです。かなり強く印象に残ってるんですよね。

最近視聴した田村ゆかりさんの登場作品:

『CLANNAD 〜AFTER STORY〜』 春原芽衣


主人公・岡崎朋也の友人の妹。かわいらしい中学生の役でした。もはや犯罪レベル(笑) 岡崎朋也が芽衣に自分のことを「お兄ちゃん」と呼ばせるシーンがあって、見ているこっちまで恥かしくなるというw その場面を同級生の女の子たちに目撃された岡崎朋也は、哀れ「変態」扱いされてしまうのでしたw (ノ∀`)

『黒執事』 エリザベス・ミッドフォード

主人公、シエル・ファントムハイヴの許婚の女の子の役。なんというか、田村さんってロリロリした役が多いんですよね(笑) この作品は何回か見損ねてる回があるんだけど、エリザベスは人形にされたままなんだっけか?

『もえたん』 虹原いんく(パステルいんく
最近までBSデジタルで再放送してました。
見かけが小学生の高校3年生の役w (ノ∀`)
変身するシーンでいちいち服が脱げるんだよね。
これは放送しちゃダメだろ~ 
犯罪だろー!!w

おいらのハルカちゃん黒威すみ 役で登場してから見てたんだけど、残念ながら地上波では絶対に放送できないような作品でした(笑)

『宇宙をかける少女』 獅子堂風音

珍しく大人っぽい役(笑)
獅子堂財閥の長女。この作品はよくわからない部分も多いんだけど、やっと先週くらいでなんとなくわかりかけてきた。
・・・うん(笑)

『明日のよいち!』
 斑鳩ちはや

このキャラクターもいつもの「ロリロリ」キャラとは違った感じで面白いです。腐女子系? メガネを取ったら美少女でした(お約束)っていう感じなんだろうな~。
このキャラがメインの回はストーリー的にもなかなかよかったです。ただの美少女アニメとはちょっと違うみたい。

『黒神 The Animation』 エクセル
大人なのか子供なのかよくわからないキャラクターで、これもまた、いつもゆかりさんが演じている役とはちょっと違う感じです。最初に声を聞いた時はまったく気がつきませんでした。

ゆかりさんの声はパステルいんくみたいなキャラクターだとすぐわかるんですけど、エクセルみたいな役だとまったくわかりませんね。おいらの修行が足りないだけなんだと思うけど(笑) いや、そこはやっぱり、田村ゆかりさんがプロの声優さんだからなんでしょうね。

|

« 【声優さん】MAMIKO NOTO CHARACTER SONG COLLECTION | トップページ | Happy Birthday 2009 (三瓶由布子さん) »

Happy Birthday」カテゴリの記事

声優さん(個別)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1004909/28395021

この記事へのトラックバック一覧です: Happy Birthday 2009 (田村ゆかりさん):

« 【声優さん】MAMIKO NOTO CHARACTER SONG COLLECTION | トップページ | Happy Birthday 2009 (三瓶由布子さん) »